« タンパク質? | トップページ | 信念と哲学? »

2015年5月11日 (月)

全てWSになる?

世界中のエリートの働き方を一冊にまとめてみた  ムーギー・キム  東洋経済新報社

 コピーは、グローバルエリートは見た!と、投資銀行、コンサル、資産運用会社、プライベート・エクイティ、MBAで学んだ15の仕事の極意、なんですが…何かよーするにWSの犬って感じかなぁ?金(儲け)こそ全てを奇麗にまとめてみましたみたいな(笑)で、そこに集う人達とはどんな人?とゆーお話だろか?

 かくて著者曰く「世界中の一流MBAホルダーがこぞって志望する業界で、計12年にわたって一流のトップエリートのみなさんの「働き方」をつぶさに見てきた私ほど幅広い視点で語れる人間はほかにはいないと自負…しているわけでもないのだが」「これほど幅広い稀有な経歴による珍しさをアピールしたのに、書いた本がたいして面白くなかったら、これは大変なことであり、私は穴を掘って潜らなければいけないだろう」とな…

 まぁこれがエリート業界というものらすぃ…徹底した庶民なのであまりピンとこないが(笑)これまたちなみにゴールドマン・サックスは投資銀行で、マッキンゼーはコンサルなんですねぇ…とゆー辺りの人なので…でもってそゆとこに勤めた人の転職先として人気があるのが、大手資産運用会社とプライベート・エクイティなんですと…そーだったのか?エリート業界、もといグローバル・エリートのみなサマ?

 で、そゆエリート諸君の共通項とは如何に?で「何事にも負けん気が強いうえに、完璧主義で細部にいたるまでじつにこだたわりが強いこと」「驚くほどお金に細かい」「身なりは質素」「信頼と評判を第一に(自己ブランディングに細心の注意を払っており、それとなく自分の仕事ぶりやサービスをフェイスブック上でもアピールし、将来的な仕事につなげようとする)」新人時代の「つまらない仕事も完璧にこなして、面白い仕事を獲得していく」学生時代からの人脈を駆使して「仲間内で「最強のチーム」をつくる」「年上の人にかわいがってもらえる「おやじころがし」の上手な人がじつに多い」それにプラス、「超絶に頭がいい」と「有力政治家の家系」もあるといいならすぃ(笑)スポンサー(顧客)に対する、信頼と正直さだそな…越後屋ってか(笑)

 アリス的に、まぁ土地柄、浪速の商人魂がとゆーのもあると思いますなんだろか?だけど、准教授もアリスもお金に無縁な商売というか、生活というか、性格っぽいからなぁ(笑)まっ、このきったはったの世界に准教授が入った場合、物凄い事になりそーだとは思うが頭と度胸はいいとしても、人からの信頼とゆーか、間口広げます的なとこはどーかなぁ?ここでも助手のアリスですと連れ歩けば、金融界の鬼に金棒な世界になりそーだが、どーか(笑)

 後、アリス的にというよりミステリ的に使えるかもなぁで「「小さな不正」を働く人は、いずれ「深刻な不正」を平気で働くということ」だそーで…社内で一つの不正が出てきたら、芋づる式にいぱーい出てくるのが相場とゆー事らすぃ…

 さて、この頭のいい、エリートの皆さんのご活躍の場はどんなとこ?からトーシロは引っかかる訳で、まずそこからいってみよーってか(笑)で、いちばーん投資銀行いきまーすは、「要するに、「株や会社を買うときの手助け」をしたり、「何かに投資するときにお金を集める手助け」をしたりするのが、その本業である」そな、その他「アセットマネジネント(資産管理の代行業務)」「トレーディング(株式や債券の売買)」「リサーチ(株式や債券の調査)」「デリバティブ使用品の組成」etc.あるけど、最初の二つがメインのお仕事とゆー事になるそで…

 投資銀行というのは「手数料ビジネス」とな、どゆ事とゆーと「案件を獲得するまでのサービスや提案はすべて無料のタダ働きだ。そのうえ、案件が無数にあるわけではないので、案件獲得を巡っては毎回各社がしのぎを削ることになる」のだとか…

 そして、コンサルタント会社となると、「企業の問題点を診断し、現状を把握したうえで解決策やピジョンを提示する」「対象企業を買収すべきかデュディリジェンス(多面的な調査)をし、アドバイスする」「第三者の立場で企業変革の実行を支援する」とな…

 更に資産運用会社とは「「みんなのお金を集めて、プロが代わりに投資する」仕事」で、ここでよく新聞なんかに出てくる、機関投資家とか、ヘッジファンドとかキタコレになるのか(笑)

 も一つプライベート・エクイティとは何ぞや?ですけど、「その名のとおり「プライベートな株」」の事で、「上場されていない未公開株全般を指す」とな…一番簡単に言うとハゲタカ・ファンドの逆でしょか?リストラ・切り売りじゃなくて、「業績を伸ばす成長支援的な価値を提供して」ファンドの価値を上げて利益を得よーじゃまいか?とゆー仕事だとな…ハゲタカが超短期としたら、プライベート・エクイティは長期というか、気長なスタンスかなぁ?

