« とてつもない京都(笑) | トップページ | 京都にいるときゃあぁぁぁ(笑) »

2015年10月10日 (土)

永禄三年創業…

Jinhako大福  山崎甚右衛門商店  \598

 秋になったので、あったかいお茶が美味しい季節になりましたで、お茶うけには和菓子だろで、これになったんですが、どーよ?何かTVで放送されたとかで、売り込みのお兄さんが声枯らしてアナウンスしていたが、そーなのか?日常、あまりTV見ないので全然知らなかったけど、地元的には有名店なのだろーか?うーん?

 まぁともかく、中身は大福、塩、草、豆の三種でございます…これまた日本人的には大福といえばこれだろな定番取り合わせで、うむ、の世界じゃなかろーか(笑)三つ揃って団子もとい大福なんでございますよ(笑)

JinmameJinmamehalf← 豆大福 → 半分

 普通ならば塩大福から紹介となるんだろーけど、准教授にならっての白黒ver.で豆大福からいっきまぁーすっ(笑)で、まず中の餡子はつぶ餡でございます。でもって、餅の中のお豆はちゃんと一つ一つが歯ごたえのあるタイプかなぁ?ちなみに餡子は甘いには甘いかなぁ?

JinkusaJinkusahalf← 草 → 半分

 草大福の中身もつぶ餡でございました。豆大福といい草大福といい、こちらつぶ餡が餡子のメインなのだろか?ガワ的なもちもち感は草の方があるよーな気がするけど、でもあんまり草々はしていないよーな気がするよな?

 塩大福の中身はさらし餡でして、こちらだけこし餡なのか?塩とあるけど、塩っぽさはあまりないよーな?塩気がないという訳でないけど、そんなにはっきり塩じゃーっ主張はしていないよーな気がするけど?でも餡子的にはこれが一番甘くは感じるだろか?うーん…

JinshioJinshiohalf← 塩 ← 半分

 こちらの大福、多分サイズ的には大振りのよーな気がする?ので、多分女性ならば一つ食べたら、お腹がいぱーいになるかもなノリか?

 後、こちらの大福の特徴はこのカワにありかなぁ?何がというと、まず餡子と餅カワの間でくっついていない感じでして、奇麗に二分しているんですよ…でもって、そのカワが噛むとぷつんと切れる。多分、大変歯切れのいい餅カワという事になるんじゃまいか?こちらのお店、元はお米屋さん、ご飯屋さんなのだそーなので、もち米にもこだわっているだろーから、こーゆー指向の大福なんだろなぁ?何とゆーか、今まで食べた大福の中で生地が一番のびない大福かもしれない?まっ食べやすいけど(笑)

Jinhakaoopen ← おーぷんざふた

 何とゆーか、がっつり系なんで、これは殿方向きかもで、甘たるいもの好きの准教授ならば、軽くいっとくになるんだろーか(笑)まぁ個人的には、豆大福を見るとその白黒のコントラストで准教授を思い出すだけなんだけど(笑)

 目次参照  目次 スイーツ

|

« とてつもない京都(笑) | トップページ | 京都にいるときゃあぁぁぁ(笑) »

スイーツ」カテゴリの記事

しろくろ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 永禄三年創業…:

« とてつもない京都(笑) | トップページ | 京都にいるときゃあぁぁぁ(笑) »