« まねまねおーまねまね(笑) | トップページ | それでも市場は回っている? »

2015年12月13日 (日)

スタビはどこ(笑)

為替が動くとどうなるか 時代即応版  角川総一  明日香出版社

 コピーは、日本一やさしい為替をめぐる世界経済のメカニズムがわかる本なんですが、トーシロ的にはまず為替って何?から始めないとの世界か(笑)最近の話かと思いきや、その実「「為替」ということばが、実は明治以降の翻訳用語ではなく、古く鎌倉時代から日本で用いられていた用語」なんだとか…そんな訳で為替とは「国内での遠隔地間での送金や資金決済のためのしくみ」とな…最近は為替というと外為(外国為替)のイメージ強しだけど、実は内国為替という単語もあったりするんですよ、奥さん(誰?)まぁ今だと内国為替は日銀の当座預金を介していったり来たりの世界ですが(笑)

 で外為の場合は、日本国内同士の取引ではなくて、日本と海外の場合のソレとな…やってる事はモノと貨幣の行き来だけど、ここで問題なのは、この貨幣は何?でしょかね?

 でで、次に基軸通貨の話が出てくる訳で、よーするに世界で商売する時に一番通用する貨幣・通貨は、ドルじゃね?とゆー(笑)これが何でかとゆーと、「経済規模では最大の国」と「世界最大の軍事大国であること」からなんだそな(笑)

 まっそんな訳で、世界市場で売買するには、ドルが必須アイテムになる訳で、となると、そのドルを調達しなきゃいけないじゃないですか?で、それが外為市場、インターバンク市場という事になるらすぃ…よーするにお金の築地みたいなもんか?トーシロは競りに参加できないけど、プロは参加できると(笑)ここではお金だから、銀行みたいな金融業者専用とゆー事らすぃ…で、そこで各国通貨が取引されると…トーシロ的には、そっから買ってきたお金をパンピーなんかは銀行で更に買う図式になるよーで…

 でまぁ、日本だと東京市場ですけど、世界にはNY市場もロンドン市場も、その他もろもろありますよってにでして、結局24時間休まずお金売買してますよとゆー話らすぃ…まっ最近はネットも普及したから更にそれが加速していると(笑)

 そして、この為替レートには五つの種類があるそーで、一、現金売相場、二、対顧客電信売相場、三、インターバンクレート、四、対顧客電信買相場、五、現金買相場とな…こちらのインターバンクレートが金融業での築地に当たるとこで、銀行間直物相場のとこで、二と四の対顧客電信相場は、売りの方がTTS、買いの方がTTBとして呼ばれているのはどっかで聞いた覚えもある人多しか?まぁこちらの詳細も本書をドゾですが、これは主に企業間だろか?で、パンピーなんかの相場としては、一と五の現金市場じゃね?海外旅行の時に、ドルとかユーロに替えなくっちゃみたいな時の相場…銀行的には、対顧客電信の売買の時は1ドルにつき1円つけて売り買いすると…だからインターバンクのレートの一円上下とゆー事になるらすぃ…これが現金の売り買いになると1ドルにつき2円の手数料とりますよでインターバンクレートに二円上下する事になると…円レートとゆーか、ドルレートとゆーかが銀行にいってみるとテレビのニュースと違うぞ?とゆーのは、この手数料、為替差益によるものらすぃ…お金の両替もいろいろあるとな(笑)

 アリス的には、外為市場、アリスが資産運用とかマジにしているのならともかく、関係ありそーなのは、マレーの時位だろか、かなぁ?大龍のとこで通用するのはリンギットとゆー事になるらすぃ…ちなみに今だと1リンギットはだいたい30円位か?日本で両替したのか、あちらで両替したのか?はアレだが?現地通貨、個人で必要なとこってチップ位だと思うんだが、後はアリス達屋台で食べていたから、それもあると思いますだろか?他はカードで済ましていると思うんだが?どだろ?

 さて、結局為替って究極の自国通貨の価値じゃね?自国内で自国通貨しか念頭にないのならば、さほど深刻になる必要はないよな気がするが、今時鎖国でもしていない限りは、対外的なソレから、そんなの関係ねぇ(死語?)なんてまずないし(笑)

 で、そんな為替相場を動かすもの、貿易(貿易取引)、サービス収支(サービス取引)、資本取引(投資目的の外貨売買、買収のための資本取引)じゃね?とゆー事らすぃ…個人に関係ありそーなのはサービス収支か、これに海外旅行の両替みたいなのも入るらすぃ(笑)

 後は投資目的のでは、最近というか一昔前に流行った外貨建て資産投資…この投信って九割方個人投資家によるものなのか…これで兆の単位のお金が動いているんだから、日本って(笑)