 ちなみに「プライベート・エクイティでは、ビジネスに高潔さ、正直さが非常に強く求められる。これはグローバルにプライベート・エクイティに投資する欧米投資家の文化的特徴でもあるうえ、投資先の倫理規範に非常に厳しい欧米の公的年金といったところの資金を運用しているからだ」の件は…しかも透明性を重視、情報公開も徹底しているのが求められる条件だとすると…どこぞのアジアインフラぎnゴホンゴホン…

 てな訳で「人から相談されてそれに助言することが好きな人はコンサルタントが向いている」し、「企業の合併や資金調達に関心が強い人は投資銀行」に、「投資家として会社を買って価値を高めて売却したい人はプライベート・エクイティ」の仕事が向いているとな…まぁ同じMBA卒でも、人には向き不向きがあるからなぁ(笑)また、その職についたとしても生き馬の目をぬく職業だけに、出入りの激しさもあるよーな気がするのは気のせいか?

 でまぁ、こゆ業界で働く人に求められる資質とは何か?といえば、若手の頃は「なんといっても正確さとスピードと三日徹夜しても生き残る体力である」そーですよ、奥さん(誰?)投資銀行の場合、下にいる時は資料作りが主な仕事になるみたいだけど、上に上がると人脈作りが仕事にモロに反映される模様…この辺りで、友達100人もとい顧客いぱーいできるかな?じゃないと君は生き残る事ができるのか?となるらすぃ…それが案件(仕事)を獲得できるか?か否かの別れ道とゆー事で、それが出来ないとリストラへになるよーです…

 更に、こゆ職場ですから、頭がいいのは当たり前なんで、如何に部下のやる気を出させるか?保持できるか?上げる事ができるのか?も上司の資質として必須アイテムとなるらすぃ(笑)まっ客先だけじゃなく、部下にも人脈というか人望がないとやっていけない商売ときたもんだ、ですかねぇ?

 ちなみにリストラ対策についても、所属していた職場が「合併されると大量のリストラが行われる」のが世のならいとゆーものとな…「優秀な人材は退社されないように「向こう2年間は絶対に解雇しない」などと約束することもある」けど、留まって欲しい一部のスタープレーヤーには更にボーナスいぱーいはあっても、その他大勢は「早晩解雇の憂き目にあうのはこの業界の常である」そな…まぁ常日頃、他社をちぎってはなげじゃ返す刀でブーメランあると思いますなのか?生き残る為には自社の状態、市場も要チェックやでとゆー事になるらすぃ…

 しかも、会社を辞める時は「わざと「クビにしてもらう」人がいる」とな…そーすると「会社都合でやむをえず辞める」の形になって「退職金をはじめとするパッケージが魅力的だからだ」とな…「いままでスタープレーヤーで活躍してきた人がいきなりクビになるのは、社内の政治闘争に負けたか、頼み込んでクビにしてもらったかのどちらかであることが多い」そー…

 同じリストラでコンサルの場合は、「一般企業と同じように、仕事を干され、「ビーチ」という社内失業状態に追いやられる人もいる」そで…「ただし一流のコンサルファームは、人を放出するときにも、非常に対応がやさしい」となるそな…まず警告文を出してメッセージを出し、これに対応できないコンサルタント(社員)は、「「あと半年、時間をあげるから、その間に転職活動をしたらどうだ?推薦とか、全面的にバックアップしてあげるから」と、フルに給料を払って在籍した状態にしつつ、転職活動をバックアップしてくれる」とな…よーは社内の社員達には会社のリストラの対応を見せて、どんな状態になっても社員を大切に扱うよというアピールで士気が下がるのを避け、本人も向いてはいないと判断したけど優秀な人材に代わりなしなんで、巡り巡って「将来、クライアントとの立場で再会する可能性もある」事も考慮しないとね、とな…辞める、辞めさせる人材とも円滑に付き合えないと、江戸のカタキを長崎でとなりかねないとゆー事か…やっぱ人の恨みを買ったらお仕舞なんでよなぁ…その点、日本のリストラは…皆まで言うなか…

