« 読む、書く、うつ? | トップページ | 人の御世話にならぬ様。人の御世話をする様に。そして酬いをもとめぬ様… »

2015年11月 7日 (土)

いと、をかし(笑)

日本語は天才である  柳瀬尚紀  新潮社

 翻訳家から見た日本語とは何ぞや?でしょか?何とゆーか、日本という国は最初っから翻訳の国だものじゃねで、これ伝統芸能だと思ふんだけど?どだろ?今は英米系が主流ですけど、江戸以前なら中国と蘭だろし、まぁ奈良の都の昔から文化を輸入して日本化するというのが習い性のよな(笑)

 で、まぁ他所の国の言葉を日本語に直すと、さまざまな壁にぶち当たる訳で、そゆ時、日本語だとわりと小回りきくんですよとな…意味だけ拾うと、その文章が持っていたおかしみみたいなのが消えてしまうと、そゆ時便利ですというのが日本語らすぃ…

 そんな訳で、著者がそんな翻訳例をこれでもかこれでもかと提示して下さっているよな(笑)かくて、翻訳者は日本語で良かったじゃないけど、日々日本語に助けられているんじゃね?で、そんな日本語について熱く語っていらっさいます…臨機応変何でもござれってか?そんな器用貧乏じゃね?な日本語ですけど、「日本語は、世界の言語の中で孤独だと言ってもいいのではないでしょうか。天才だからこそ孤独である言語、孤独であるからこそ天才である言語-しかし孤独であるけれども豊かなる言語…そんなふうに思うのです」とな…

 とゆー訳で、本書は、だがそこがいいの世界が展開していらっさいます(笑)

 アリス的に日本語…まぁこれ商売道具だからなぁ(笑)こだわりがない訳がない訳で(笑)まして相手があのアリスですから、それこそ山よりも高く、海よりも深くあるんじゃまいか(笑)

 日本語についてのソレで芥川龍之介の場合…「「く」の字が折れた釘みたいで、上の重量をちゃんと受けとめる力が乏しいと書いています」とな…縦書きで字を並べて見るとそういう印象になるそな…さすが天才の視線は違う…作家的にはそれがジャスティスってか?

 後は准教授的に猫…猫の字音は、ピョウもしくはミョウだそで、猫の字訓は、ネコなんだそな…漢字の読み方についても色々あるんだなぁと…それにしても愛猫とは和製漢字だったのか?愛猫家とかよく聞くから結構定着しているのかと思っていたら、辞書によっては未だに愛猫って掲載されていないのもあるのか?愛猫という単語が出来てまだ百年未満…だから新しい言葉って…なるほろ、言語界の時間スケールがあるのだなぁ…

 ちなみに著者は自身の告白によると「ぼくは、古代エジプト人みたいに猫を神のごとく崇めていまして、半ば病的な猫好き。ですからもう三十年以上、半猫人を名乗っています」の件は、もしや准教授も半猫人じゃまいか?と(笑)

 本書的に日本語とは何ぞや?ですけど、これ幾つになっても日々是精進という事らすぃ…一時期やたらとニュースが漢字テストみたいなノリに終始した時期があったけど、「日本人でも年齢に関係なく、学歴や社会的地位に関係なく、日本語は不完全だし、よく間違えるということを言いたいのです。そして言葉は間違えながら覚えるということを言いたいのです」とな…尤も著者はこの後にこれを「とくに若い読者にそれを言いたい」と強調していらっさいますが…語彙という事を念頭に置いた場合、やっぱ日々是精進あるのみなのか(笑)

 そんな訳で振り出しに戻るじゃないけど、言葉って何というか、書き言葉って何?でしょか?で万葉仮名キタコレだったりして…日本語に漢字導入したとこから考えてみよーって一体(笑)詳細は本書をドゾですけど、万葉仮名一つとっても一筋縄ではいかない世界でして、これだけでも奥が深い…一旦踏み入ったら足抜けできなそーな雰囲気なんですが(笑)

