« それはやっぱりパリだから(笑) | トップページ | ていくおふ? »

2015年1月18日 (日)

世界の果てまで?

どんな国?どうやって旅する?世界秘境地図  インターナショナル・ワークス編著  幻冬舎

 表紙コピーに、地球の果てを体感する、魅惑の57スポットとあるのですが、いや世界って広いや(笑)知らないとこがいぱーいなのはともかく、シベリアもアラスカもアマゾンも北極も入っていないんですよ…という事はあそこらへんは秘境ではないんだな(笑)何を持って秘境とするのか?の判断もむつかしーとこだとは思いますが、それでも世界にはこんなに行くの大変なとこがあると、でそんなとこに何故か何かあると(笑)

 とゆー訳で本書のテーマというか、コンセプトだけでやられた感がしないでもないのですが、ついでに言うと本書、B5サイズ位で見開き二ページ位で一ヵ所みたいな構成ですが、図も多くて大変わかりやすいのは有り難いんですけど、何が惜しいってカラー写真が最初の1/4位しかないところ…やはり秘境インパクト的にはカラーでババンとな、と思うじゃないですか(笑)

 その写真的インパクトで一番恩恵うけているのがノールカップの太陽の写真だろーなぁ…これカラーだからこそ、この太陽の色凄いわぁとなる訳で、白黒だったら夕陽だろか?で終わりそー(笑)地理的には欧州の最北端的位置付けとなる模様…そこで白夜を体験すると、凄い景色というか太陽に会えるらすぃ…沈まない太陽って、夕陽も朝陽も区別はどこよ?的なソレがあるのか?北極圏パネェ…

 アリス的には、モロッコ水晶からアイト・ベン・ハッドゥでしょか?どゆとこというとカスバでんな、でして、モロッコにはカスバ街道なるのがあったとは知らなんだ…何とこの辺り映画のロケ地として結構使われているご様子…いや何かもーそーだったのかぁーっ?としか言えねぇ(笑)後はスウェーデン館でラップランドかなぁ?こちらノルウェーもフィンランドもロシアも入るらすぃが、ある種モンゴルと似たよーな感じなんだろか?モンゴルだけでなく、内モンゴルとか各国にまたがっている感じは?

 他にというと海奈良のペンギンからサウス・ジョージア島とか、ガラパゴス諸島とか、これまた海奈良の人魚でクリスタルリバーとかになるのかなぁ?後、温泉好きのアリスならばデセプション島で温泉あると思いますか(笑)月絡みで月の島があるチチカカ湖とか(笑)

 とにかく、どこもかしも一家言あるとこばかりなりですので、詳細は本書をドゾとしか言いよーがないよーな(笑)これ全部行った事ある人がいたら尊敬するわー(笑)もしかしてイモト的にはあるのだろーか(笑)

 面白豆知識的にはかのエンジェル・フォールのある山がアウヤン・テプイ(悪魔の山)って、出き過ぎなネーミングだと思うんだけど(笑)スバーバル諸島には日本の観測基地もあるとか…それこそどこの地域も解説パネェでござるの巻なんで、本当本書をドゾ。嘘のよーな本当の話って本当にあるんだなぁ、これが(笑)

 最後に本書で一番インパクトがあったとこを一つ、それは「知っておきたい世界の裏側」で、コピーが「ここが危険地帯だ!!」と見開き二ページのコラムがあるのですが、これが凄い…犯社の准教授なら何を今更な話じゃまいか?だろーけど、世界にはこんなに紛争地というか、混乱地があったのか?で、きっとこれ今現在もっと増えてるの世界だろーし…中南米とか、アジアのそれはニュースでも時々出てくるよーな気がするが、ナゴルノカラバフとか、ギニアビサウとか、本書で初めて地名聞いたよーな気がする…でもって、世界にはこれ以外にも疫病系でアレなのもありで…うーん…

 まっ興味のある方は本書をドゾ。ある種世界観が変わるかも?

 掲載されている秘境各地は、
アフリカ・セレンゲティ国立公園(タンザニア)、サヘル(ニジェール)、バンディアガラ(マリ)、アイト・ベン・ハッドゥ(モロッコ)、大ジンバブエ(ジンバブエ)、ンゴロンゴロ自然保護区(タンザニア)、マダガスカル島(マダガスカル)、セント・ヘレナ島(英領)、ビクトリア・フォールズ(ジンバブエ、ザンビア)、
アジア・珍島(韓)、アラハバード(印)、ラプラン寺(中)、スリン(タイ)、ゴロカ、マウント・ハーゲン(パプア・ニューギニア)、銭塘江(中)、タナ・トラジャ(インドネシア)、セピック川流域(パプア・ニューギニア)、ブータン、金剛山(北朝鮮)、ネムルト・ダー(土)、カイラス山(チベット)、ミーソン(ベトナム)、コールデンロック(ミャンマー)、エチミアジン(アルメニア)、麗江(中)、コックス・バザール(バングラデシュ)、フンザ(パキスタン)、ムアンシン(ラオス)、陽朔(中)、ハンピ(印)
欧州・ノールカップ(諾)、ラップランド(諾、瑞、芬、露)、シングベトリル(アイスランド)、スピッツベルゲン島(諾)、スケリッグ・マイケル(愛)、マサダ(イスラエル)、アトス山(希)、グリーンランド(丁領)、サントリーニ島(希)、
オセアニア・クリスマス島(豪領)、ヤップ島(ミクロネシア連邦)、カカドゥ国立公園(豪)、タヘウニ島(フィジー)、ナンマドール(ミクロネシア連邦)、ファッツ・ヒパ島(仏領ポリネシア)、ノーフォーク島(豪)、
アメリカ・チチカカ湖(ペルー)、サウス・ジョージア島(英領)、カマイマ国立公園(ベネゼエラ)、クリスタル・リバー(米)、ウユニ塩湖(ボリビア)、マヌー国立公園(ペルー)、ガラパゴス島(エクアドル)、マチュピチュ(ペルー)、
南極・デセプション島

 目次参照  目次 国外

|

« それはやっぱりパリだから(笑) | トップページ | ていくおふ? »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

国外」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 世界の果てまで?:

« それはやっぱりパリだから(笑) | トップページ | ていくおふ? »