« 真実は多数決では決まらない(笑) | トップページ | パーティはとごに(笑) »

2015年5月19日 (火)

世界は丸い(笑)

輸入食材使いこなしレシピ  成美堂出版

 枕言葉が、缶詰・オリーブオイル・スパイス・ソースetc.でして、コピーが輸入食材で作るカンタン・おいしい150レシピとあって、更に、缶詰・瓶詰を使いこなす!輸入野菜・かたまり肉をおいしく食べる、輸入乾麺・乾物のおしゃれメニュー、ハーブ・スパイスの使い方、輸入調味料でカンタンごはん、世界のスープとごはん、輸入食材で作るおもてなしレシピ、更に、かわいくておしゃれな料理のレパートリーが広がる!もありまして、何かオラわくわくしてきたぞの世界が展開か(笑)

 表紙が缶詰や瓶詰が並んでいる写真なので、てっきり調味料関係というか、加工・調理されているものが殆どなのかと思っていたら、生鮮食料品もあるじゃまいかで、言われてみれば野菜もお肉もお魚も輸入品たくさんならんでいるよなぁと…そゆのもこちら入っているんですよ…で頭で分かっていても、本書で一番インパクトがあったのが、牛肉の塊(笑)いやぁ、狂牛病以来精肉コーナーで輸入牛肉って見なくなってきたよーな気がしていたが?気のせいだったんだろか?時々オージービーフは見るけど、米の牛肉って見た記憶が…うーん…

 でもまぁ輸入されてくるお肉の場合は何故か薄切りじゃなくて塊だよなぁ…お肉的にはそれがジャスティスなんだろーけど、てな訳で、焼き肉だってどんと来いの世界だったんだなぁと気がつきました(笑)こゆ時はお肉はそぎ切りにすると宜しらすぃ(笑)本書でいくと特製ダレで焼き肉カルビなんてどーでしょー?奥さん(誰?)ちなみにお肉的に購入する時はリブフィンガーとゆー事になるそな…焼き肉的に言うと中落ちカルビとゆー事になるらすぃ…そーだ焼き肉を食おうってか(笑)

 アリス的には、輸入食材…アリス、気にしているんだろぉか?大阪的にはどーなのだろぉ?ちなみに京都の人は地元京都産にこだわる人が多いので、意外と京都人エンゲル係数が高いとゆー話はどこかで聞いた覚えがあるんだが、どーなんだろぉ?まぁ婆ちゃんが輸入食材とゆーイメージは確かにあるよーな気がするが…ただ、オオサカンというより都市部住まいのアリスなんかの場合、環境的にどーよ?というのはあるよーな気がするんだが?これまた土地的にどーよもあるだろぉしなぁ…一番ありがちなのはやはり吉祥寺住まいの片桐さんか(笑)

 まずは、絶叫城その他のパスタで、豆のみそクリームパスタ(豆缶・レッドキドニービーンズ水煮)、ミネストローネの猟師風スープバスタ(ミネストローネ缶)、トマトとリコッタチーズのパスタ(パスタ・ヴェスヴィオ)、ほたてのグラタン風パスタ(パスタ・コンキリオーニ)、ナポリタン ガラムマサラ風味(ガラムマサラ)、ジェノベーゼパスタ(バジルソース)とか、朱色のサラダで、ポテトスパムサラダ(スパム缶・ポークランチョンミート)、オリーブ&ケイパーのライスサラダ(オリーブ・ケイパー/ミックスビーンズ水煮缶)、ささみとチーズのハーブオイルサラダ(ハーブオイル)、ビーツのサラダ(ビーツ)、ビーフンサラダ(ビーフン)、レンズ豆のサラダ(レンズ豆)、ちぎりキャベツとアンチョビのサラダ(アンチョビベースト)、タイ風春雨サラダ(スイートチリソース)とか、スウェーデン館のシチューで、ビーフシチュー(輸入牛リブロース肉)とか、異形のステーキで、サイコロステーキオイスターマーマーレードソースがけ(輸入牛リブロース肉)とか、ラフレシアの豚の角煮で、豚の角煮(輸入豚ばらかたまり肉)とか、暗い宿のおにぎりで、甘辛焼きおにぎり(チリパウダー)とか、201号室その他のチーズで、世界のチーズ各種(本書では、コンテ/仏・ミモレット/仏・エメンタール/瑞・ロックホール/仏・プリー/仏・オマンベールカルバドス/仏・モンタナール/仏・タレッジョ/伊・フロレット/伊・スモークブラックペッパー/蘭・ブルサン/仏・モッツァレラ/伊が掲載されてます)、朱色のリゾットで、ポルチーニの焼きリゾット(ドライポルチーニ)とか、ラフレシアのゴーヤーで、ゴーヤの肉詰めスープ(ニョクマム)とかあるし(笑)

 そして二人のソウルフードのカレーで、なすとオクラのトマトカレー(トマト缶)とか、オイルサーディンのカレーマリネサンド(オイルサーディン缶)、ベトナムカレー麺(たまご麺)、さつまいものマイルドグリーンカレー(グリーンカレーペースト)、チキンカレー(各種スパイス)とかありまっせとなるし(笑)レシピの詳細は本書をドゾ(笑)

 メインはレシピ本なはずなんですが、輸入食品の数にびっくりで、こんのものまで輸入していたのか?というのもあるんですけど、やっぱ調味料、調理済系の食材はいきなりエスニックというか、欧米か(死語?)な世界に突入で、この瓶・缶・パックを眺めるだけでもグローバルな気分になれそー(笑)

 ちなみにこれらの輸入食材はどこで購入できるのか?的な一助に、巻末にイータリー、コストコ、ディーン&ディルーカ、ナショナル麻布マーケット、カルディ、成城石井とか出ています。言われてみればそーだなぁと妙に納得したり(笑)

 個人的には調理済のソレが便利といえば便利かなぁとは思う、バジルペーストとかのソース系とかね(笑)後はやはり調味料も塩とか油系は勿論の事、バルサミコとかマスタードは必須アイテム的に欲すぃかなと(笑)

 他にもたくさんたくさん本当にたくさんエピ満載ですので、興味のある方は本書をドゾ(笑)

 目次参照  目次 食物

|

« 真実は多数決では決まらない(笑) | トップページ | パーティはとごに(笑) »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

食物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 世界は丸い(笑):

« 真実は多数決では決まらない(笑) | トップページ | パーティはとごに(笑) »