« 遅くなってもしないよりはまし(笑) | トップページ | 分離し、統治せよ。 »

2015年11月13日 (金)

夢は書庫を駆け巡る?

「知的野蛮人」になるための本棚  佐藤優  PHP研究所

 何とゆーか読書のすゝめかなぁ?メインはこれならばこれを読めみたいなノリでして、実に分かり易い内容です。だいたい一つのテーマに二冊の本が提示されていて、これを読めば、最低限のとっかかりはつかめるとゆー話らすぃ…しかも著者曰く「「つまらない。カネ返せ」というクレームがこないようにするとい基準」で選んだ本達と共にであったりして(笑)

 人を二分する時の一つに、本を読む人、読まない人とゆーのはよく出る話ですけど、昨今は読まない人が主流で、読む人の方がマイノリティのよーな気がする今日この頃だからなぁ(笑)では何故、わざわざ本を読むか?の一つの理由は本書的に言うなら「順応の気構え」にならない為にでしょか?ちなみに順応の気構えとは「理解できないことが生じた時に「誰かが説得してくれる」と無意識のうちに思って、自分の頭で考えることをやめてしまう」事だそな…テレビの言う事を鵜呑みにするのも最たるものでございますですけど、歴史的にてらすなら、ヒトラー登場の独人とゆー事になるらすぃ…

 まぁとにかく、「ひとりの人間の能力や経験には限界がある」とするならば、てっとり早くそれを身につけるにはどーしたらいいか?と言えば、読書でしょとゆー事になるらすぃ…

 アリス的には、書店の歩き方のとこなんかどーなのだろぉ?作家の本屋の利用術というのは密かにありそーな悪寒だけど(笑)アリスだからなぁ、趣味に走ってそーとゆーか、足の向くまま気の向くままじゃね?

 ちなみに著者がこの本の読者が行くべき本屋は、「東京ならば丸善丸の内本店。八重洲ブックセンター。紀伊國屋書店新宿本店。三省堂書店神保町本店。東京堂書店神田神保町店。ジュンク堂書店池袋本店」とあって、海奈良の八重洲ブックセンターとか、紀伊國屋書店が出ているよーな?神保町の二つは片桐さんも御用達だろーしなぁ(笑)後、大阪では「紀伊國屋書店梅田本店。ジュンク堂書店大阪本店」だそな…こちらはアリス御用達だろか(笑)

 それにしても「出版社で社員が20人を超えると、編集者が作りたくなくて、営業も売りたくなくて、取次もありがたがらない、本屋も置きたくない本がどうしてもできてしまう」って、そーなんですか?片桐さん(笑)ちなみにそんなスカ本を引かない為に、「本の「真ん中」をまず読むのです」とは知らなんだ…で、誤植が多ければアウトとな(笑)この辺りの詳細ほ本書をドゾですが、何かもー本当本当本当にご苦労さんって感じだな(笑)

 他にアリス的というと、本書の二番手が猫の本でして、猫との信頼関係について考える?だろか?猫というのは子猫の時から飼われている事によって、それも猫と人間に接している事によって、「両方に愛着をもつようになり、自分が両方の種に属すると考えるようになる」(@デズモンド・モリス「キャット・ウォッチング」)という事とな…そーだったのか?ウリ、コジ、モモちゃん?

 と、ここまでなら微笑ましいエピじゃまいかなんですが、著者過去経験が半端ねぇでござるでして、「私は「人はどんなによい人でも強い圧力が加えられれば必ず裏切る動物だ」という認識を持つようになった。これに対して、猫は、餌を与え、トイレの掃除をする人間との間で確立された信頼関係を裏切ることはない」の件かなぁ…よく言われる人は裏切るが動物は裏切らない…准教授の過去も並々ならぬものがあるのは確かだし、あの猫好きなとこも関係しているんでしょかねぇ?

