« よこはまのかほり? | トップページ | 完璧な人間はいない… »

2015年3月21日 (土)

そーなんですね、すごーい、教えて下さい(はぁと/笑)

悪女の恋愛メソッド  藤田尚弓  大和出版

 どゆ本というと、所謂一つの恋愛ハウツー本だろか?ただ、真綿でくるんだノリではなくて、結構スパイシーなとこが本書の特徴かなぁ?よーするに、どーしたらモテるか?それに尽きるよーな?その為には、ここを突けとゆー、まぁそれができるか?できないか?が勝負の分かれ目かもなぁ?

 前書きには「容姿と若さを原資とした小悪魔ちゃん達のテクニックが「男のサガ」に訴えかけるアプローチ」とすると、「悪女テクは人間心理を利用した「人のサガ」に訴えるアプローチといったところ」とゆー事になるらすぃ…何事もまず武器を手に入れよで、それを磨けなんですよね(笑)でもって、本書で言う悪女とは何か?は「人間心理を利用して意図的に相手を動かしてしまう女性」の事なんだとか…対象が個人で二人だけの関係ならともかく、これ大きく使えたら、天下取りの世界なんだろか?と、ふと思ふ(笑)

 レッスン1は、まずは奇麗になりなさいですかねぇ(笑)これは元が問題じゃね?ですけど、奇麗な人はより美しく、そうじゃない人はそれなりにのそれなりが大事という事になるらすぃ…ちなみに美人とブスの間には生涯で2億円の差が出てしまうものとな(笑)どゆ事かとゆーと、「容姿がいいと優秀に見える」「人から手を貸してもらいやすい」「好感を持たれやすい」「知的に見える」「裁判で刑が軽くなる(!)」というお得ちゃんがついてくるとゆー事なんだとか(笑)

 何しろ、交際相手に最初のポイントは何か?と言えば「「外見」と回答した男性は67%」というとこからして、お察し下さいじゃね(笑)で、ここでやっぱ美人じゃなくちゃスタートラインにも立てないんだと嘆く貴女に一言「銀座のクラブでは「美人は、ナンバーワンになれない」というジンクスがあるわよ」だな…

 よーはそこそこ美人に入り込み、後は心理テクでわし掴みというのが、本書の立ち位置らすぃ…ありのままの私とか一頃流行ったけど「「ありのままの私を受け入れて」なんていう女はムシがいいのよ。ありのままのお前がなんぼのもんじゃっていうのよ。なんの努力もしないで、ずうずうしい。例えば畑の大根だって、引き抜いて、泥を落として、皮をむいて、千切りにするなりして、お皿に盛って、「はい、召し上がれ」って、それで美味しく受け入れられるんでしょう。泥だらけの大根を突き出して「さあ、食え」って、失礼だと思わない?」(@三輪明宏)と言う事だそな…手入れは必要最低限という事でしょか(笑)

 アリス的に美人はあちこちに出てくるが、ヴェロニカさんとかは元から奇麗系だろーしなぁ…多分、泥付きのままでもふつくしいの世界だろーし…となると、悪女系となれば、海奈良か、妃はの系列か?ただ、この系列は異性にはものごっつモテるけど、同性にはどーなのだろぉ?とは思う…まっ本人にしてみれば負け犬に何を言われようとそんなの関係ねぇー(死語?)なんだろーけど(笑)

 さて、本書はとにかくそれなりの美人を目指すで、欠点をチャームポイントにするというより、これすり替えじゃね?な案も出ています(笑)例えば、おとなしい・臆病は「奥ゆかしい、謙虚」に、やかましい・落着きがないが「元気、アクティブ」で、庶民的で特別な雰囲気がないが「親しみやすい」って…成程、ものは言いよーだよなぁ(笑)

 で、これは男性側にも応用可なのか?とにかくストライクゾーンを広げよか?いい男がいない?ではなくて、例えば「洗練されていない男」は「豪快な人」に、「ケチな男」は「節約もできる人」、「会話ができない男」は「寡黙な人」と捉えれば、いい男はともかく、ハナから眼中にないにはならないよなで選択肢が増えると…とかく、女性の話に合わせてくれる殿方ってロクなのがいないよとゆー事らすぃ(浮気性か、ホスト傾向高しとゆーリスクもあると…)

 さて、モテテクですけど、見せ方は勿論の事、雰囲気とギャップ萌えかなぁ…詳細は本書をドゾですが、歴代の男を手玉にとってきた女性のテクニックを見ると、生まれながらの悪女系もいるだろーけど、日々これ精進もあると思いますなのか(笑)とにかく、男がおぼれた女性陣を見ると決して絶世の美女という訳でない人の方が多いとなれば、後は努力の積み重ねという事になるらすぃ(笑)

 何とゆーか、いかに上手くよいしょするか?かなぁ?「一度座れば5万円というのが銀座のクラブの相場。それなのに男性が高いお金を払って、ホステスと酒を飲む理由は「いい気分になれるから」」とゆーブロ中のブロの世界がコレですから(笑)殿方はイエスマンとたいこもちがお好きの世界なんですかねぇ…それが美女となれば(笑)

 「脳の中には「食べ物、お金、ドラッグなど快感に関連する場所」があるんだけど、自分についての話をする時にも、そこと同じ場所が活発になるんだって。つまり、私達って自分の話をしている時に、食事やお金で得られるような快感を得ているらしいのよね」って…ちなみにこの研究は「米ハーバード大学のセンセーたち」となる模様…そーだったのか?で、そゆ商売が成り立つ訳か(笑)ある意味、アリスの耳屋の件もそんなとこ、なんだろか(笑)まっ蘭ちゃんや菩提樹荘もそゆ事になるんだろーけど(笑)ある意味、心療科が増えているのもそんなとこが絡んでいるのだろか?