 でもって、「無一文字だった日本語は、漢字を手に入れて、今度は独自の片仮名と平仮名を作りました。九世紀には定着した独特の文字です」そして、月日は流れで「室町時代の後半、十六世紀には相当な「文字者」になっていた」そで、ポルトガル語キタコレで、その後世界各国こんにちはで…これ全然知らなかったんですが、冗談って仏語のボンサンス(bon sens)から来ていたのか?英語で言うとグットセンスが、冗談…昔の人は洒落っけあったんだなぁ(笑)

 も一つ面白いのは輸入だけじゃなくて、輸出もしていたとゆー事じゃまいか?何か漢字関係というとみんな中国直輸入な気がしていたが、実は中国の外来語辞典に「すでに中国語として定着した和製漢語が九百個近く収録されています」のが現状だったりして…今だともっと増えていそーな気がするけど、中国だからある日突然そんなの関係ねぇーと辞書も真っ白にしそーだよなぁ(笑)

 とはいえ、世の中には英語を公用語以前に漢字廃止論キタコレだったのか?これ日本人で言ってきた人達がいるという事で何だかなぁ(笑)読み書き的には、総ローマ字、総ひらかな、総カタカナでも読み辛いと思うんだが…「なんといっても漢字仮名混じりが、日本語という天才が長い歴史の中で選び取ったかけがえのない書き言葉だと思います」じゃね?と…まさにそこんとこよろしくだよなぁ(笑)

 輸入に対して常にオープンな日本語ですから、日本語になかった記号もすんなり日本語に溶け込んでいるとはこれ如何に?でして、例えばクエスチョンマークとか…「横書きの横文字でしか使われなかった記号が、漢字仮名混じりの中にすっとおさまることに、ぼくは改めて感心します」とな…

 まぁ尤も、このおーぷんざげんごなせーで、最近に日本語はやたらとカタカナが氾濫している状態にもなってはいるが…その辺のとこは如何なものか?とゆーのもあるんじゃまいか?でしょかねぇ…

 ただ、そんな何でもありに日本語で苦手分野が二つあって、一つが神の御加護をとかお慈悲をみたいな科白…本書的に言うなら、くしゃみをしたら、ゴットプレスユーとキタコレで、これどー訳すよの世界(笑)この手の科白は英語では結構あってこれは日本語にするのは難しい…この手の会話の表現をどーするか?とゆー事らすぃ…でもって、も一つが侮蔑表現・罵倒表現とな…海外の言葉に較べると日本語のソレは少ないというのはよく言われるけど、本当だったんですねぇ…この手の悪い言葉っていぱーいある気がしてきたけど、海外に比べるとまだまだなのか(笑)

 後、これに関連してはメディアの放送禁止用語を始めとした一連のソレですかねぇ?所謂言葉狩りになってね?なとこで、こちらの詳細も本書をドゾ。もし全てを廃絶するなら、夏目漱石全集は出せなくなるんじゃね?とゆー事もあると思いますなのか?言葉って一体?ついでに言うと「気違いとかキチガイ-新聞に書くときは、使えません。翻訳でも、とくに児童書を多く出している出版社では使えません。担当者に迷惑がおよぶらしいので、ぼくもやむなく従う。今や大多数の出版物から完全に葬り去られたようです」とな…でもクレイジーとかは平気で使えるよな?

 差別用語で驚いたのは、子供、これも差別用語だという説あるのか?子供じゃなくて、子どもと書けとな…いや世の中凄い事になっていたんだなぁ…

 極め付けは、シェイクスピア作品はどーよ?という話で…「シェイクスピア作品では、セクハラ告訴も侮辱罪も自主規制も心配せずに言葉が跳ね回る。シェイクスピアに現れる悪態、侮辱、罵倒、はたまた卑猥な表現を引くとなると、ぼくも品位を疑われはしまいかと、いくぶんためらいます」な世界が展開していく模様…

 最早古典ならええねんなら、人は皆、男もすなるになるのか?古典もすなるとか(笑)

