« 全世界がワルツ(笑) | トップページ | 月が出た出たっ月が出たぁーっ(笑) »

2015年1月 4日 (日)

エースを狙え(笑)

春宵十話  岡潔  光文社

 あけましておめでたいという事で、春はあけぼの、もとい春の宵にエッセイなど如何?で、こちらを拝読。一つ一つは短いのですが、そこはやはり岡先生ですので、単刀直入一刀両断スカっと爽やかなお話がズラリ(笑)

 お題は先生的に日常という事になるのだろぉか?でもこれ大きくもとれ、小さくもとれでいったいどこまでなんだぁー?というのは読み手の器にかかるんじゃまいか?で(笑)本当は怖いリアルじゃけん?かもしれないってか?

 日本人的に気質となると「数学というものには恐れを知らなすぎるくせに、外国文化を怖れすぎる」人達という事になるんでしょか? ついでに言うと「数学と物理は似ていると思っている人があるが、とんでもない話だ。職業にたとえれば、数学に最も近いのは百姓だといえる」だーですよ、奥さん(誰?)無から有への飛躍か?また「計算や論理は数学の本体ではないのである」って、そーだったのか?

 尤も、「日本人はある方面に他人のまねのできない能力を持っている人が多いが、正当には評価されないので困るようですね」(@吉川英治)もあるとな(笑)世の中、齟齬も誤解も多いからなぁ(笑)更に説明しても理解してくれる人は、皆まで言うなの世界か(笑)

 また、人とは何か?でも「人間の思いやりの感情にあると思う」というのも、この競争社会、弱肉強食、勝てば官軍が是の世の中で、これまた言うは易し行うは難しな話もない訳で(笑)尤も、「このくにで善行といえば少しも打算を伴わない行為のことである」とな…ちなみに「孔子の教えでは、善行といえば時のよろしきにかなうといった意味になるのではないか」だそーですよ、おぞーさん(誰?)

 そして「人を見分けることのできる人はまことに少ない」とな(笑)「それは智力の垢が取れないからで、内側の垢まで取れてしまうと、すぐれた人を一目みただけでこれは人物だと見抜くことができる」とな…智力おそろしス(笑)

 アリス的に岡潔…数学だからなぁ(笑)まぁ京大卒ですので、その雰囲気は最初から最後までダダ漏れなんでしょか?後は文学的なエピのとこかなぁ?「漱石は文学について、くず湯を作っているときのように、初めはかき回しやすいが、しまいには固まって動かしにくくなる、そしてその辺から文学が始まるといっている」とか、漱石絡みでは「自分の小説は少なくとも諸君の家庭に悪趣味を持ちこむことだけはしない」と言ったとか、「いまの文学者のだれがこれだけのことをいい切れるだろうか」ってそれ言っちゃうんですか?岡先生(笑)ちなみに「いまの小説はもっと刺激の強いものをたくさん入れている。これは微妙なニュアンスなどというものがわからなくなってきたためだろう」って、そーだったのか?アリス?

 後、男性に女性を表現できるのか?で「本当に生きた女性が描けるためには女性の情緒の波がわからねばならないのだが、それが男性である作者には本当にわかっていないということに帰せられると思う」とな、「男性が自分の情緒の波を消さないで女性の情緒の波を感じると、表面にあらわれてくるのは女性の情緒の波が男性のそれに与えた影響というものだけになってしまう。男性に女性の描けないゆえんである」って、これまたそーだったのか?アリス(笑)

 また本についても「本を出すといったことはかなり流行しているが、それらはかなり前から観念の遊戯になっているのではないかと思えるふしがある」と本を書いている人が言っちゃっていいんですか(笑)尤も、日本語については「物を詳細に述べようとすると不便だが、簡潔にいい切ろうとすると、世界でこれほどいいことばはない」となるそーな(笑)

 准教授的なとこでは教育もあると思いますで、著者としてはやはり教育者という側面もあるので人について、「渋柿の芽は甘柿の芽よりずっと早く成育するから、成熟が早くなるということに対してもっと警戒せねばならない。すべて成熟は早すぎるよりも遅すぎる方がよい。これが教育というものの根本原則だと思う」というのは、何かと効率化、促成栽培が一番の理となっている今、これを言えるだけでも凄い事だよなぁと思いました。じっくり育てる、今それが出来る親や教育者がどれだけいるか?