 他にアリス的というと、アポロンの亀で、亀の項もあるんですが、亀って「爬虫類であり、蛇やトカゲの仲間だ。それにもかかわらず、人間から親しみをもたられている」とな…そーだったのか?亀?言われてみればその通りなんだけど、日頃考えた事がなかったりして…

 後は、京都も忘れてはいかんとゆー事で、京都のイケズ考察は奥が深い…ちなみに京都人を訪ねて、京都人に「喉渇きましたなあ。コーヒーでもどないです」と問われたらどーするか?これは「京都人にとって精一杯のストレートな「撤収!」の合図。この台詞には脊髄反射で鞄を抱え直さなければなりません。喉渇きましたなあと"疲れ"を強調したうえに訊ねるのは、辞退してくれというメッセージだからです」(@入江敦彦/イケズの構造)とな…喉渇いたのは相手へのいたわりではなくて、自分の強調というとこが実に京都人らすぃと思ふ…これが噂のぶぶ漬け文化か?で、これに対抗できるのは体力の余っている米人位じゃね?とふと思ふ(笑)

 他には、朱色その他の蕎麦で、真っ当な蕎麦屋ではざるそばともりそばの蕎麦が違うらすぃ…ザルの蕎麦の方が芯に近いから白っぽく、モリの蕎麦の方が黒っぽいとは…そーだったのか?蕎麦?ちなみに蕎麦屋、外国人の接待にも使えるとな…こゆ微妙さとゆーか、文化が感心を引くんだろか?真逆の駅ソバみたいなのもウケルらすぃ…

 蕎麦の話で露での思い出話が出てくるんだけど、ソ連時代のモスクワに和食レストランは一軒だけあったとな…サクラ(@ホテル・メジュドゥナロードナヤ(国際)1F)だそで、そこでの一番安いメニューが天ざるソバ、お値段なんと27外貨ルーブル(約6000円)って…十割手打ちそばで海老は伊勢海老というノリなんだろか?とふと妄想してしまうが(笑)オチが五色海老だと、もっと笑えるんでしょーか?准教授?

 手打ちでつながりでアレだが、蕎麦屋の修行って、麺はあっても、「汁取り」はないそな…どゆ事とゆーと、あの出し、汁、つゆ?等は跡取りの倅にも教えないという世界なんだそで…それでも暖簾は続いていく訳で…蕎麦屋の歴史もすっごいですねぇーの世界だったんだなぁ…

 それと、あちこちで飲んでいるビールですけど、何のかのと日本のビールのレベルは高いという事らすぃ…でも日本人的にはまだまだじゃね?と思っていそーだが(笑)このあくなき改善・改良欲求って、もー日本人的に免れることが出来ないものなのか(笑)

 まっそれもともかく、チェコの小話がかっとんでいておろろいた(笑)「ソ連の国営ビール会社が、チェコのカルロビバリのビール研究所に「うちのビールを鑑定して欲しい」と依頼した。そして、研究所からきた回答が「貴国の馬は健康である」というものだった」って、はいここわらうとこなんでしょか?チェコの人?ちなみにこの小話、露人には披露してはいけないそで「ロシア人が本気で怒り出す可能性があるからだ」とな…ビールにおける国の威信ってそんなにアレなのか?そーなのか?

 ある程度誰しも経験しているかも系では、草食系の上司の変異でしょかねぇ?「職場でも草食系と思われていた人が管理職になると途端に高圧的になったり、部下にねちねちいじめたりすることがあるが、それは、他者攻撃に際して抑制機能を欠いているからだ」そな…日常においておとなしいとされる草食系の方が、何より身につけなくてはいけないのが、抑制とは?これ如何に?イジメがエスカレートする訳だよなぁ…彼氏的にもヤバいのでさっさと逃げるが勝ちか(笑)

 警告系つながり(?)では、マンガで政治や歴史は学べないとゆー事らすぃ…安易な方法に頼るのではなく「政治や歴史については、専門書をひもとき、質の高い知識を身につけることが求められる」そな…まぁでも世の中その質の高い専門書を書いているセンセイのレベルがどよ?だからなぁ…まっこと御用学者が氾濫して、特に文系は目もあてられないというか、金で歴史が変える世界になってね?と思うのは気のせいか?

