« 薔薇も秋桜たちも? | トップページ | 妻とは何か(笑) »

2015年3月 8日 (日)

取りあえずご飯(笑)

愛しのローカルごはん旅もう一杯!  たかぎなおこ  メディアファクトリー

 旅のエッセイと画というか、コミック…なんだろか?でも一口にそれだけじゃない感が?で、内容はというと、食をメインにした旅日記的なソレか?実に日本人な旅行のよーな気がする…どゆ事かというと、出てくる九割以上、殆どが食と温泉しかありません(笑)観光らすぃ事もしているんですが、そこでも食は外しませんでして、何とゆーか胃袋勝負の旅とでも言いましょうか(笑)

 で、日本国内で旅に出るぅーとなれば、土地の名物、名産品、郷土食はこれまた魚魚魚ぁーっとなって、成程日本って海の国なんだなぁと納得しますた(笑)例えば、神奈川編では三崎漁港に行き、三崎と言えば鮪という事で、まぐろの珍味(酒盗、卵煮、胃袋の生姜醤油煮)ととろまん、まぐろ串カツ、まぐろコロッケを江の島ではしらす料理(生しらすのカルパッチョ、釜揚げしらすとキャベツのペペロンチーノ、チチニエリ(しらすとニンニクのピッツァ))を食しているし、海なし県の長野でも佐久の鯉料理(鯉丼、鯉のあらい、鯉こく)があるのだ…茨城ではどぶ汁(あんこう)をたいらげ、水族館でメヒカリの唐揚げとホッキ貝のジェラートを、宮崎では飫肥天、かつお飯、鹿児島ではきごなご鮨、きびなごの塩焼き、かつおのタタキ、さつま揚げを、高知ではカツオの塩たたき、鯛のあら煮、酒盗、くれ天、カツオのたたき、うつぼのたたきとな…高知はたたき料理が好きなのか?再び海なし県滋賀では、ビワマスの塩焼きにニジマス、イワナの塩焼きも、ふなずし、焼鯖そうめんというラインナップ…最終章の台湾編は刺身とか、エピ炒めとか、あさりとネギの炒めとか、いかにも中華、大皿料理が出てくるよな…詳細は本書をドゾ。

 とまぁ、魚介類の出番がない日がない(笑)やっぱ、日本は魚の国だったんだよぉー(エコー付/笑)

 アリス的には海奈良の魚魚魚のアリスですから、こちらの本に出てくる魚料理についてはきっと詳しく解説してくれるに違いない(笑)また温泉も、異形じゃないけどある種温泉マニアというか、自分へのご褒美が温泉的なとこがあるアリスだから、これまたこちらに出てくる温泉については、例の雑学データベースの名の下に説明してくれるに違いない(笑)

 魚に関しては上記の通りで詳細は本書をドゾなので、温泉の方はというと、江の島アイランドスパ、江の島温泉富士海湯、こまくさの湯(駒ヶ根)、信州戸倉上山田温泉(戸倉)、湯本(福島)、鯖湖湯(飯坂温泉)、青島温泉(子供の国)、桜島マグマ温泉、龍神露天風呂(桜島)、砂むし会館砂楽(指宿)、天然温泉比良とぴあ(琵琶湖)etc.と行ってます。これの凄いとこは殆どが立ち寄り湯なんですよ、泊まらなくてもお湯に浸かれる、そゆとこなんですよね、この国は(笑)今だと、足湯なんてのもあちこちあるご時世だし、温泉は本当に日常だなぁ…

 著者はそれこそあちこちで温泉巡りをしてるんじゃまいか?なノリなんですけど、何故か高知では入湯してないんですよねぇ…高知って温泉ない訳じゃないですよねぇ?とゆーか、日本全国温泉ない県はないと思われでして、何故に高知では入らなかったのか?不思議…ちなみに一緒にいった人とはジョギング友らしく、二人して桂浜をジョギングしてたりして(笑)

 他にアリス的なとこというと、二人のソウルフードカレーで、横須賀海軍カレーのレトルトパックを購入しているとことか、ちなみにカレーラムネもあるそな(笑)朝井さんと食べたいまぐろの串カツ(三崎港)とか、シロコロホルモン(厚木)は鶴橋友達の片桐さんと行かねばだろーし(笑)アクアマリン福島(水族館)はダリ繭的に行かねばだろーし(笑)雛人形のラーメンで鹿児島ラーメンと鍋焼きラーメン(須崎)もありか?ダリ繭の寿司折で田舎寿司(高知)とか、ダリ繭のステーキで近江牛ロースステーキ重(彦根)もどよ(笑)

 それ以外にもいろいろいろいろ本当にいろいろ出てきますので詳細は本書をドゾ。個人的には、本書の中で一番おもしろかったのは長野編・信州編かなぁ?信州の郷土食の昆虫食、ザザムシとかね、そのインパクト的なそれもあるにはあるけど、何よりも担当のかとうさんのキャラが凄い…やっぱ食の旅はこの位豪快にくらう人が出てこないとね(笑)かとうさん密着レポートとか実に興味深い内容になると思うんだけど(笑)

 とにかく楽しい本なんですが、一つだけ難点を上げるとすれば、本書のレイアウト、デザインかなぁ?コミックのとこと写真のとこと地図のとこのそれは、もー少し上手くコラボできなかったのか?と、このキッチュな感じが狙いだったのかもしれないけど、もー少しもっていきよーがあったのではないかなぁと、残念に思いますた…

 で、本書で気付いた事、ご当地ラーメンは昨今よく聞くけど、ご当地うどんもいぱーいあるのだなぁ?ですかねぇ…行く先々でローカル食の一つとしてうどんが出てくるの多いよな…うどんもまた全国区なんだなぁと…

 目次参照  目次 食物

|

« 薔薇も秋桜たちも? | トップページ | 妻とは何か(笑) »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

食物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 取りあえずご飯(笑):

« 薔薇も秋桜たちも? | トップページ | 妻とは何か(笑) »