« インターネット・チープ革命・オープンソース(笑) | トップページ | ガテン系? »

2015年6月 5日 (金)

心地よく、秘密めいた場所?

東京 大人の居酒屋  太田和彦  毎日新聞社

 居酒屋のイメージは、書いてある字の通りお酒がメインのとこじゃね?なんですが、でも日本の居酒屋は酒もあるが、肴もあるで、その肴で有名なお店も多いよな?酒に合う肴なのか?肴に合う酒なのか?そこが問題だってか(笑)

 で、本書はそんな都内の居酒屋さんを著者のセレクトで並べてみましたの世界かなぁ?まぁものが居酒屋ですので、実に庶民的なとこから、御座敷か?みたいなとこまで各種とりそろっておりますじゃね?人生色々、居酒屋も色々なんですよ、奥さん(誰?)

 まぁでも、居酒屋の肴と言えば、やはりここは魚じゃね?で本書は見開き二ページで一ページか解説、もう一ページが写真というレイアウトなんですが、この写真の一品は魚料理が多いよな?サバたたき造り(金田)、川えび唐揚・鮪たたき豆腐(赤津加)、煮魚いわし(斎藤酒場)、新子・海老しんじょう(さいき)、こはだ酢・どぜう丸煮(みますや)、いわしの岩石揚げ・大間の黒まぐろぬた(シンスケ)、穴子煮こごり・まぐろづけ(浅七)、たたみいわし・うなぎくりからやき(鍵屋)、鯛わたの塩辛(伊勢藤)、つぶ貝と巨峰の土佐酢おろし和え・お造り三種盛り・甘鯛と水菜のみぞれ煮(笹吟)、のどぐろの焼びたし・真鱈の白子焼・牡蠣と水菜のおひたし(大塚)、くさや(ふくべ)、床ぶつとつぶ貝盛り合わせ酒むし・こはだす(大はし)、貝あぶり三種盛・あじ昆布〆(魚竹)、貝焼き味噌・鯛昆布〆(善知鳥)、天然ぶりのお造り・あん肝・のど黒塩焼(新八)、煮穴子・グチとイトヨリの自家製さつま揚げ(味泉)、するめいかのしょっつる焼、活〆かわはぎ肝醤油(萬屋おかげさん)、本日の刺身盛り一人前(田中屋)、赤貝・焼はまぐり・小肌(志婦や/婦には点アリ)、ねぎま鍋・青柳つけ焼(やまに)、鰯の味噌たたき・鮪とアボカドのわさび和え(両花)、かきフライ・さばみそ煮(三州屋)、赤貝・鯛刺身(らんまん)、あじなめろう・さつま揚げ(銀魚)、うるめ丸干(岸田屋)、お刺身三点盛り・カニ身とカニみそ炙り(うち田)、鹿島焼きはまぐり・スルメイカ肝あえ焼きしょっつる風(和)、魚フライ・くりから焼(三四郎)、尼鯛の一汐干し・浅蜊大根(魚惣)、いかのかき揚げ(藤八)、岩がき・小鯛塩焼・初鰹ポン酢(第二力酒蔵)、穴子(可わら)、生もの盛合せ・金目だい煮付(三祐酒場)、伴助のさば・刺身盛り合わせ(ととや)、刺身三点盛り・あゆ一夜干し(佃喜知)、かつお刺身・あじのなめろう(ゑびす)、まぐろ中落(富士屋本店)、冬瓜カニあんかけ・アジなるろう(鼎)、まぐろのブツ切り(いせや総本店)、江戸前特選いわし・お刺身おまかせ盛込み・氷見特大岩牡蠣(幹東)、千住揚げ(永見)、かつをのづけ・海老の黒酢炒め(わくい亭)、さんまさし・鯛かぶとやき・天ぷら(魚三酒場)、若鮎のコンフィ(おふろ)、刺身の盛り合わせ(楽味)、自家製小肌酢・うなぎ蒲焼・鯉の生刺(まるます家)、新さんまの肝付け炙り焼き・さばくん(玉椿)とあるんですが、最初の二、三軒のメニューをのせよーと思ったら、次から次へと美味しそーな物が並んで、魚介メニュー殆ど載せてしまった…詳細は本書をドゾ。刺盛りの中身についてはそのお店お店でずぇんずぇん違いますので(笑)

 ちなみにどのお店も魚だけじゃないですから、これ以外のメニューもたーんとあるんですよぉーっ(エコー付/笑)

 アリス的に居酒屋というと海奈良の新宿のソレとか、京都のソレとか、201号室のドイツ風という奴になるんだろーか?二人共、30代独身男性となれば居酒屋率は高いと見たが?どーだろぉ?ただ、本書は東京が舞台という事で、ここは片桐さんの独壇場になるんだろーか?そんな片桐さんのホームということで、いせや総本店(吉祥寺)が一番にあげられるのかなぁ?しかも焼き鳥が名物らすぃので、これは朝井さんと行くべしか(笑)ちなみに「吉祥寺でここの焼鳥を食べたことのない人はいないだろう」と言う程のものだとか…更にアリス的というならこちら自家製シューマイも掲載されていて、これは雛人形の准教授の出番か(笑)も一つ、片桐さんのホーム、神保町についての記述がチラっと出てくるとこがあるのですが、「神保町は古書に映画に、中高年男性の原宿化しつつあるが夜は居酒屋だ」となるそな…神保町居酒屋の街でもあったのか?

