« 失われたアミノ酸を求めて(笑) | トップページ | 失念と居眠りの果てにあるもの(笑) »

2014年12月30日 (火)

これこそまさに伝統文化。

家庭画報のお正月 しきたりと料理  世界文化社

 何となくクリスマスも過ぎて年末も押し詰まってくると、お正月準備に追われるよーになるよーな?大掃除とか、お正月飾りとか、おせちとかetc.いずこの家も皆それぞれに伝統ありましてのノリで、簡略化が叫ばれて久しい21世紀の日本でも、何のかのと新年となればその人なりのお正月観があるからなぁ(笑)寝正月だと言っても、その"寝"正月とつけてるとこに既にハレ感ありってか(笑)

 私的には毎年年末でうおぉぉぉぉぉーっと焦るのは、お正月飾りなんですよ(笑)家辺りだともー単純に置いてけぇーのノリですが、それでも玄関に、台所に、居間に、鬼門に、トイレに、お風呂にとこんな訳分からんお飾り一つで何になるんだろーか?と毎年思いつつも、何となくやらないと気分が落ち着かないよーな?小心者なので…一番小さいの置いて回っているんですが(笑)これがまた新年あけると七草の風にあてるな、今日何日じゃあと、12月から1月は毎日、日にちの確認で過ぎていくよーな気がする(笑)七草粥とか、鏡開きとか、小豆粥とか(笑)あっ食べ物ばかりだ…

 まぁそれはともかく、家みたいないい加減な家ではなく真っ当な日本のお家はどのよーにお正月準備をしてお正月を過ごしているのか?ちょっと気になってみたんですよ、奥さん(誰?)で、本書を手に取ったと…何か長い前書きだ(笑)

 で、拝見したらよそさんのお家は凄い、これ毎年繰り返しているのかと思うと頭下がります。それと、やはりお正月のそれらってふつくしいでしょか?いや、もー写真が奇麗でございます。それだけで何かうっとりの本書かな(笑)

 アリス的にお正月、実家はどーしているんだろぉ?と思いつつ?大阪のお正月はともかく、京都のお正月は何となく、ものすごい、ものがありそーな気がするんだが?どーなんだろぉ?婆ちゃんってか?北白川のお正月、想像がつかない気がするのは気のせい?

 それにしてもお正月飾りとは「神さまをお迎えする形の表れであり、神さまを迎える依代として、古来より常緑樹が用いられてきました」とな…榊、橙、松、竹、うーむ…「冬にも葉の色を変えない常盤木の緑は、人々に生気を与えるものとして尊ばれ、神さまが降臨する神聖なものと考えられてきました」とな…そーだったのかぁ?

 で、蓬莱飾り、掛け蓬莱が出てくるんだけど、いや初めて見ますた…もしかしてどっかで見ているかもしれないけど自宅ではないよなぁ…「長寿を祈り、日蔭の蔓が長ければ長いほど上品」って、気分はオナガドリの尻尾なんですが?いや軽く柱の長さはある訳で、こりゃ凄い…ちなみに大阪の掛け蓬莱と京都の掛け蓬莱が掲載されているんですが、何よりおろろいたのはその値段…済みません庶民なもので…大阪の方がインパクトあるんですが、それでも1万8900円…ところがこれよりシンプルに見える京都のは4万1000円…正月飾り一つにこの値段って、これ普通の相場なんですか?セレブってパネェ…

 でで、次に控えしは床の間飾りで、京都の場合、稲穂飾り、若松飾り、大阪の墨飾りが掲載されているんですが、大阪の墨飾りかわいいかもと思いつつ、やはり京都、特に若松飾りは、うん、それなりにアレなんですよ(笑)

 更に、餅花、繭玉がある訳で、京都は餅花柳とかありまして、また神酒口とゆーのもあるそーな…これも初めて見たよーな?こちらは松本と吉野のが掲載されていますが「神棚の神酒徳利にさしたのが、神酒口の始まりだとされています」とな…いや、最近神棚ある家の方が珍しいから見なくなったって、そーなのか?伝統パネェ…でもって、切り紙、垂れ紙もありますよって、どゆの?というと、あの鏡餅の下にヒラヒラとついている紙とか、御幣のあのヒラヒラとしてる感じで分かってもらえるだろか?他にも水引細工やら、折形とか、あるとこにはあるもんだと納得…日本の国の人だものの世界か?

 この他にも、よくある門松とか鏡餅とかある訳で、これマジで初めてたらいったいどーなるだぁー?の世界か?所謂旧家って未だにこれを連綿と続けているかもで、それはそれである意味無形文化遺産か?

 本書別に正月飾りだけの本でもなく、その他色々掲載されています。えと料理系ではおせちとか、お雑煮とかありまするで、ちなみにおせちとは「昔から季節の変わり目である「節」には、神への食物を供え、感謝してきました。この食物を御節供と呼び、お節はその略です」って、そーだったのかぁ?ついでにおせちの三つ肴って、関東は黒豆、数の子、五万米(田作り)だけど、関西は黒豆、数の子、たたき牛蒡となるとな、そーだったのか?アリス?もしかしてこれもカレーの豚肉並にアリスにとってはインパクトある話になりそーなおかんってか(笑)

 まぁ地域的違いが一番顕著なのはお雑煮だろーしなぁ…こちらでは京都の場合、餅は煮た丸餅、だしは昆布と鰹、白味噌仕立て、具は頭芋、子芋、大根、添えの鰹節となるそで、「三日目は水菜のすまし汁雑煮になります」とな…大阪の方は、餅は煮た丸餅、だしは昆布と鰹だしの白味噌仕立て、具は合鴨の葛たたき、車海老、椎茸、里芋、湯がいた菜の花で、「二日目がすまし仕立て、三日目からスープなどの変わり雑煮になります」って、さすが大阪というべきか(笑)

 おせち的にも色々それこそ色々、時代のニーズも変わってきたしもあると、これまた詳細は本書をドゾですが、准教授的には伊勢海老の舟盛りじゃまいか?マレーの五色エビ繋がりで(笑)

 他にも色々色々本当に色々出てきますので、詳細は本書をドゾ。日本のお正月なめたらあかんぜよの世界どすねん(笑)

 目次参照  目次 文化・芸術

|

« 失われたアミノ酸を求めて(笑) | トップページ | 失念と居眠りの果てにあるもの(笑) »

文化・芸術」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: これこそまさに伝統文化。:

« 失われたアミノ酸を求めて(笑) | トップページ | 失念と居眠りの果てにあるもの(笑) »