« 入れ込む(笑) | トップページ | 冬が来た♪ »

2014年12月 2日 (火)

熱々をハフハフ(笑)

おでん大全  旭屋出版

 冬はおでん、これが日本のジャスティスっ!の一言で十分のよな(笑)それにしても日本全国おでん地域色強い食べ物だったとは知らなんだ…いえ、関東風と関西風の二択で生きておりました…そーいえば、一昔前に静岡おでんがプチブームになっていたよな?だし、味噌煮込みおでんは言われなくても名古屋、愛知と分かるし、ネタ的に言えば豚足入りなら沖縄だって分かるわぁの世界か(笑)

 まぁ北海道のおでんには貝類(ホッキ、ホタテ、ツブ)が丸ごと入っているはあると思いますだし、関東のちくわぶはよく話題になるしなぁ…静岡の黒はんぺんとか、京都だと生湯葉に水菜で、大坂だと牛すじとクジラ、タコも勿論ありまする、鳥取のアゴの竹輪も有名だし、具材的に面白いと思ったのは、九州の餃子巻…餃子のさつま揚げみたいなノリみたいなんだが、初めてみますた…

 アリス的におでん、あると思いますの世界か?何かアリスだとコンビニおでんな気がしないでもないが、年齢的におでん屋さんで一杯の世界もあると思いますか?昔は結構洋物系の食事シーン多かった気がするんだけど、最近は何となく和食系増えてないか?と?その内アリス、鍋シリーズでも出してくれまいか?おでんの謎、おでん殺人事件…あると思います(笑)

 そーいえば大阪もおでんには練りからしなんだろか?ちなみに静岡おでんは粉節に青海苔、北海道は味噌だれ、東北は柚子味噌、生姜味噌だそで、高松だと味噌と辛子と酢と砂糖の合わせたれだそで、おでんの煮込みの出汁だけでなく、タレでもお国がばれるのか(笑)ちなみに本書、各地のおでん屋さんも紹介されているんですが、大阪だとたこ梅(北、亀田町)と花くじら(福、福島)が掲載されています。更にたこ梅は弘化元年(1844)創業というからおでん業界的には老舗中の老舗なのか?これはアリス行っているとみたが?どだろ?

 その他、おでん屋さんも日々これ進化形という事で変わりダネを日夜用意していらっさる模様…例えば、白玉だんご(でん吉)とか、既にトマト辺りで驚いていてはいけない世界か?取りあえず、准教授の為にズワイ蟹(六根)に行くべきか(笑)蟹のさつまあげが待っているってか(笑)

 さて、本書豆知識も満載で、関西ではかまぼこもおでんのネタになるとか、魚を一日に二回食べると、全く食べない人より死亡率が低いとか、はんぺんと浮きはんぺんは違うとか…今まではんぺんと言えば浮きはんぺんだと思ってますた…で極め付けは世界の飲食店事情…「繁盛しているほとんどの店は接客サービスのレベルが高い。しかも、これらのオーナーのほとんどが女性であることも特徴です」って、お、も、て、な、しってか(笑)それにしても女嫌いの准教授、海外出張の時は禁煙だけでなくこちらもハードルがあったか(笑)

 その他にもおでんについて色々ありますよってに詳細は本書をドゾ。

 掲載されているお店は、お多幸(東京・日本橋)、丸健水産(東京・赤羽)、六根(東京・銀座)、おでんやden(東京・四谷)、お多幸(東京・銀座)、平澤かまぼこ(東京・王子)、だいこんや(東京・三軒茶屋)、こなから(東京・湯島)、野毛おでん(神奈川・伊勢佐木町)、たこ梅(大阪・梅田)、花くじら(大阪・福島)、三河屋(静岡・静岡)、とん八(愛知・名古屋)、菊一(石川・金沢)、おでん一平(北海道・札幌)、おでん三吉(宮城・仙台)、酸ヶ湯温泉(青森・青森)、さぬき麺業(香川・高松)、飛鳥(福岡・天神)、博多祇園鉄なべ(福岡・博多)

 目次参照  目次 食物

|

« 入れ込む(笑) | トップページ | 冬が来た♪ »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

食物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 熱々をハフハフ(笑):

« 入れ込む(笑) | トップページ | 冬が来た♪ »