 さて、為替相場の変動、よーするに相場が一円動く、一ドル動くと企業的にはどよ?の件の詳細も本書をドゾですけど、一例として「ソニーは1ドル当たり1円の円安で売上高が350億円程度増えるといいます」で、こーなってくるとたかが一円の円安、円高で輸出企業は相当に利益が変わってくるとゆー事じゃね?後は、トヨタ自動車の海外売上高比率は上昇しているとな…でもって対米比率が下がり、対アジア比率が上がっているとな…これは何もトヨタだけの話じゃなくて、コマツもリコーも同じとゆー事はたいていの輸出企業は皆似たよーなもんって事か?とはいえ、アジア比率もどこぞの大国がアレなので、この先の比率がどーなるか?は神のみぞ知るだろか(笑)EUに関しては皆まで言うなか…

 個人的な感覚での円安・円高についての件も本書をドゾですが、日本人と世界では感覚が違うよとゆー事らすぃ…「ドイツ人はマルク高になると歓迎するのに対して、日本人は円高で真っ青になる」と言われているらすぃ…まぁ円高で失われた十年だか二十年は相当にアレでしたから、日銀以外は皆、どーよ?の世界じゃね?それにしても独人、今となるとマルクじゃなくてユーロだけど、本当に自国通貨高がオケオケなら対ギリシャ問題もすっきりじゃね?

 さて、モノが売れる時とはどゆ時か?とゆーと、「①他の国ではそれを生産できない場合」「②同じ性能のものを生産したとしても、ある国での生産コストが他国より明らかに安いため、より安い価格で売られている場合」「③同じ価格で売られている製品であっても、明らかに他国の製品より性能がいいと国際的に認められている場合」だそな…

 こちらの詳細と共に経済のメカニズムについての詳細も本書をドゾ。よーするに風が吹けば桶屋が儲かるみたいな、企業がアゲアゲだと、物価も上がるかも?株も売れるかも?その時、株買うために海外投資家は両替しないといけない訳で、とすると、自国通貨高になると、もひとつ企業側としては売れている訳だから外貨が入ってくる訳で、こちらも自国で使うなら両替しなきゃで、自国通貨高になると…よーするに「貿易黒字が拡大している国の通貨価値は上がりがちである」とゆ事だそな…

 ただ、これも米の場合なんか見ると、「企業活動はさほど活発ではないのに、個人がせっせと消費に励むことによって、景気がよくなっている場合」じゃね?とゆー事らすぃ(笑)米は世界から輸入して、国民が消費するとそれで成り立っているお国らすぃ…「個人消費が増えているため、円以外の多くの国の通貨に対して米ドル安が進むという傾向にあります」とな…何が起きているかとゆーと「輸入の拡大によって貿易赤字額が増加、これがその国の為替相場下落を促す」とな…よーするに輸出国の通貨は上がり、輸入国の通貨は下がるというのが世のことわりとゆー事らすぃ(笑)

 また、お金の流れ的な話だと「お金は、原則として、より高い金利を受け取れる通貨に流れる」そな…変動相場制のグローバル経済で、それがすぐに表れるのが、「有価証券の売買、有価証券の発行等を通じた為替売買」なんどな…よーするにこちらは資産運用するなら金利が高い方が良くね?って事で、金利の高い国の債権買うかとなって、その国の通貨と両替して買う訳で、金利の低い国の通貨を売って金利の高い国の通貨を買う事になるとな…

 更に、為替を動かす要素として、インフレきたこれで、「ある国の物価上昇率が他の国の物価上昇率に比べて高いときには、物価上昇率が高い国の通貨価値(為替相場)は低くなることが多いとな…いわゆる一つの購買力平価説って奴ですか?そーですか(笑)こちらの詳細も本書をドゾですが、こちらの面白豆知識的には「IMFの試算では、購買力平価説で円とドルの為替相場を弾くと1ドル=133円が妥当な水準である」とゆー事になるらすぃ…先月で120円位じゃなかったかなぁ?だから、円安が進んでいると大騒ぎだけど、まだまだ円高じゃね?とゆー事か(笑)

 後は、株価で動くと「海外の投資家が日本株への買いを増やそうとする」時に、円高、外貨安になると…でもって、それは予測の段階でオケとゆー事らすぃ…狼が来たそぉーっでダダダっと走る、あると思いますなのか(笑)

 まっ何にしても経済は皆どこかしらでつながっていて、一つの輪が転がりだしたら、親亀こけたら皆こけたの世界じゃないけど、波及効果半端ないとゆー事なんだろか?その点からしたら、為替と物価と金利はくるくる回る一セットとゆー事になるのかなぁ(笑)

 他にはとゆーと、昨今話題の円高・円安…その影響についての詳細も本書をドゾ。まっ輸出業者にとって円高はありがたくないとゆーのは今更か(笑)とはいえ、長い円高のおかげて、「生産拠点を海外に移転させることで」損失回避するよーになったし、「為替先物やオプション等の高度な金融技術を駆使すること」でもこれまた回避するよーになったとな…まぁそれによって自国民リストラ、切り捨てで企業は儲かっても、パンピーは貧乏のままってどーよに至る訳で…