 と、嘆いていたら(笑)、ノンフィクションの流儀についての松本清張キタコレで、「丹念に資料を調べ上げた上で、作家の良心にかけて正しいと思うことだけを書いていくというノンフィクションのルールを清張は愚直なほど守っている」とな…まぁ作家に限らず、今良心を切り売りどころか、丸ごと売り出している人多しだからなぁ(笑)まさに人類総儲けちゃいけないんですか?だし(笑)

 後、歴史系のソレは他にもあって「最近は普通の人の歴史を描いた民衆史がブームだ。しかし、歴史的事件のプレイヤーだった高い地位についていた人の回想録を読まないと歴史の本質的な流れをつかむことができない」とな…成程チャーチルとか?個人的にはタレーラン辺りが凄そーと思うんだが、どーだろ?トクヴィル先生(笑)

 先の戦争というと京都なら応仁の乱だけど、普通にWWⅡについては「あの戦争をどう評価するかは実に難しい。ただし、民主主義のアメリカとイギリスが正しくて、軍国主義の日本が誤っていたという図式は間違いだ」位は踏まえていないとあきまへんとゆー事らすぃ…

 それに付随しての竹島問題も、「東西冷戦期、日本政府が国際舞台で竹島問題を取り上げることはほとんどなかった。ソ連、中国、北朝鮮という共産主義体制の脅威があるなかで、資本主義陣営に属する日本と韓国の間で諍いを起こすことが、共産主義陣営を利することになると考えたからだ」とな…結局、竹島だけじゃなく、どの島も中途半端に放置プレイしたツケが今にきている感じじゃまいか?一言で言うなら、外務は仕事しろ、これに尽きるよな(笑)でも仕事をする外務なんて、どこにいるんだぁーっ?なので混迷と錯綜にますます拍車がかかりそーに1ジンバブエドル賭けてもいい(笑)で、最後に外務お約束の騙されたんだぁーっと叫ぶまでが様式美ですね、分かります(笑)

 政治的なとこでは、国民の政治不信をハニー何とかしなくっちゃの世界に突入しているが、政治家本人達や官僚はともかく、マスコミが「各党のマニフェストを比較したり、点数をつけたりしているが、意味のない世界だ」とな…絵に描いた餅をつついても話にはならないよな…政治とは何を成すか?より何を成したか?だよなぁ…何はともあれ究極の、今でしょっ(死語?)は政治にあると思うのは気のせいか?

 ちなみにリーダーとは「品性が高潔で、誰に対しても公明正大な態度をとり、意志、能力において卓越していなくてはならない」ってそんな人本当にどこにいるんだぁーっ?ちなみに「そういう人間でないと、困難な状況を克服し、敵に打ち勝つことはできない」そで…成程、現代日本の最大の問題は、リーダーがいない事だったんだなぁ(笑)

 そんな小山の大将ごっこの成れの果てが例の小沢事件なのか?検察vs小沢…官僚vs.政治家とゆー主権争いだったのだなぁ…えと、国民の生活が第一はどこ行った(笑)

 しかも、それに俺も混ぜろ的な成れの果てがテロリストきたこれになる訳で…血盟団事件とか日本国内でもテロがあった時期がありましたとゆーそのメインの一人井上日召関係の本とか出てくるのですが、詳細は本書をドゾですけど、彼らは「テロによって権力を奪取しようとしたのではない。他人を殺す以上、自分の命も捨て去る覚悟だった」とな…故に相手に恨みとか憎しみなんてない、ただただ「「世直し」のためにはこのようなエリートには消えてもらう必要があると考えた」とな…テロ的には後に五・一五事件も起きる訳ですが、一連のテロ事件を当時の国民はどうとらえていたかとゆーと「暗殺という手段はよくないが、と動機は正しい」と見ていたよーで…

 さて、テロが起きる時、それは「議会やマスコミを通じて国民の声が政治に反映されない時にはテロが起きやすい」という事になるそな…まぁある意味、国民の生活が一番だの第一だと言いながら、全くそんな事がない現代もヤバくね?な時代なのか(笑)ちなみに、そんなテロ事情から言うと、「帝政ロシアはその意味でテロ大国だった」とな…成程、あの国はテロと革命が鉄板という事ですね、さすがおそロシアさまは昔から違う…