 ちなみに教師としての資質にまず問われる事が「動物性を持った者を教育者にしないことである」とな「闘争性、残忍性、少しでもそんなものがあってはいけない」とな…うーん(笑)

 更に「二十歳前後の若い人に、衝動を抑止する働きが欠けていることである」と、学生側にも一言物申すで、これも今となると二十歳どころか児童からしてヤバしの世界だし…落着きという単語も死語になりつつある今日この頃ってか(笑)

 また学びに行く時も、著者的には仏へ留学の時の文部省とのものいいですが(笑)著者としてはソルボンヌのガストン・ジュリア先生のとこに勉強しに行くと目的意識がはっきりしているのに対して文部省は独に行けと言うと…誰の話を聴きに行くか?誰を師とするか?学問とはこれ人なりですか(笑)著者いわく「どの人がしゃべったかが大切なのであって、何をしゃべったかはそれほど大切ではない」って、よーは人を見ろの世界らしーが、そこまで言い切っていいんですか?先生(笑)

 ちなみにこれまた人づくりについても一言物申すで「人の子を育てるのは大自然なのであって、人はその手助けをするにすぎない。「人づくり」などというのは思い上がりもはなはだしいと思う」と謙虚に言える教師、教育関係者って、そーはいないと思うのは気のせい?

 極めつけは「いまの教育制度は進駐軍が師範学校を二段とびに大学にするなど、だいぶん無理をして作ったもので、よくない種子をまいたのは進駐軍だが、しかしそれをはぐくみ育てたのは日本人である」って…先生そんなにはっきり言っていいんですか?で続けて「それでも原則から悪くしたのに害がこの程度ですんでいるのは、日本人が情操中心でこれまてやって来た民族だからで、欧米のように意志中心の国なら、すみずみまて原則に支配されるからもっとひどいことになっていたに違いない」って、欧米か(死語?)、もとい、先生こんなドきっぱり言い切っていいんですかぁ(笑)

 面白いと言っていいのか小さき事ではグループ活動の反対ですか?そんな事しても「ボスができるばかりである」とな、かくて「ボスができてからなら道義の入れようもない。言語道断なことをするなといいたい」で、成程みんな仲良くという建前は結局のとこ格差・ヒエラルキーになっちゃうって…上から目線乙な人多しなんですね、世の中は(笑)

 も一つ准教授的なとこでは大学の研究室とは「世間を持ちこむな」なところらしー(笑)いやまぁ准教授の研究室はその究極の葛藤の場ですかねぇ?社学的なソレと准教授的なソレと(笑)

 まぁ本書、学問のすゝめ的な要素もあると思いますなので、「知性に、他のものの制約を受けないで完全に自由であるという自主性を与えたのはギリシャだけだった。インドでもシナでも知性の自主性はない。これらの国で科学が興隆しなかった理由がそこにある」って(笑)更に「数学史をみても、万人の批判に耐える形式を備えたものはギリシャに由来するものだけで、したがってギリシャ以前は数学史以前と呼ばれるいる」って、そーだったのかぁ?更に「知性は理性と同一ではなく、理想を含んだものだと思うが、はっきりと理想に気づいたのもギリシャ文化が初めてだった。これを代表しているのがプラトンの哲学である」って、これまたそーだったのか?なるほろ知も理もギリシャに通ずの世界か?

 「理性と理想の差違は、理想の中では住めるが、理性の中では住めないということにある。孔子の「論語」に、最初は学をつとめ、次に学を好み、最後に学を楽しむという気幼稚の進み方を述べたことばがあるが、この「楽しむ」というのが学問の中心に住むことにほかならない」ちなみに孔子自身は「自分を学を好むが楽しむところまではいっていない」と告白している模様…成程、学問の道もまた厳しなんでしょか?

 ちなみに現代は「ギリシャ時代の真善美が忘れられてローマ時代にはいっていったあのころと同じことです」となる模様…「軍事、政治、技術がローマでは幅をきかしていた」とな…「ローマ史を研究するつもりなら現代をながめているだけで十分だと思うんですよ」って…物量で行こうの世界だという事なんでしょかねぇ?それがリアルだと、腹が減ってはの世界観ってか?むしろ勝ち負けの世界か?

 面白エピ的には「一番よくしゃべったのは池田さんだが、内容はとりとめのないことばかりだった。政治をやっている人の話は概してそうである」って(笑)首相に対してその感想…正直者乙ってか(笑)

 最後に一番本書的だなぁと思わされたとこは「よく人から数学をやって何になるのかと聞かれるが、私は春の野に咲くスミレはただスミレらしく咲いているだけでいいと思っている」でしょか。それにしても、そんな事やって何になるんですか?って最近の問いかと思っていたけど、昔からそゆ人はいらっさったって事なんですねぇ(笑)

 他にもたくさんエピ満載、岡節炸裂していて向かうところ敵なしな全方位エッセイでしょーか(笑)まぁ何にせよ、著者によると「数学は生命の燃焼によって作るのです」だそーなので、燃え上がれ俺のコスモ(?)ってか(笑)とにかく騙されたと思って本書をドゾ、ドゾ、ドゾ~

 目次参照  目次 未分類

|

« 全世界がワルツ(笑) | トップページ | 月が出た出たっ月が出たぁーっ(笑) »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

未分類」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: エースを狙え(笑):

« 全世界がワルツ(笑) | トップページ | 月が出た出たっ月が出たぁーっ(笑) »