« 経世済民! | トップページ | トリプルアクセル? »

2015年12月24日 (木)

白夜とサウナとサンタと一緒に(笑)

ウインター・コーラル・ワークス フィンランドの男性合唱名曲集  ポニーキャニオン

 ハッピー・クリスマスという事で、それはともかく本CDで言える事はまずヘルシンキ大パネェに尽きるじゃないでしょか?コーラスってそれなりに聴けるよなぁと、だから幼稚園から皆で歌って、お遊戯会でもそれなりにかっこつく世界だと思われですけど、本当に上手いのは次元が違うんですねぇ…いえ、何とゆーかこれ聴くだけでクリスマス有り難やぁーの世界に突入というか、没入できる気配が(笑)本場もんは違うんですよ、奥さん(誰?)ちなみにこのCDに収録されている曲の1/3がフィンランドで生まれた曲というから、シベリウスだけじゃなかったのね…

 クリスマスエビ的には天使の御告げの作詞が、何とあのマルティン・ルターだそーで、いや歴史が生きているんですの世界か?そのルターのエビもまた凄い…「クリスマスの前の晩、ルターが森を歩いていると、モミの木の上に数えきれないほど多くの星がまたたいていました。その美しさに胸を打たれたルターは、家に帰るとさっそく森から切ってきたモミの木にたくさんのろうそくをつけて火を灯し、森での感動を家族と分かち合いました」とな…所謂一つの聖人伝説の一つだと思われですけど、まぁ木にろうそく、木にりんごという辺りがやはり北から来たのの世界か?

 まぁ何にせよ、今では朝市でモミの木を買って、親子で木の両端持って家に帰り飾るというのは冬の風物詩みたいらしー…さすがフィンランド、サンタの国の人だもの(笑)ちなみにクリスマスはキリストの生誕祭だけでなくて、「戦没者や先祖を思う日」でもあるそーな…ちなみにお墓参りもするそーで、真冬にお墓、寒そーなんて言ってはいけないんだろーなぁ…更に一年で一番大きなお祭りだそーだけど、確かフィンランドの建国記念日?独立記念日?が12月じゃなかったっけ?と思ってみたり…こーして見ると12月というのはフィンランド人にとって特別の月なんだろなぁという気がするんだが?いかがなものか?

 さて、アリス的に英都大もキリスト系というか、多分プロテスタント系のはず?だろし?で学校あげて行事がありそー?そーいや神学部もあるはずだし?更に英都大の合唱部もありそーだしなぁ(笑)学生時代に准教授の麗しのバリトンで勧誘うけてそーだけど、何かあの方はオレは群れるのは嫌いだタイプだからなぁ(笑)

 収録曲

1.ホサナ
2.この世はなんと美しい
3.祝されし、いと高き三位一体
4.賛美のうちに響きわたり
5.ベツレヘムは幼な子が生まれ給い
6.喜びの歌に
7.緑なるオリーブの枝は
8.琴に合わせ歌え
9.喜び勇みて
10.天使の御告げ
11.おお、クリスマス
12.クリスマスの鐘
13.クリスマスを迎える
14.クリスマスの夜に
15.クリスマス聖歌
16.夜の聖母
17.バラの新芽が萌え出た
18.私が思いを寄せる小さなバラ
19.恵みの白鳩
20.クリスマスの夜 祝いの夜<聖夜>

 ヘルシンキ大学男性合唱団
 マッティ・ヒュオッキ 指揮

 目次参照  目次 音楽

|

« 経世済民! | トップページ | トリプルアクセル? »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 白夜とサウナとサンタと一緒に(笑):

« 経世済民! | トップページ | トリプルアクセル? »