 も一つ、現代のテロとなるとあの同時多発テロはどーよ?という事にもなる訳で…これの原因を「サウジアラビアの「お家騒動」であると私は考える」とな…イスラムも派閥争いパネェとゆー事らすぃ…

 でまぁ、今「米国とイスラーム世界の間で、憎悪の連鎖が始まったのである。もっとも、米国が推進してきたグローバリゼーションは、市場競争という普遍的な原理で世界を覆い尽くしてしまおうという思想に基づいている」そで、一方「イスラーム原理主義も、アッラーの意志を体現した唯一のカリフ帝国によって世界を覆い尽くしてしまおうとする普遍主義に基づく」とな…これは「ふたつの普遍主義的イデオロギーの覇権闘争が展開されているのだ」という事になるそな…ガチンコ勝負でファイッて、男社会パネェ…

 さて、裁判について、陪審員制度導入についての件も詳細は本書をドゾ。「私は陪審員制度には反対だ。それは、国家が国民に義務を課す場合、憲法上の根拠が必要とされるからだ。日本国憲法で定められる国民の義務は、納税、勤労、教育だけで裁判員になるという義務はない」とな…憲法改正以前にアレな気がするのは気のせいなのか(笑)

 沖縄問題については、もー県内と県外の温度差が天文学的数字より離れているよーな気がするのは気のせいか?それにしてもWWⅡの米軍では「「死んだジャップこそが良いジャップだ」と言っていたのを「一番いいジャップは、われわれの管理下に生きているジャップだ」と言い換えて実践部隊の兵士を再教育したとのことである」(@大田昌秀/沖縄戦下の米日心理作戦)の件は、それって良いインディアンは死んだインディアンだけだという時代から、何も成長していないで、いーんでしょか?安西先生?

 しかも基地問題以前に沖縄の現状的に「家に帰ると、「私」の女学生の娘が、その晩、米兵にレイプされたことを知らされた。娘は抵抗して米兵に怪我をさせた。それ故に米兵から告発されて、刑事裁判を追及されようとしている。娘が強姦容疑の米兵を告発しても、米軍統制下の琉球政府の強制捜査権は米兵に対しては及ばない。泣き寝入りするのみならず、娘が加害者にされる状況に「私」は追い込まれてしまった」というのが「カクテルバーティ」(大城立裕)の筋書きの一つらすぃ…

 沖縄における女性の人権ってどーなってんだろぉ?と毎回思ふ…最低でも県外より先に、最低でも女性の人権のよーな気がするがなぁ?それにしても、太田前知事って、社会学者だったのか?学者あがりの知事って…そーいえばどこぞの都知事もゴホンゴホン…

 それと、米におけるルーズベルト、それにパールハーバーも一枚岩ではないのか?米正史的には、リメンバー・バールハーバーだけど、やはりあれが作られた戦争であると気付いている人達も米にもいるとゆー事らすぃ…まともな歴史学者、米にもいたんだ?

 さて、米国内の政治もというか、縄張り争いも半端じゃねぇとゆー事で、かのウォーターゲート事件の件も出てきます。あれはある意味DC内の主権争いだったのか?「ニクソン大統領は、米ソ、米中の関係改善を図った。これを面白く思わない反共の牙城であるFBIの官僚が大統領の権威失墜を狙って情報漏洩を行った可能性もあると私は考える」って、事はFBIだけの話なんだろか?確かあのスクープした記者の一人の前歴は…やっぱ政治の首都は伏魔殿、魑魅魍魎うずまいているんでしょかねぇ?ホワイトハウスなのにブラック無糖な世界だもんなぁ…

 対して、露はというと、「ロシアのインテリの特徴は、単に知識や教養があるだけではなく、権力に対して批判的だということだ。インテリ的体質を持ったプーチン氏は、自分自身も含め、権力に対して批判的である」って、これまたホンマでっかぁーっ?そんなプーチンだけど「プーチン氏はロシア帝国の復活に文字どおり命を捧げている。その心意気をロシア人が買っているのだ。圧倒的大多数のロシア国民に支持されている理由はここにある」そで…再生ではなくて、復活、成程露って事でしょかねぇ…

 他に、北朝鮮ミサイル問題とか…2009年当時は「北朝鮮の科学技術は人工衛星を軌道に乗せる水準には達していないのだ」そーですけど、現在はどーなんですかねぇ?ミサイルと衛星の違いについてはアレですが、パンピーの素朴な疑問としては、北朝鮮って天気予報どーしているんだろぉ?と?衛星がアレって事は気象衛星もないんじゃね?で、それで天気予報はどーなるのか?にちにちの事って、庶民にはそれが一番大事じゃないのだろぉか?