 他に日本語表現で極め付けなのが敬語じゃまいか?で、これについても昔から何それの世界だったのか(笑)「敬語法の研究」(山田孝雄)からとか詳細は本書をドゾですが、一つ「今の文部科学省に当たる省の役人が、「先生どうか、これを御拝見を願ひます」と言ったそうです。「一國の文教の中心として天下に號令する官吏」が敬語を正しく使えないのは、たんに滑稽と言ってすまされないと批判している」とな…最早、日本人の敬語レベルもそんなもんだよなぁ(笑)

 それにしても敬語の正反対に、尊大語というものがあったのか?こちらは太宰治のきりぎりすをドゾの世界ですが、そゆはき違えた人はいつの世にもいるもんだなぁで、成功や地位に溺れる人もいぱーいってか…

 後は、本書的には激闘のシチとナナでしょかねぇ?こちらの詳細は本書をドゾ。所謂、七をシチと呼ぶか?ナナと呼ぶか?それが問題だ?なんですが、著者的に言うとシチと呼ぶ方が正しいみたいです。でも世の中、ナナが氾濫してまいか?で、これどーしてそーなったとゆーと六十年代まではシチが主流だったとな…それが七十年代に入ってからはナナになったと…で、理由の一つが七十年安保闘争からとな…確かにこれナナジュウネンアンポトウソウって読むよな…で、あの時代にニュースで連呼したのが始まりじゃねって…安保ってあの時代からアレだったんだなぁ…それまでは七人の侍の世界だったのに…言葉の乱れに煩いマスコミも自らのソレについては、どよ(笑)

 他にも方言とか日本語のソレがいぱーい出てくるのですが、詳細は本書をドゾ。最後に一つ日本語表現的なとこで、同音異義語の多い国だものな日本語でしょか(笑)咄嗟には二つが三つ位しか浮かばないんだけど、例えば「こうしょう」だと107も同音異義語があるそーな…「こうこう」で101、「こうし」で87と世の中にはそんなに同音異義語があったのか?

 豆知識的に、日常では玉ねぎの事を日本人はオニオンとか発音するけど、あれ「英語の発音はむしろアニャン」となるのか?何かこの手の話はよくある話なんだろか?最近で言うなら、オスプレイも発音的にはアスプリーらすぃし(笑)

 後、NYでのタクシーの話のとこで、あちらのタクシーにはヒーターがない…ってホンマでっかぁーっ?なので真冬にタクシーに乗車しても寒いって…それ運転手の身体的にもあると思いますなんだろか?労働環境的にヤバくね?

 それといろはじゃないけど、英語にも「アルファベット二十六文字を全部使ったパングラムというのがあります」とな…ただ、日本語みたいに一文字だけで一文を作るのは難しいらしーので、重複するアルファベットもあるとな…「英語では一文字一回限りというパングラムが、コンピュータ全盛の現代においても作られていません」だそな…やっぱ母音を外すのは難しそーとトーシロでも思ふ…

 日本語的豆知識としてはルビ、ルビーからきているとかの豆知識はよく聞くけど、これ「その印刷所でもっている一番小さな活字を七号という」で、この七号の字の大きさをルビというとな…だからルビって印刷所によって大きさちゃうねんの世界だったとは…

 後、面白いと思ったのは喧々諤々…これ喧々囂々と侃々諤々がごっちゃになって出来た言葉だったのか?所謂一つのコラボ?

 というよーに日本語ってな話がいぱーい掲載されています。他にもたくさんたくさん本当にたくさんエピ満載ですので興味のある方は本書をドゾ。非常に平易に書かれているので、出来れば中学校の副読本にどよ?と思うんですが、どよ(笑)

 目次参照  目次 文系

|

« 読む、書く、うつ? | トップページ | 人の御世話にならぬ様。人の御世話をする様に。そして酬いをもとめぬ様… »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

文系」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: いと、をかし(笑):

« 読む、書く、うつ? | トップページ | 人の御世話にならぬ様。人の御世話をする様に。そして酬いをもとめぬ様… »