« ニッポンの知性。 | トップページ | 英知ある種、または知恵ある人(笑) »

2016年1月 8日 (金)

京都の気風(笑)

とうふ料理  藤野久子  講談社

 サブタイトルが、京都人だから知っているおいしい食べ方なんですが、お正月モードも日常モードに切り替わりつつある今日この頃、昨日は七草粥でしたが、やっぱ胃的には疲れているじゃまいかで、ここはお腹に優しい豆腐でも、どよっと(笑)

 ちなみにこちら京都のお豆腐屋さん、京とうふ藤野の女将さんによる豆腐料理のレシピ集という事になるよーで、でもって、こちらの京とうふ藤野のポリシーが「とうふを嗜好品にしないことがこだわりです」(@藤野清治/二代目店主)だとな…「毎日の食卓で食べてもらえる普段着のとうふ。体に良い、安全でおいしいものをリーズナブルな価格で提供することが、私の使命だと思っています」(@藤野清治)だとな…何か京都のお豆腐というと、豆腐なのに目の玉が飛び出る程高級というイメージでいたけど、そーでもないのか?

 まぁ豆腐で日常というと、やはり豆腐のお味噌汁が普通にある生活じゃなかろーか?日本人としては(笑)こーゆー食卓が消えたら、やばくね?

 アリス的には、こちらのお店が京都にあるとこかなぁ…とゆー事で、もしかして、婆ちゃんとか朝井さん御用達かもしれなかったりして(笑)

 レシピ的には、ラフレシアのゴーヤーのチャンプルーで、かまぼこでとうふチャンプルーとか、ダリ繭の卵焼きで、おとうふだし巻き卵とか、スウェーデン館のシチューで、かぶとおぼろとうふのとろとろシチューとか、朱色のサラダで、おからサラダとか、ダリ繭その他で出てくるサンドウィッチで、おとうふタルタルのサンドウィッチ、豆乳クリームのフルーツサンドとか、暗号等での串関係で、しいたけ&厚揚げ&牛肉の串、ピーマン&牛肉&豆腐の串焼きなんてどーでしょお?他に串系では、豆乳チーズフォンデュとかもあったりして…うーん、これ見て思うのは次の朝井さんとの飲み会は串つながりでチーズフォンデュかもしれないなぁと予測してみたり(笑)

 他にというと、二人のソウルフードのカレーきたこれで、とうふのドライカレーでしょか(笑)

 それにしても豆腐って、何でもなるんだなぁとちょっとおろろいた(笑)それといろいろと豆腐テクな話も出ていて、その一つがおうちで造る凍りとうふとゆーのがあって、これはまさに目から鱗でした…凍り豆腐って自宅の冷凍庫で作れるのか?鍋ものに絶対合うよなぁ(笑)

 それと個人的にこーゆー使い方があったのか?はおからのふりかけ(笑)いやぁ昔からお豆腐屋さんで見かけるあのおからとは、何ぞや?と?ちなみに小学生の時のお芝居というより小芝居におからだーって科白があって、クラスメイト全員、おから知らなかったとゆーリアルな思い出もあって、ちなみにそこにはサザンカとナナカマドもあったよなで、こちらも何だ?と小学生の頭の中はクエスチョンマークがいぱーいってか?今にしても思えば、担任教師は大正浪漫な脚本を選んだのだろぉか?

 とゆー黒歴史はともかく、おからを炒ってオーブンで焼くとふりかけになるのか?勿論調味料は入りますが(笑)豆腐というと絹と木綿位しかパッと浮かばない辺り、何だかなぁ…豆腐の種類ってすっごく多かったんだなぁ…これまた今更ですけど…

 他にもたくさんたくさん本当にたくさんレシピもエピもありますよってに興味のある方は本書をドゾ。

 目次参照  目次 食物

|

« ニッポンの知性。 | トップページ | 英知ある種、または知恵ある人(笑) »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

食物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 京都の気風(笑):

« ニッポンの知性。 | トップページ | 英知ある種、または知恵ある人(笑) »