« うましくに、みけつくに~ | トップページ | 正義よ、あれかし。世の悪党どもすべてが滅びようとも(笑) »

2016年1月 3日 (日)

踊りましょう~

ニュー・イヤーコンサート2004  ムーティ  ユニバーサル・ミュージック

 ムーティの指揮のニューイヤーコンサートって93、97、00、04年と今回で四回目になるのか?結構、御贔屓さんなのか(笑)97年のを去年聴いたよーな記憶があるんだけど、それに比べるとリズムが速くなっていまいか?かなぁ?まぁトーシロの耳なのであてにはならないが…

 ちなみに2004年のテーマは「父ヨハン・シュトラウスと彼の息子たち」だそで、成程、ヨハン・シュトラウス一世の曲が並んでいる訳ですね、分かります(笑)何か一世の方のイメージとしてはラデツキー行進曲がパッと浮かぶんだけど、ワルツもポルカもあるんですよ、奥さん(誰?)

 それにしても選曲はちゃんと色々意味があったんですねぇ…例えば本CDではジプシー・カドリーユですけど、こちらボヘミアの少女(マイケル・パルフ)からのモチーフから作れらた曲だそーで、アイルランド人作曲家の曲を今年の上半期のEUの議長国をアイルランドがつとめる時に合わせてという演出なんですね…スケートワルツは2004年がヨーロッパ・スポーツ教育年だからだそーで…さすがウィーン、音楽で外交しているんだなぁ…

 アリス的にはどだろ?だけど、その内オーストリア・ムジークの謎とかあるんだろか?むしろ、ダンスで舞踊会の謎の方がありえるか(笑)会議も踊るんだから、新年、お祝い事なら尚更じゃね?と(笑)シュトラウスの曲を聴くと聴くもありだけど、まず踊る為の曲に聴こえるよな(笑)

 収録曲

 CD1 第一部 Part1
1.行進曲「とても美しかった」 作品467 ヨハン・シュトラウス二世
2.シュベアル・ポルカ 作品133 ヨハン・シュトラウス一世
3.小夜鳴き鳥のワルツ 作品82 ヨハン・シュトラウス一世
4.フレデリーカ・ポルカ 作品239 ヨハン・シュトラウス一世
5.カチューシャ・ギャロップ 作品97 ヨハン・シュトラウス一世
6.ワルツ「宮廷舞踏会の踊り」 作品161 ヨーゼフ・ランナー
7.タランテラ・ギャロップ 作品125 ヨーゼフ・ランナー

 CD2 第二部 Part2
1.喜歌劇「女王陛下のハンカチーフ」序曲 ヨハン・シュトラウス二世
2.ジプシー・カドリーユ 作品24 ヨハン・シュトラウス二世
3.ワルツ「加速度」 作品234 ヨハン・シュトラウス二世
4.サタネッラ・ポルカ 作品124 ヨハン・シュトラウス二世
5.スケートのポルカ 作品261 ヨーゼフ・シュトラウス
6.チャールダーシュ ヨハン・シュトラウス二世
7.ポルカ「喜んで」 作品228 エドゥアルト・シュトラウス
8.ポルカ・マズルカ「三色すみれ」 作品183 ヨーゼフ・シュトラウス
9.シャンパン・ポルカ 作品211 ヨハン・シュトラウス二世
10.ワルツ「天体の音楽」 作品235 ヨーゼフ・シュトラウス
11.ポルカ「突進」 作品348 ヨハン・シュトラウス二世

 アンコール
12.インド人のギャロップ 作品111 ヨハン・シュトラウス一世
13.新年の挨拶
14.ワルツ「美しき青きドナウ」 作品314 ヨハン・シュトラウス二世
15.ラデツキー行進曲 作品228 ヨハン・シュトラウス一世

 ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
 指揮 リッカルド・ムーティ

 目次参照  目次 音楽

|

« うましくに、みけつくに~ | トップページ | 正義よ、あれかし。世の悪党どもすべてが滅びようとも(笑) »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 踊りましょう~:

« うましくに、みけつくに~ | トップページ | 正義よ、あれかし。世の悪党どもすべてが滅びようとも(笑) »