« 星は何でも知っている? | トップページ | コハダ、アナゴ、タマゴ(笑) »

2016年2月 8日 (月)

まるのみごっくん?

世界の食中植物  食中植物研究会 編  誠文堂新光社

 食中植物というと、あの葉がパカっとサンドして捕まえちゃうのとか、壺形のそれにドボンが思い浮かぶんですけど、それだけじゃなかったんですねぇ…まっ植物の種類もいぱーいで驚いたんですが、何よりビックリしたのは食虫植物って、アマゾンとかアフリカの森奥深くのイメージでいたら、何と全世界が舞台だったのか?だから、日本にも普通にあるみたいなんですよ…

 まぁそんな世界中を歩いて、食中植物を撮影してきましたが何か?みたいなのが、本書の写真らすぃ…でもって、それが食中植物研究会の会員の皆様の努力の賜物…取り合えず、食中植物研究会なるものがあったとゆーだけで、パネェでござるの巻か(笑)世の中には、いろんな友の会があるもんなんだなぁ(笑)そして、ギアナ高地まで撮影している訳ですから、追いかけますの本気が違うってか(笑)

 さて、食中植物って何?とゆー全くのトーシロなので、いつものよーに目次に逃げるのパターンでいくと、「<特集>ギアナ高地の食虫植物、閉じ込み式補虫をする食虫植物 ハエトリグサ属 ムジナモ属、吸い込み式補虫をする食虫植物 ミミカキグサ類 タヌキモ類、粘り着け式補虫をする食虫植物 モウセンゴケ属 ドロソフィルム属 ムシトリスミレ属、<特集>ヨーロッパのPinguicula ロリズラ属 ビブリス属 イビセラ属 プロボスシデア属、落とし穴式補虫をする食虫植物 ネペンテス属 セファロツス属 サラセニア属 ダーリングトニア属 ヘリアンフォラ属 ブロッキニア属 カトプシス属 パエパランツス属、誘い込み式補虫をする食虫植物 ゲンリセア属、<特集>日本の食虫植物・自生地と保護」なんですが、吸い込み式とか、掃除機か?と思ってしまったりして(笑)

 アリス的には、ホテル・ラフレシアのラフレシアでしょかねぇ?でも、本書にあのおっきなお花は掲載されていませんが(笑)ただ、あの壺形の落とし穴に虫を誘い込む系のネペンテス属にネペンテス・ラフレシアナとゆーのがあるんですよ、奥さん(誰?)

 後は、タヌキモの撮影地に京都があったりしてかなぁ(笑)京都にも普通に食中植物が生えているとは(笑)とはいえ、日本全国にいろんな食虫植物あるみたいで、愛知県豊橋市、千葉県成東町、静岡県東伊豆町、茨城県高萩市、兵庫県姫路市、岩手県平泉町、尾瀬ヶ原、北海道苫小牧市、愛知県美浜町、愛知県武豊町、福島県、岐阜県、群馬県、栃木県、山梨県八ヶ岳etc.とか掲載されていたり(笑)結構あちこちに自生しているもんなんだなぁと、でもトーシロが発見するのは難しそー?とゆーのも、これら植物、お花も含めて実に地味なんですよ、トーシロから見たらぺんぺん草レベルの雑草の花みたいな?全世界的に自生地って、何か嵐が丘のヒースじゃないけど、こー草原の中の一つみたいで、日本的に言うとススキの原の中にポツンみたいなノリか?

 まぁともかく、そんな日本でも「国の天然記念物に指定されている千葉県「成東・東金食虫植物群落」(1920年指定)とか「栃木県足尾町「コウシンソウ自生地」(1921年指定)、埼玉県羽生市「宝蔵寺沼ムジナモ自生地」(1966年指定)とかあるみたいです。その他国じゃなくて県指定保護地とか…それにしても足尾ってあの足尾鉱山のとこなんだろか?だとすると公害と自然保護地が表裏一体って…

 いやまぁ、とにかく凄い種類でして、それが世界中でみんなみんな生きているんだの世界でして、食虫植物パネェ…素直におろろいた…よくもこれだけ集めたもんだと、本書の著者達の情熱も半端ないとしかいいよーがない(笑)惜しむらくは、写真がトーシロ臭いところと、後、モノが食虫植物だけに、捕食する瞬間の画像、更にそれが動画の方がインパクトあるだろーなぁ?とゆー事で、図鑑もあると思いますだけど、これはDVDだったら凄い迫力だろなぁと思いますた…

 他にもたくさんたくさん本当にたっくさぁーん食虫植物掲載されていますので、興味のある方は本書をドゾ。個人的には、ウトリクラリア・サンダソニイのお花を一目見てみたいものよのぉ越後屋かなぁ(笑)いえ、このお花、まるで白うさぎの後ろ姿みたいな形なんですよ(笑)

 国名シリーズ的には、
ロシア・ピンギクラ・バリエカダ(サハリン州)、
ブラジル・ウトリクラリア・プルプレオカエルレア(ミナスゼラエス州)、プシラの花(ミナスゼラエス州)、ウトリクラリア・アメティスティナ(ディアマンティア)、ウトリクラリア・ネフロフィラ(ブラジル原産)、ドロセラ・クリソレピス(シボ国立公園)、ドロセラ・グラミニフォリア(ディアマンティア)、ドロセラ・ビロサ(ミナスゼラエス州)、ドロセラ・モンタナ・モンタナ(カラサ国立公園)、ドロセラ・モンタナ・コンゴエンシス(ディアマンティア)、ドロセラ・コニムス(ディアマンティア)、ヘリアンフォラ・ダテイネブリナエ(モンチラテプイ)、パエパランツス・ブロメリオイデス(シボ国立公園)、パエパランツス・レガリス(シボ国立公園)、パエパランツス・ポリアンツス(シボ国立公園)、ゲンリセア・レペンス(ディアマンティア)、ゲンリセア・フィリフォルミス(シボ国立公園)、ゲンリセア・ビオラセア(ディアマンティア)、ゲンリセア・アウリア(ディアマンティア)、ゲンリセア・ウンシナタ(シボ国立公園)、
英国・ピンギクラ・ブルガリス(ピークディストリクト)、
マレー・ネペンテス・アルボマルギナタ(クチン)、ネペンテス・マクファラネイ(マレー半島)、ネペンテス・グラシリマ(マレー半島原産)、
スイス・ピンギクラ・レプトセラス(グリムゼル湖畔)、

 目次参照  目次 生物

|

« 星は何でも知っている? | トップページ | コハダ、アナゴ、タマゴ(笑) »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

生物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: まるのみごっくん?:

« 星は何でも知っている? | トップページ | コハダ、アナゴ、タマゴ(笑) »