 後、片桐さん関係でいくと四風荘じゃないけど神楽坂で「客が声高になると「お静かに」と声がかかり、私も言われた」(伊勢藤)の件は、まさに大人の社交場という事になるのなかぁと、昔はそーやって大人のマナーを身に着けていったとゆー…

 他にアリス的と言えば、串ものつながりで、串かつ(斎藤道場/十条)、やきとん(山利喜/森下)、もつ焼(三四郎/錦糸町)、IZAYOIおまかせ串焼き(IZAYOI/麻布)とか、偽りのポテサラでポテトサラダ(斎藤道場/十条)とか、蝶々の蟹でカニ身とカニみそ炙り(うち田/三軒茶屋)、冬瓜カニあんかけ(鼎/新宿)とか、ラフレシアのゴーヤでゴーヤチャンプル(高井/西荻窪)になるのかなぁ?やはり居酒屋系は串ものも多いのか?

 後アリス的というと文豪の通ったお店的なソレで、「若い山口瞳や伊丹十三、吉行淳之介らもカウンターに並んだ」という金田(自由が丘)とか、「老舗だけあって川端康成、火野葦平、石川達三、立野信之、三浦哲郎などの文士を得意客とし、井伏鱒二は太宰治を連れてきたという」という樽平(銀座)とか、「吉行淳之介、吉本隆明、遠藤周作、奥野健男、小島信夫など戦後文学の旗手たちが大家になる前に、夜な夜な貧しい懐で文学論を戦わし、二階では同人誌の編集会議も開かれた」というさいき(恵比寿)もあったりして…しかもここは「お茶の水の山の上ホテルに缶詰め中の島尾敏雄は、スリッパで抜け出して飲みに来た」もあり、「安岡章太郎は亡くなった先代女将・斎木櫻子さんがガンで入院すると聞くやすぐに駆けつけ、二階で五時間も話し込んでいたという」といういわく付…なのに「作家の色紙一枚飾らない普通の居酒屋であるところがいい」なお店だったりして…何とゆーか、昭和の作家は熱かったなぁと、それに厚かったもあるんですよ(笑)うざいが流行りの今と違って(笑)

 お店経営的なとこで「今の客は外国まで出かけて舌が肥え、酒もそのへんの居酒屋主人より詳しい人がいるから、居酒屋も簡単ではない時代だ」そで、昔ながらの一方、新しいスタイルも出てきている模様…とはいえ「酒もインテリアデザインもすべて一流にととのえたのに、どうも常連がついてくれないと嘆く経営者は不況のせいにするかもしれないが、あながちそうではない。いま人が居酒屋に求めるのは人間的な温もりだ」そで、そゆとこはそれなりに繁昌しているらすぃ…まぁ商売は自分よし、相手よし、世間よしじゃないと円満には回らないとゆー事じゃまいか?かなぁ?バブル以後、特に21世紀になってからは加速的に自分の儲けだけ選好してますけど、何がいけないんですか系が増えたよな…自分以外はどうでもよろしというのは顔に出ちゃうからなぁ…そこに人が寄り付くとは…

 まぁ人生色々、居酒屋も色々、著者的に居酒屋とは「大人は料理よりも居心地を愉しむ。居酒屋の「居」は居心地の「居」。ミシュラン評論家とやらにはわかるまい」と嘯いているとこですかねぇ…誰しも心の中に居酒屋哲学があるという事でしょーか?まぁそんな著者も昭和の香りがじゃないけど、他のとこで「ここの良さは昔と何も変わらず酒を飲めるところにある。昔は女だけで酒を飲みに行くなどなかった。女性は男に連れてきてもらえばいい」そーです、朝井さん(笑)いや、未だに酒が、男が、という人種が生息していたとは思わなかったのでちょっとびっくり…

 成程、居酒屋文化戦線は地層として積み重なり、また褶曲あり撓曲ありで続いていくものなんだなぁ(笑)とゆー訳で、他にもエピ満載ですので興味のある方は本書をドゾ。

 目次参照  目次 飲物

|

« インターネット・チープ革命・オープンソース(笑) | トップページ | ガテン系? »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

食物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 心地よく、秘密めいた場所?:

« インターネット・チープ革命・オープンソース(笑) | トップページ | ガテン系? »