 そして、世界でも屈指の頑固もんの国じゃなかろーか?のイスラエルですけど、こちらも一筋縄ではいかない歴史と世界情勢だからなぁ…そして回りもでして「ハマスが9.11を引き起こしたアルカイダとつながるテロ組織であることを押さえておかなくてはならない」とゆー事らすぃ…ちなみにそんなハマスの「背後で糸を引いているのはイランだ」そで…何かもー事件の影にはマトリョーシカってか(笑)

 そしてイスラエルの方も「「全世界に同情されながら滅亡するよりも、全世界を敵に回してでも戦い、生き残る」ということを国是とする国家である」というから、根性の座り方が違いますの世界か…国家そのものがでっとおああらいぶやねんって、それってドンダケェー…

 ちなみに「「イスラエルを地図上から抹消する」という目標を、イラン、ヒズボラ、アルカイダ、ハマスは執拗に追求している」そで、国家存亡の危機が日常って中東パネェ…にも関わらず「この緊張感が日本外交にまったくないことは問題だ」って…一、想定外、二、騙された、さぁどっち?とか(笑)むしろ、日本の外務省が緊張感を持って仕事をしていた事があったとしたら、その方が驚きじゃまいか(笑)

 まぁ国際情勢についての脇の甘さは今に始まった話じゃないし、ミャンマー問題についても「民主化と内政不干渉の原則についてきちんとした理論武装をしておかないと」ヤバくね?とゆー事らすぃが(笑)一、想定外、二、騙された、さぁどっち(笑)

 後は南ア問題もアパルトヘイト問題後のそれで、国内経済格差問題が天井知らずのヤバさになっているとは知らなんだ…他に、国際問題としては海賊問題もヤバくねでして、「国家は、自らの領海で犯罪が起きないように治安を維持する責任がある」「領海で発生した犯罪行為については当該国が責任を負うというのが国際社会のルールだ」そーで、成程尖閣ってか(笑)

 さて、世界も含めての経済の動向は?というのは、大国は日替わり定食であるの世界かなぁ?昨日までグローバル・スタンダードも自国に影させば、即座にチェンジっとゆー事らすぃ…それが罷り通る世界経済凄いッスねぇ(笑)

 かのリーマンショックも、「高利貸国家であるアメリカが欲張りすぎて、利子を取り立てることができない人々にカネを貸し付け、その尻ぬぐいを日本を含む世界全体にやらせようとしているということだ」ですからねぇ…さすが、何様、俺様、米様、歪みねぇでございます(笑)

 その他、豆知識的には、「率直に言って、東大信仰は霞ヶ関では、ずっと昔から存在していない」とな…そーだったのか?官僚?ってか…官僚の挨拶って、君、何期?の世界かとずっと思ってますた(笑)ちなみに著者は東大の学生を「決して天才集団ではなかった」と言い切っていたりして…でも「与えられた教材をきちんと消化して再現する能力は長けていた」そな…さもありなんか?想定内なら天下無敵なんですじゃね(笑)尤も、東大に限らす偏差値高い大学卒は職場で馴染めない人もまたアレらすぃ…

 豆知識的には羨ましいぞ海外の労働時間で、週休二日制の上に水曜日の午後も休みというのが英的にジャスティスなのか?ウルフ先生(笑)英なら夏休みは一か月、露だと二か月とな…日本人からしたら羨ましい限りじゃまいか(笑)それで暮らしていける欧州はやっぱ豊かな国なんだなぁ(笑)

 そんな国民生活に日々邁進しているはずの政治家とは、何か?政治家がギルドになればその国は不安定化するとゆーのはヴェーバーに聞くまでもないとゆー事らすぃ…政治が稼業になれば、なおの事…日本にも昔は「イドベイ」という言葉があったそで、「田畑や山林を売りつくし、残ったのは井戸とへいだけだというたとえ」(@小牧ひろし/代議士毎日何をしているのか)とな…でも今じゃ「政治家が十分に儲かる仕事になったので、子供に跡を継がせようとするのである」に陥ってしまったらすぃ…身内の利権まみれになったら後は分かるなの世界か(笑)

 豆知識的に、も一つ「ファシズムの語源になったファシオはイタリア語で、「束ねる」という意味だ」って、そーだったのか?ムッソリーニ?

