« 大好きの向こう側… | トップページ | らぶいずおーる(笑) »

2015年4月13日 (月)

トンカツだけじゃないんです(笑)

ブルドックソースレシピ集  ブルちゃん愛好会  新潮社

 コピーは、かけるだけじゃ、もったいない!漬ける・からめる・隠し味に。なんですが、どゆ本かというとタイトル通り、ブルドックソースを使用したレシピ本でございます(笑)個人的に、ブルドックソースと言えば、とんかつソースで、トンカツでしょっと飛びついたでござるの巻か?まぁ何にせよ、とんかつソースは日本の味じゃね(笑)

 明治以降、西洋料理がいぱーい日本に入ってきたけど、ソースもまたその一例じゃまいか?で、確かにきたのはウスターソースのはずだったのに、気がつけば、とんかつ、中濃とあるじゃまいか?で…これも日本の魔改造になるんでしょーか(笑)同じ物も作っちゃうけど、それ以外に新作もありまっせというのが、どこまでも日本だよなぁ(笑)

 多分、とんかつも日本の洋食って奴だろし、それに伴うトンカツソースもやはり日本の洋食なんでしょねぇ…そして、お好み焼きソースとか、タコ焼きソースとか、バリエーション出ていくんだろぉなぁ(笑)

 そんな訳で、トンカツのレシピがいぱーいと思っていたら、大葉みそとんかつしかないとはこれ如何に(笑)ちなみに豚肉の片面にソースを塗って大葉をのせて巻いて衣つけて揚げたものなんですが(笑)がっつり系のトンカツは当たり前すぎて出てこなかった模様…残念(笑)

 アリス的にソース、ブルドックソース…それにしてもブルドックソースって、全国区なんだろか?関西は、特に大阪とか、京都とかは、地元でのオンリーワンが多い気がするからなぁ?ソースも大阪ではココみたいなのがあるかもしれないし?どーだろぉ?

 まぁ本書のレシピ的にいくなら、偽りのポテサラで、ポテトサラダとか、絶叫城その他あちこちで食べているパスタで、ミートソース、ナポリタンとか、ラフレシアなどハム好きのアリスに捧げるでハムカツドックとか、朱色のサラダで、カリカリ豚のサラダとか、かぶとりんごのサラダとか、温野菜のガドガドサラダとか、にんじんサラダとか これまた二人のソウルフードのカレーで、バターチキンカレーとか、たっぷり野菜のドライカレーとか、あると思いますなんですけど、本書で一番秀逸なのは、ダリ繭の目玉焼きで、目玉焼きトースト、ロコモコ、水菜と目玉焼きのサラダ、目玉焼き焼きそばではなかろーか?なるほろ、こーすればただの目玉焼きも一品料理になるんだなぁ(笑)

 豆知識も満載で、何故にブルドックかと思ってたら「当時ベットとして人気だった犬種から「ブルドック」がブランド名に」とは知らなんだ…明治の頃ってブルドック人気だったのか?でもって、ソースって何かオイリーなイメージでいたら「ソースには、オイルが使われていません。ドレッシング代わりに使っても、カロリー控えめなのです」とはこれまた知らなんだ…そーだったのか?ソース?

 調理法とか詳細は本書をドゾなんですが、個人的におろろいたのは実はミートソースのとこのレシピ…何がといえば、お家で簡単ミートソースだと、トマトの部分はケチャップでとなりがちじゃあーりませんか?で、こちらはブルドックソースのレシピ本なので、ケチャップのとこがソースになっているんですよ…ブルドック中濃ソースを使いなせーの世界らすぃ…かくて、トマトらしいトマトが入っていないのに、出来上がりの画像を見る分にはミートソースに見える不思議…これってありですかぁーっ?

 その他、たくさん本当にたくさんレシピ満載ですので、興味のある方は本書をドゾ。

 目次参照  目次 食物

|

« 大好きの向こう側… | トップページ | らぶいずおーる(笑) »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

食物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: トンカツだけじゃないんです(笑):

« 大好きの向こう側… | トップページ | らぶいずおーる(笑) »