« この道はいつか来た道? | トップページ | もっとシンプルに、もっとわかりやすく? »

2015年6月15日 (月)

蛇は偉大だったのか(笑)

ゆで卵丸かじり  東海林さだお  朝日新聞出版

 著者によるこのシリーズはあまりに有名なので今更説明の必要もないよーな?所謂一つの食エッセイというか、個人語りだろか(笑)世のおじさんは皆こーなのでしょか?うーむ(笑)

 まぁそれはともかく、今回はタイトルで決めました…そーだ、卵で行こーじゃいなけど、最近アレルギー関係のせーか、卵料理の占める割合は結構減っていると思うんだけど?どだろ?いや、スイーツ系はアレだけど、食としての卵ってどーよ?じゃね?

 でも、今日は親子丼な気分の日もあるじゃまいか?で(笑)卵だよねぇ卵と、卵で丸かじり、どゆ事よ?とゆー、いつもの思いつきというか、連想で済みません…単純な己の思考にというより本能に泣くになるだろーか…

 で、開けてみれば卵…本書でいくと茹で卵は正しく食べようの項になるんだろーけど、ゆで卵…と来るとは思いませんでした…そーいや最近ゆで卵って食べた記憶が?ラーメンの上ののっている煮卵は、ゆで卵の範疇でいいのだろーか?とか、卵サンドの卵はどよ?とか…こー純粋に茹でた卵を自分で殻むいて食べるとゆーのをしたのは、いったい何時の事だろー?と思い返しても思いつかない位とほい昔…

 さて、本書はそんなゆで卵の食べ方の一連の流れについて解説なさっていますが、そーいや、そーだなぁーとは思う(笑)けど、この手の作業って完全にオートで、頭で一々考えて行動しているかとゆーと、どだろ?取りあえず殻をむいた卵を前にしてどー食べるか?が著者的にミソらすぃ…

 普通は尖った方からパクパクと食べるけど、そーじゃなくて丸ごと一口でいきんさいとゆーのが著者の大いなる主張らすぃのだ(笑)タイトルに偽りなしですね、丸ごと行けですよ、おぞーさん(誰?)

 まっ顎関節的にどーよ?とは思うが?MS玉なら何とかなるのかなぁ?それにしても正しい食べ方なんだから、小笠原流辺りだとどーなのだろー?と素朴な疑問が(笑)

 アリス的には、どーだろぉ?で、まぁこの手のエッセイ、アリスは好きそーと見たが(笑)朝井さんが愛読者だったら、似合い過ぎてこあい(笑)てゆーより、片桐さん辺りが詳しいそーか?

 さて、アリス的に対比させていくと、雛人形のラーメンでラーメンに海苔は必要か、ラーメンの具を愚考とか、朱色その他の蕎麦でチクワ天そば騒動記とか、暗い宿の羊羹で羊羹のニッチャリとか、これまた暗い宿その他のおにぎりで種なし梅干しおにぎりの謎とか、後は二人のソウルフードのカレーでカツカレーうどんのカツカツになるのかなぁ?

 結構、ラーメンねたというのは話題にしやすいのだろーか?でもって、ふと思ったラーメンに海苔、入っていたっけ?何かラーメンというと小池さんなイメージだが(笑)あの昔懐かしい昭和のラーメンの具って何だったんだろぉ?確かにナルトはなくなったよーな気がする…でもって最新ラーメンの世界は、トーシロにはついていけないマニアックな世界のよーな気がして、これまたアレなんですが?現実的にどーなんだろぉ?准教授がコマチさんと食したラーメンの上には何がのっていたのか?私、気になりますっ(笑)

 そしてこれまた麺系でいくと蕎麦とうどん、蕎麦は本書、駅そばで、まさにアリスの朱色、もしくは海奈良の片桐さんになるのだろーか?ですが、駅そば的にチクワ天ってポピュラーな食べ物だったのか?というか、立ち食い蕎麦系で、どーなんだろー?も一つ思うのは、関東と関西では違うのだろーか?ですよねぇ…大阪にも駅そばがあるのはアリスが食べているので分かったんですが、その蕎麦の上にのっているのは何?でして(笑)いや、何か西の方は駅そば駅うどんの方が主流じゃないか?なぁと思ってますた…この辺り、やはりアリスの解説求むかな(笑)

 うどんの項は、カレーよりも、うどんよりも、カツがメインの話みたいなのでアレですが、アリス的ならカレーに焦点が、関西系ならうどんに焦点が、なんですけど、どだろ?でカツ、この場合はトンカツで、菩提樹荘のカレーじゃないけど、アリスは豚より牛の食文化圏の人だからなぁ…トンカツって、アリス的にどゆ立ち位置か?今一不明なんですよねぇ…

 おにぎりについては、梅干しおにぎりって種入りが普通だったのか?個人的に記憶にあるのはたいてい種なしだったんですが?家で母親が握る場合でも種抜いていたよーな気がするんだけどなぁ?普通はそーじゃなかったのか?というのが、本書で初めて知りました…アリス的にはどーなのか?というより、あのコンピニで購入したおにぎりの中身は何だったのか?これまた私気になります(笑)だけど、ちなみに他の項によるとコンビニおにぎりの一位はツナマヨ、二位が紅鮭、三位が明太子だとか…何かやっぱりタンパク質強しなイメージが(笑)

 さて、羊羹…ちなみに著者によると「羊羹とカステラとどっちが威厳がありますか、と訊かれたら何て答えますか。やっぱり羊羹でしょう」になる模様…鍵の准教授の差し入れって(笑)そーいえば任侠ものでの手土産はたいてい虎屋の羊羹なイメージがこれまたあるんだけど、あれもやはり威厳の問題だったのだろーか?と素朴な疑問が?これまたアリス的にどーなのかなぁ?

 他にアリス的なとこでいくと冷やし中華の具材の並べ方についての一考で、そのサンプル物件が「神田神保町の「揚子江菜館」の富士山を模したものだ」ですかねぇ…そーだったのか?片桐さん(笑)

 とまぁ他にもたくさんたくさん本当にたくさんの食満載、エピ満載ですので興味のある方は本書をドゾ。日常の食のワンダーランドや状態に突入できます。で、最後に本書で一番ハハハとなったとこを一つ、それは鍋の具についてなんですが「こと鍋の具となると仕分けが急に厳重になり「ぜーったい論議」になって目のあたりが険しくなる。日本国民全員が急に蓮舫になる」は、妙に懐かしさしみじみになりますた(笑)現時点から昭和を見るレトロ感というよりも、もー既に明治から江戸を見るよーな距離感だもんなぁ(笑)

 目次参照  目次 食物

|

« この道はいつか来た道? | トップページ | もっとシンプルに、もっとわかりやすく? »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

食物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 蛇は偉大だったのか(笑):

« この道はいつか来た道? | トップページ | もっとシンプルに、もっとわかりやすく? »