« ごはんがおいしい~ | トップページ | 究極の効率化? »

2015年7月11日 (土)

留め具?

根付  NHK「美の壺」創作班  NHK出版

 一昔前はそんなに知る人ぞ知るな根付でしたけど、今となると一つのブームになってね?な世界なのか?根付?まぁ江戸の遊び心の集大成とゆー気がしないでもないけど、実用品でありながら、どこか趣味なんですの世界だし(笑)

 ちなみに根付とは何ぞや?で、その「厳然たる条件」が「根付にはどこに必ず穴があいているのだ」そな(笑)ちなみにこの穴を「紐通し」とゆーそーな(笑)まっ実用品ですから、よーするに何のかのと言っても所詮は、留め具ですから…でも、日本で作るとただの留め具もここまでするかになっちゃうと(笑)

 とにかく、写真もいぱーいで、見どころ満載なんですけど、何故かどの根付も今一暗い気がするのは気のせいか?もちっと明るいのやら、かわいいのもあると思うんだけど、古色がかるとこんなもんなんですかねぇ?とも一つ不思議なのが、今時白黒の写真がいぱーいってどゆ事よ?コストカットするとこを間違えているんじゃなかろーか?デザイン、編集的に?

 アリス的に、根付…こゆ細かい物ってアリス好きそーだよなぁと思うのは気のせいか?ついでに言うと、根付の謎かけのとこは特にアリスが引っかかるとこじゃまいか(笑)本書でいくなら、草履の裏にかえるがのっている根付…何じゃそりゃ?と思うけど、「草履は長旅を意味しているのである」そーで、「その草履がうらがえる」、「さらに、その上にカエルが乗っている」とゆー事で「<かえる>が強調された根付となっている」とな…その心は「じつはこれ「旅から無事に帰る」という願いが込められた根付なのだ」って…いやもー何ちゅーか、何ちゅーかでしょ?コレ(笑)

 も一つ、朱色で出てきたよーな記憶があるんだけど、夫婦岩…海奈良では恋人岬とか、あの二人は変にそんなとこ巡りしているよーな気がするのは気のせいか?なんですけど、それはおいといて、「伊勢神宮の禊浜である二見ヶ浦には、夫婦岩とともに蛙岩がまつられている。この地では蛙は神聖な生き物なのだ」って、そーだったのか?蛙?

 他にもかまわぬの例とか出てきて、やはり江戸、言葉遊びも色々あらーなの世界でございます。でもって、それを根付にした人達もいたとゆー事で…まぁあの当時は皆手仕事ですから、各人それぞれに一点物の世界だろしなぁ?一人一人が凝りだしたら、そりは(笑)

 猫好きの准教授なら、寄せ猫の根付もあると思いますだろけど、これ写真で見る分には、個人的に持ちたいか?と言われれば、うーん…ちょっと考えさせて下さいの世界かなぁ?リアルって逆にこあいんですけど…

 根付についてのエトセトラは本書をドゾですけど、そんな根付にみせられて自分でも一つ集めようかなぁ?は、ニセモノ注意らすぃ…ので、モノホンをよく見て自分の目をこやしてから行かねばの世界らすぃ…成程、物の真贋が分からないとこれまた飛び込めない世界だったか(笑)

 まっ最近は、美術館や博物館でも普通に展示されている世界ですから、まずはそこからだなんでしょかねぇ?

 美術品とか、コレクター魂とか色々ありますが、根付を見ると「近世の日本や交易諸国の貿易、経済、社会状況、宗教、文化嗜好や民俗学、果ては生物学や環境学まであらゆる情報を伝えてくれる、貴重なビジュアル・データベースとしても、各方面でその存在価値が高まっています」とゆー事らすぃ…論より証拠とゆー事か(笑)

 他にも色々エピ満載ですので興味のある方は本書をドゾ。

 目次参照  目次 文化・芸術

|

« ごはんがおいしい~ | トップページ | 究極の効率化? »

文化・芸術」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 留め具?:

« ごはんがおいしい~ | トップページ | 究極の効率化? »