 著者らしくキタコレで外務省ネタでは、詐欺についての項で「かつて外務省では、中堅幹部による10億円を超えるとされる報償費(機密費)の詐欺事件が起きた」とな…そーいやそんな事もあったよーな記憶が?元は「内閣総理大臣官邸の機密費」だそで「確かにこれは領収書を必要としないカネだ」とゆー事になるらすぃ…「ただし、国家権力の中枢にあるカネなので、誰もそれを騙し取ることができるなどとは考えもしなかった」とな…しかもこの「外務省の中堅幹部も滅私奉公型の人間で、誰もこの人間が大胆な悪事を行うとは思いもしなかった」とな…外務省も騙された方が悪かったんだぁーっと言うのかなぁと思ったら、元々外務って、毎回騙されたぁーっと叫ぶのがお仕事じゃね?そーいやユネスコのとこでも得意満面に騙されたぁーって叫んでいましたもんねぇ(笑)詐欺師じゃなくても楽々お仕事の世界じゃね(笑)

 後、不倫のとこでは「外務省で不倫癖がある幹部を何人か知っているが、お手つきの部下がブチ切れると、家庭を壊されるのではないかとおびえていた」とな…リアルにやばいまでいかないと止められない止まらないらすぃが…結局、自分に甘いだけなんじゃね?

 それにしても、これ逆というか、風俗業を男性視点から見るとこーなるのか?は「彼女らは、本国の親戚に送金しなければならないので必死なのだ。恋愛を餌にして、とれるところから、できるだけ早く、できるだけたくさんのカネを稼ぐということが彼女たちの職業的良心なのである」そな…職業に貴賤の差別なしと言うけれど…

 さて、翻って、著者のあの鈴木宗男事件とゆーか、北方領土事件に関しては、メディアに散々叩かれたが、その点については「まったく恨んでいない」そな…問題の根本、敵は末端ではなくて、本丸だろと宣言キタコレになるのか?「ほんとうに悪いのは歪曲した情報や偽情報をマスコミに流した外務官僚だ」そで、仇討はマスコミに対してではなく外務省に対して行うのがスジってもんだろって事らすぃ…

 一つの価値観しかないとこの人間ってパネェって事ですかねぇ?でもって、価値観の共有って…成程、昨今やたらと価値観の共有云々を外務省が遡上に乗せているのは、そゆ事でもあるんだろぉか(笑)

 ちなみに露関係のソレの詳細も本書をドゾですけど、「ロシア人の言うことを額面どおりに受け取ってはいけない」とか(笑)肝心なのは「ロシアのメドベージェフ大統領(当時)が北方領土問題について強硬な発言をするのも、実は腹の中で今後のロシアの譲歩をできるだけ大きく見せるための駆け引きなのである」そな…ホンマでっかぁーっ?

 他にもたくさんたくさん本当にたくさんエピ満載ですので、興味のある方は本書をドゾ。具体的にどの本でどう読むか解説されているので非常に分かり易いと思いまする…さて、最後に本書で一番そんなもんだろなぁと納得されたとこを一つ…「利休にたずねよ」(山本兼一)の秀吉と利休の会話を引用しての件なんですが、「他人の心を読み取ることができる人は、決して幸せになれないことを暗示している」とな…かくて「秀吉は利休に切腹を命じる」事になると…おとこのこって大変(笑)

 目次参照  目次 未分類

|

« 遅くなってもしないよりはまし(笑) | トップページ | 分離し、統治せよ。 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

未分類」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 夢は書庫を駆け巡る?:

« 遅くなってもしないよりはまし(笑) | トップページ | 分離し、統治せよ。 »