 米の調査はどこまでもいくで「真剣交際をしていると答えた男性のうちのほぼ半数が、交際中に浮気の経験があると回答している」そな…詳細はこれまた本書をドゾですけど、女性側としては貴女ならどーするぅ?で「別れたいのか」「今後も続けていきたいのか」のこの二択の決断しかない模様(笑)ただ「浮気を繰り返す男の中には、自分さえ楽しければ、大事な人を傷つけても、浮気相手の本気をもてあそぶようなことをしてもかまわないといった考えの人もいる」そで、そゆのだったら「さっさと切り捨てるのが正解」とゆー事になるそな…

 今時で一番のアドバイスは、メールのとこかなぁ?メールのレス…「どんなに忙しかろうと、気になる女性からメールがきたらレスしちゃうのが男だから」だそーで、即レスか?否か?もしくはレスが来ないは、判断基準として厳然とある模様(笑)ちなみにこちらからのメールは「文章は短くサラっと」「絵文字は使わない」「相手からメールが来てもスグには返信しない」がお約束だそな…じらしプレイも恋の駆け引きってか(笑)

 とにかく、おべんきょになるなぁな話が満載かなぁ?どー見てもタカリのテクニックにしか見えないが、これも殿方が「頼りがいのある男」と見られたい下心を気持ちよくよいしょするワザなんですよねぇ…何か、どっかのくnゴホンゴホン

 おじさますてきーの世界ですね、分かりますの同根じゃね?で、「男は女に否定されることが嫌い」ってのもありまっせで(笑)間違っていよーが、何だろーが、俺が正しいんじゃボケで、俺を崇めろの世界か(笑)成程、道理で正義とは何かなんてドヤ顔して言える訳だ(笑)

 教訓的になるほろな話としては「間違っても、恋愛初期に男性が頑張っちゃった状態を「普通」だと思わないでほしい」のとこだろか?そゆ状況が相手といる事でずっと続くと誤解すると、釣った魚には餌をやらない日常モードになった時に、愛は冷めるというか氷河期に突入、裏切られたモード炸裂ってか(笑)

 も一つ現実はこあいでは「誤解を恐れず、極論を言っちゃうけど、正直でけなげな女は幸せにはなれない」の件でしょか?こちらも詳細は本書をドゾですが、適度といざが大切なんですねぇ(笑)人それをあざとさと言うで、女性に必須アイテムあざとさらすぃ(笑)

 それと、これもあらゆるファンタジーが流布しているけど、現実は嫉妬されて嬉しい殿方はいないとゆー事らすぃ…男性からしたらウザイだけとゆー事か?なので、嫉妬は劇薬、上手く使いこなせるのは相当の悪女テクのある上級者のみとゆー事らすぃ…むしろ、「男を動かしたいなら、文句や脅しよりも、色気や甘えのほうがうまくいくもの」だとな(笑)

 喧嘩の謝り方は、汎用性高いよーな気がするが、どーか?「まずは不快にさせてしまったことを謝る」次に「対応策を話す」でもって「経緯の説明」をし、「再発防止対策」と「謝罪」とな…この手順で行けと(笑)これ、ものごっつおべんきょになると思うんだが、特にどっかのくnゴホンゴホン…

 さて、男と女でダバダバダバダーとゆー恋愛関係で突っ走っている内はともかく、二人の関係を長期的展望で眺めた場合、「相手にとって必要なパートナー」としてシフトさせないと長続きはしないとゆー事になる模様…いつまでもアハハウフフではいられないってか(笑)

 で、長続きしないパターンが「自分が正しいと信じているから、相手に自分の正義を押し付ける」って、よくある話じゃまいか?ですけど、これも個人間もあるけど、それこそどこぞのくnゴホンゴホン…

 現実見ろよ系では「不倫で幸せになるなんて、ファンタジーでしかないと思うよ」でしょか…こちらも詳細は本書をドゾですけど、「自戒を込めて言うんだけど、既婚者に声をかけられる女性って、どこか2番でいい雰囲気が出ているのかも」だそな…成程、一番じゃなきゃいけないんですかぁーっ?って名言だったんだなぁ(笑)実感こもってたんだろか?

 別れとか、復活とか、そちらについての詳細も本書をドゾ。総じて本書の傾向は前向きにかなぁ?とゆー事で、悪女云々はともかく、女の子としては一読して損はないよな(笑)とゆー訳で興味のある方は本書をドゾ。

 目次参照  目次 未分類

|

« よこはまのかほり? | トップページ | 完璧な人間はいない… »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

未分類」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: そーなんですね、すごーい、教えて下さい(はぁと/笑):

« よこはまのかほり? | トップページ | 完璧な人間はいない… »