 後、マーケット予想に関しては言ったもん勝ちの様相が強いみたいなんだが?「株価予想をはずしつづけていてもトップアナリストでいられる人は、マーケットが聞きたくなるトピックに関していち早く勉強し、間違っていようといまいと、とにかく真っ先に発表して第一人者と見なされる努力をしている」って…「とにかく人気アナリストは、予測が当たっていようといまいと、「市場が感心をもつトピックの動向」を先取りするのがじつにうまい。出遅れたトピックは素早く後追いし、ほかのアナリストがレポートを発表するよりも、一足も二足も先に発表してしまうのだ」とな…当たろうは当たるまいが、一番のりの噂流した方が勝ちの市場って…

 コンサル系だと聞く力を持っている人に向いているというか、そゆ人じゃないと無理みたいだしなぁ(笑)でもって、答えも顧客がそーきたかと思わされるよーな一種爽快感のある話を提示しないと一目は置いてもらえない訳で(笑)働く本人としては「投資銀行よりも総じて早く帰れるし、やる仕事の幅も広いので、飽きっぽい人には向いているのかもしれない」とゆー事らすぃ…

 ヘッジファンドというと胡散臭せぇーイメージでいたら、ファンドマネージャーって「金融業界でも最も人気のある仕事のひとつである」とは知らなんだ…金か、金なのか(笑)はともかく、同じ機関投資家でも、「ヘッジファンドは「短期投資」で稼ぐことが多いのに対して、資産運用会社は「長期投資」が目的になるということだ」とな…ある意味、ヘッジファンドってギャンブル的資質が高いんじゃまいか?かなぁ?逆に長期投資となると大局的な見方ができないと無理ゲーとゆー事らすぃので、その手の目利きと性格かなぁ?どゆ事とゆーと「女房と畳は新しい方が良い」ではなくて、「ワインと女房は古いほうがいい」という感覚の持ち主的なソレ(笑)戦術より戦略タイプとでもいおーか?何とゆーか、長期投資系の人は国家運営も上手そーだなぁとは、ちょっと思った(笑)

 とはいえ、相場で生き抜く人とは「相場で勝つには偏差値型の賢さではなく、野生の勘が働く賢さ、いわゆる「ストリート・スマート」が求められる」とな…ありがちのネタとしては、「公開株のバイサイドの世界には、人間として傲慢な人が多いように思えてならない」ですかねぇ…仕事で成功すると裸の王様になりがちなのも世のならいか(笑)

 まぁ、儲けちゃいけないんですか?な人達の群れですからねぇ…頭が良い人達が金に向かって突っ走るとこーなるとゆー事じゃね?でして…それによって、顧客も会社も自分もWinWinで経済発展に寄与しているんだから、文句ないだろーとゆー事だろなぁ…だったら、たくさん儲けてたくさん税金おさめて下さいね、なんだけど、こゆとこ程、税に関してはアレな気がするのは何故なんだぜ(笑)

 とはいえおべんきょにはなりますた…エリートというより勝ち組の仕事と生き方かなぁ?本書後半1/3位はこの業界人達のオフな実態とは?でして、こちらの詳細は本書をドゾ。まぁ色々ありますが、ありがちな男と女というより、男の本音ダダ漏れな気がするのも気のせいか(笑)こちらの詳細は本書をドゾ。だばだばだぁー…

 他に、ありがちなネタとしては、何か起きた時に「あなたにも2割の責任があり、うちも悪いが完全に悪いわけではない」なんていう話はどこにも転がっているんだなぁ(笑)「これは相手の怒りに油を注ぐだけである」だけど、己の責任回避の為にはよくある科白じゃまいか(笑)

 も一つ、ありがちなネタ的には「大金を払って占い師に人生相談するのは、自分の悩みを理解してくれる人が必要で、その人に強く背中を押してほしいからだ。迷っている心情を理解したうえで、ズバリ力強く後押ししてもらいたいというのは、誰もがもつ深層心理である」そな…ちなみにこの業界でも「競合会社にいた人の話だが、学歴も年収も高い投資会社のアナリストやファンドマネジャーが大真面目にカリフォルニアにいる「当たる」と有名な占い師に、1時間300ドルくらい払ってスカイプで相談にのってもらっているところを目撃したこともある」って…投資家は、金融エリートにお金預けて、そのエリート達は占い師に相談してるって…全てがそーとは言わないが縋れるものは何でも縋ろーの世界なのか?そーいや一昔前の流行りは精神分析医だったよな?

 他も色々ありますが、最後に一つ本書で一番インパクトのあったとこを…「ひとつの国に閉じこもって生きていると、いかに思想や認識が知らず知らずのうちに、一国の閉じた政治家やメディアに支配されてしまうかが、世界で働き、さまざま国に同僚や友人ができるとよくわかる」とな…とな…とな…

 他にもたくさんたくさん本当にたくさんエピ満載ですので、興味のある方は本書をドゾ。

 目次参照  目次 文系

|

« タンパク質? | トップページ | 信念と哲学? »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

文系」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 全てWSになる?:

« タンパク質? | トップページ | 信念と哲学? »