« パウチっ(笑) | トップページ | 女性は両手で恋をするが、男性は片手で恋をする(笑) »

2015年5月 2日 (土)

千差万別?

おじさん図鑑  画・文 なかむらるみ  小学館

 どゆ本かというと、スナップショット的なソレだろか?対象は、タイトルにある通り、おじさん…本書を拝見していると、40、50代を中心にしてのノリかなぁ?やや50代だろか?うーん…本人的な自覚はともかく、おじさんとは何か?というより、いつからいつまで?は、これまたどーなんでしょねぇ?30歳でも、おじんじゃーんてのもあれば、下手すると20代でもおじさんじゃんと切り捨て御免あるのか?だし、また60代でもお爺さんと呼ぶな、おじさんでもむかつくわもまたあるしなぁ(笑)まぁこれも自己責任のソレなのか(笑)

 てな訳で著者の視点から見てのおじさん観察記でしょか(笑)街で見かけるおじさん生態記でもあるのか?世の中、右を向いても左を見ても、おじさんだらけじゃございませんかぁーってか(笑)おじさんとは何ぞや?とか、かわいいのかどーかは知らんがわざわざこのよーにして取り上げるのは、著者は日常おじさんとそんなに接点がないんだろーなぁとゆー事は、若いんだろなぁと…身近なおじさんで学校の先生を思い浮かべるレベルだろか?よーするに著者の世界から見れば自然でないから目につくとゆー奴じゃね?

 かなりディープな内容になるはずが、とてもポップなのは、やはり著者の感性のなせるわざでしょか?そーいえば、こんなおじさんいるよねぇとゆー、ほのぼのとした街角の風景、ある種スローなおじさん達のあるあるの世界か(笑)

 アリス的に、おじさん…まぁアリス自身がおっさんやでと言ってなかったっけか?34歳独身男性となると、世間的にはおじさんラベルなんだろーか?何となく、おじさんというと、船曳さんなイメージが一番に上がるんですが、何とゆーか陽のイメージで(笑)で、陰の方だと言わずと知れた野上さんですかねぇ(笑)

 アリス的というと大阪のおじさん(多分パンピー?)に直撃インタビューしてるとこで東京に行ったら行くとこがかっぱ寿司、でその理由が「大阪は回転寿司がおいしくない」ってあるんですが、そーだったのか?アリス?でもって東京の印象は?には「東京もんは地味で黒い。カラスかよって思うわ~(笑)」とあったりして…となると片桐さんも黒いのだろーか?となると、白と黒しか着ない准教授なんてむしろ東京の方が目立たないのだろーか(笑)

 後、夫婦でいるおじさんの項で、「京都、大阪では、手をつなぐ夫婦を多く見かけた」って、しかも「極々普通の夫婦」が…そーだったのか?アリス?関西の方がオープンなんでしょーか?

 他にアリス的というと、2人組のおじさんの項だろか(笑)おばさんと違って「おじさんは2人が心地いいみたいだ。うらやましいほど仲良しの場合もあれば、なぜ一緒にいるんだろう?という、タイプがまるで違う2人も。どちらにしろ、腐れ縁の2人を見るのは楽しい気持ちになる」って(笑)准教授とアリスの場合、タイプは正反対なのに、仲良し過ぎてドン引きするタイプじゃないか?と思うのですが?どーでしょー?大阪府警の皆様(笑)

 も一つ、全身白っぽいおじさんという項も准教授的には当てはまると見ていいんでしょーか?ちなみに解説は「全身を白っぽい色でコーディネートしているおじさんのこと。夏の外出着にしたり、ラジオ体操の正装だったり、少し特別な時に着ていることが多い。白はおじさんの中でキメの色、かっこいい色なのかもしれない」って、そーだったのか?准教授?でも、准教授の場合は特別な時の服じゃなくて、日常茶飯事の白スーツですから…

 それと、かわいいおじさんのとこのコラムで「おじさんの形態の待受画面は、飼っているペットか孫の写真が多い」って、これまたそーだったのか?孫はありえないけど、ペット的に准教授の待受は、北白川の三匹の猫って、あると思いますなのか?

 さて、本書色んなおじさんの項があって、例えばお疲れのおじさんだと「全身から「疲れちゃった感」が溢れ出ているおじさんのこと。仕事が多忙、奥さんが優しくない、体力がないなど、疲れる理由はそれぞれだろうが」の件は、世の哀愁を一身に背負っている感じとでも言うべきか(笑)

 うるさそうなおじさんのとこのコラムでは「政治家のおじさんはまさにこのイメージ。忙しいせいか、しがらみがあるのか、顔がどこか引きつった印象がある。おじさん的にいい顔ではない。への字口の人もいて、いかにもうるさそう」とあったりして、言われてみれば究極のおじさんの巣窟って、永田町と霞が関じゃなかろーか?

 なるほろ系では、いやらしいおじさんのとこも「ちょいワルほどファッションがキマッっていないが、妙な色気があるおじさん。世間的にはまじめ風だが、リアルに浮気や女遊びをしているのはこのタイプ。顔はほどほど二枚目。普通っぽさに潜むいやらしさが女性を油断させる」って、そーだったのか?妙に説得力があるのは何故なんだぜ(笑)

 更に、部下といるおじさんのとこの一例で「すごく仲良しそうで、笑いの絶えない2人。さわやかで感じがよいが、上司がいやらしい顔だったので、少し不安」って…まぁ電車内でよく見かける上司(♂)と部下(♀)の組み合わせは、物凄く楽しいそーか、物凄く不機嫌そうかの二択が多いよな?気がしていたが、気のせいではなかったのか?殿方同士だと、説教モードか馬鹿笑いモードが多いよーな気がするんだけど?こちらは?

 これまたよくある系になるのか、人の物をのぞくおじさん(おもに車内など)の一例として、「車内で電子手帳を使っている女の子」を不思議そうに見ていたおじさんのとこで一言「女の子自身をジロジロ見たりしないのは、きっと同世代の娘がいるのだろう」の件も、妙に説得力があるのは何故なんだぜ(笑)

 おじさんの関心事のとこで泉麻人の場合「地図をくらべるのが好きなんですよ。事故とか。とにかく場所を特定するのが大好き。色んな地図持ってますよ」とかあったりして…この地図おたくなところ、もしかしてアリスにも被るんだろか?とふと思ってしまったり(笑)他におじさんのインタビューでも、夢は猫屋敷とか、好物はカステラ類とか…おじさんの領域は計り知れないなぁ(笑)

 他にもたくさんたくさん本当にたくさんエピ満載ですので、興味のある方(?)は本書をドゾ。本当、ある意味物凄くディープな本かもしれない、想定もデザインも構成もポップなのに(笑)最後に一つ、本書でおべんきょになったとこを一つ、ゴルフシャツとポロシャツとどこが違うのか?「4社(プリジストン、ダンロップ、ヨネックス、ラルフローレン)に電話で尋ねたところ明らかな違いは無いそうだ」って、ホンマでっかぁーっ(笑)

 目次参照  目次 未分類

|

« パウチっ(笑) | トップページ | 女性は両手で恋をするが、男性は片手で恋をする(笑) »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

未分類」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 千差万別?:

« パウチっ(笑) | トップページ | 女性は両手で恋をするが、男性は片手で恋をする(笑) »