« 昔々あるところに? | トップページ | 大正浪漫湯煙事情? »

2015年9月24日 (木)

振り向けばカレー(笑)

スパイス選びから始めるインドカレー名店のこだわりレシピ  シャンカール・ノグチ  誠文堂新光社

 コピーは、東京スパイス番長シャンカールが伝授!なんですが、単純にカレーと言うよりも、カレー界と言った感じか(笑)人生色々、スパイス色々、カレーも色々とゆー事らすぃ(笑)一口にカレーといってもその守備範囲は広いって事でしょか?

 で、タイトルにレシピとありますけど、これまたレシピだけではなくて、インドについても触れている感じかなぁ?まぁカレーを中心にしてですけど(笑)そんな訳で軽くレシピ本いっとく?みたいな気持ちでいくと、ちょっとびっくりするかも?下手なインド観光ガイドブックなんかより、情報量が凄い(笑)というより、インド旅行に行く前に本書を流し読みでもいいから目を通しておくと現地で役に立つんじゃまいか?と思う位(笑)

 まぁカレーと言えばご飯本で、ご飯だけに日本人的にはとっつきやすいし、敷居的にもとても低いとゆーかウェルカムだと思うんだけど(笑)

 アリス的にカレーといえば46番目からずっとずっとのカレーな世界ですから(笑)二人のソウルフードだと信じています(笑)レシピ的なとこでいくと、マレーの豆カレーで、ひよこ豆とじゃがいものカレーとか、サンバル(南インドの定番豆料理)、チャナマサラ(ちなみにチャナとはヒンディー語でひよこ豆の事)、菩提樹荘のお肉談義でビーフニハリ(パキスタンのカレー)でしょか?モロッコ水晶もいれて、カレークスクスもあると思いますになるのだろぉか(笑)

 何とゆーか、本書豆知識が満載で、こちらが物凄く面白い(笑)例えば、カレーが辛すぎた場合、水で薄めるはご法度、ではどーするか?というと、ヨーグルト、マンゴーチャツネ、いちごジャムを加えたりすると宜しらすぃ…そーだったのか?カレー?

 インドの話では、キーマってヒンドゥ語でひき肉って意味だとか、インド人はブロッコリーよりもカリフラワーがお好きとか、お豆を料理によく使っているよーですけど、その種類もひよこ豆だけじゃなくてチャナ豆、ムング豆、トゥールダル、マスーダルとあるらすぃ…違いについての詳細は本書をドゾ。それと、日本料理でいう吸い口みたいに、インド料理では「食べられないスパイス」が丸のままのってたりするけど、これは「歓迎」や「もてなし」の気持ちに表れという事らすぃ…そーだったのか?インド料理の作法?

 後、お肉的なとこで「マトン肉(羊肉)はインドではよく食べられる肉だが、家庭では羊よりも、山羊肉を好んで食べることが多い」そな…そーだったのか?インド料理?ハラールフーズなんかでよく販売されているそーだから入手可能という事らすぃが、こちらのお肉、血抜きしっかりやっているので日本でのお肉より「臭みが少ない」らすぃ…という事は肉の臭みって血のせーだったのか?

 も一つお肉ネタで、インド料理のシーク・カバーブ…「肉を串刺しにして焼く料理をトルコではケバブ、イランではキャバーブ、インドではカバーブと呼ぶ」とな…ちなみに「日本でもおなじみのトルコ料理のシシカバブーは、シーク・カバーブが訛ったもの」って事は、もしかしてインドからトルコへいった料理なのか?

 作法的なとこでは、インドでは家族の食器でも自分専用が普通らすぃ…まぁ日本でもお箸とかお茶碗とかは決まっている場合が多いけど、インドだと全ての食器という事になるんだろーか?それはそれで家族の増減で食器棚凄い事になりそーと思うのは気のせいか?他に「インドでは、ボトルなどに入った水を飲むときは口をつけずに、10-20cm上から口に注ぐように飲む」のが普通で、これ「家庭やレストラン」でもそーって事はいつでもどこでもという事か?ついでに言うと「インドでは、水を飲むと消化液が薄められるという考えがあり、食事の間はあまり水を飲まない」らすぃ…そーだったのか?胃酸?

 後、カレーの種類も「そもそも日本人が知っている、バターチキンカレーや、キーマカレー、タンドリーチキンなどの濃厚な味つけは北インド料理だし、しかも、インドでもレストランの味なの」(@サッシー/ケララバワン/練馬)とな…そーだったのか?インド料理?ちなみに「日本のインドレストランは、ネパール人がやっているとこが多いし、日本人がやるインドレストランは、どのレストランも看板も内装も一緒で個性ある店舗があまりない」(@シャラン/ダージリン/本郷)とな…まぁ同じインド料理でも色々あるだろぉしなぁ(笑)

 これまたインドといえばアーユルヴェーダきたこれですけど、「アーユルヴェーダの考えでは、過剰な摂取は身体によい影響を及ぼさないという考え方があり」(@ラクシュミ/モクシュ/葉山)となるそな…何事もほどほどが宜しという事か?ちなみに宴会なんかも「アーユルヴェーダの考えから、胃が活発な昼に行うのがよい」そーで、しかも「ベジタリアン向けのカレーも必ず用意しておくのがインドのマナー」なんだそー…宴会も色々あるんですねぇ…

 軽食なんかは「インドの日中はとても暑いから、外出するのは夕方になってからが普通」だそで、その出掛ける前につまむものみたいなイメージらすぃ…じゃあ夕食はどーよ?というと、夕方からが活動時間だから「インドの夕飯はどうしても遅い」となるそーな…「夕飯の支度は大体夜の9時頃から」で家でも外でもそんなもんらすぃ…何かこの感覚はスペインと似てないか?とか思うのは気のせいか?

 他にもたくさんたくさん本当にたくさんエピ満載ですので興味のある方は本書をドゾ。

 目次参照  目次 カレー

|

« 昔々あるところに? | トップページ | 大正浪漫湯煙事情? »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

カレー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 振り向けばカレー(笑):

« 昔々あるところに? | トップページ | 大正浪漫湯煙事情? »