 も一つどーよ系では、財政破綻、増税破綻、円安破綻の一挙に来るコレの「トンデモ本」のカラクリについての詳細も本書をドゾ。これもある意味究極の狼が来たぁーっの世界の住人の話なのか(笑)

 後は、実効為替レートで自国通貨の強弱を占うとゆー事らすぃ…ちなみに実効為替レートとは「複数通貨との間における自国通貨の変動を各貿易相手国、地域との貿易量に応じて加重した上で算出される為替レート」の事らすぃ…これまた詳細は本書をドゾですけど、日本の場合、この実効為替レート「日本銀行が毎日算出している」そで、ネットで見れるとな…そーだったのか?日銀(笑)

 でもって、身も蓋もない話としては、「日本とまったく貿易がない国との為替相場がどれだけ動いたとしても、わが国の輸出入企業の輸出ならびに輸入採算には、まったく影響がありません。この場合は、この実効為替レート(日経インデックス)もまったく動きません」とな…貿易とゆーか、為替ってシビアだなぁ(笑)

 逆に、連動してる系では、「「円安・ドル高」と「米国株高」、「円高・ドル安」と「米国株安」がセットになって動くことが多い」とな…その心は円キャリー取引ありとか(笑)こちらの詳細も本書をドゾ。下心とゆーは思惑パネェ(笑)

 思惑系では、米ならこれでしょの大統領選(笑)まさに今でしょ(死語?)ですけど、「おおむね大統領就任から3年~4年目にかけドル安・円高の傾向」だそで、「おそらく、選挙を有利に戦うために経済刺激的な経済政策を促す一環として、為替面では直接、間接の手法を講じて米ドル安政策をとろうとする」かららすぃ(笑)とはいえ、今だとイエレンとフィッシャーの思惑はまた、どよ?じゃね(笑)

 も一つあると思います系では原油価格いかがっスかぁ?ですかねぇ(笑)ちなみに「「原油高」が進行している時期には「ドル安・円高」であることが多い」そな…原油高って石油全面的に輸入に頼っている日本よりも「エネルギー効率の悪い産業構造」の米の方が「原油高等が及ぼすマイナス影響は日本よりはるかに大きい」って、そーだったのか?米?そんな効率悪いのに石油というか、ガソリンじゃぶじゃぶ使っているのは、米ってエネルギーに対して基本危機感ないんだろか?パネェな米人…

 まぁ時代は、金利差より購買力だそーなので、米人的生き方がジャスティスなのかもしれないが(笑)

 豆知識的なとこでは、日本の企業の外貨建てはどよ?ですけど、「輸出業者の多くは、ドル建てで輸出を行っています」「円建てが40%、ドル建てが50%程度」に対して輸入業者の場合は「円建てが25%、ドル建てが'70%」とな…て事は輸入業者は常にドルが必須アイテムって事じゃね?

 も一つ豆知識的なとこで、ドル安じゃね?という世界の見方とゆーのは円高ドル安というのではなくて「欧米人の常識からすれば、「ユーロに対して安くなった」と理解するのがまず第一なのです」とゆー事らすぃ(笑)まさに欧米か(死語?)な世界じゃまいか(笑)ECBの後ろ盾のあるユーロ様は一味違うってか(笑)

 豆知識的に面白いと言っていいのか?はカントリーリスクのコラムのとこかなぁ…日本の場合、格付投資情報センターで行っているのか?上位が北欧四か国で占めているのはともかく、スイスの方かその下なのか?でもって、その下がオーストリアで、その下が米って…米、オーストリアよりリスクあると見られているのか?その下に加があるのはともかく、更にその下が英、仏、独の順で…独って英仏より下って、うーん…プロの見方ってパネェ…

 ちなみにワーストの方はイラク、北朝鮮、キューバ、ジンバブエ、ミャンマーの順とゆーのが、何もかもなんだかなぁな気がするのは気のせいか?それにしてもキューバってそんなにやばかったのか?これまた昨今のソレ的にいくとオバマ的にはオケとゆー事なんだろか?

 本書の最終章は人民元の切り上げの仮説が掲載されていますので、こちらも今でしょ(死語?)になるのかなぁ?なので、興味のある方は本書をドゾ。まぁそれ以前に市場とは何か?辺りの価値観の共有?辺りがアレな気がしないでもないが?どよ?

 他にもたくさんたくさん本当にたくさんエピ満載ですので、興味のある方は本書をドゾ。

 目次参照  目次 文系

|

« まねまねおーまねまね(笑) | トップページ | それでも市場は回っている? »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

文系」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: スタビはどこ(笑):

« まねまねおーまねまね(笑) | トップページ | それでも市場は回っている? »