« 忤うこと無きを宗とせよ… | トップページ | まずは一つ♪ »

2016年2月 3日 (水)

春は春♪

ヴィヴァルディ 四季&トランペット協奏曲集  カラヤン  EMI

 今日は豆まき、明日から暦の上では春が来たぁーって事で、春には春じゃまいか?で春と言えば四季、ヴィヴィルディきたこれですよ、奥さん(誰?)しかもカラヤン…何かそれだけでピカーンな気分になれるのは何故なんだろぉ?やっぱ巨匠の響きってトーシロが聴いてもパネェと思ふの(笑)

 とはいえ、四季とゆーかバロック全般に言えるのかもしれないけど、古楽やら、その時代に戻れ、もしくは還れが盛んになってきた現代では、このカラヤンの四季みたいなオケでバーンっとゆーのは、ありえへーんの世界になっていたのか…となると巨匠が大編成オケでドカンとなな四季は逆に今となっては貴重なのかもしれないってか?

 てな訳で「この細部にまで磨き上げられた、流麗かつ豊かな「四季」は、第一線のモダン・オーケストラならこうして古い音楽を演奏する、と流行に逆らって宣言した、一種のプロテストなのかもしれない」って…そーだったのか?カラヤン?

 さて、アリス的には四季というと四風荘からなんですが、カラヤンの四季となると、どよ(笑)ただ、これのヴァイオリンを担当しているのがまだ若い頃のムターだったりするんで、むしろこれは逆に女子大生の貴島さん辺りの方が合っているんだろぉか(笑)

は 収録曲

 CD1
 ヴィヴァルディ・ヴァイオリン協奏曲集「四季」作品8-1~4
協奏曲 第一番 ホ長調 作品8-1 「春」
1.第一楽章 アレグロ
2.第二楽章 ラルゴ・エ・ピアニッシモ
3.第三楽章 田園舞曲(アレグロ)
協奏曲 第二番 ト短調 作品8-2 「夏」
4.第一楽章 アレグロ・ノン・モルト
5.第二楽章 アダージョ
6.第三楽章 ブレスト
協奏曲 第三番 ヘ長調 作品8-3 「秋」
7.第一楽章 アレグロ
8.第二楽章 アダージョ・モルト
9.第三楽章 アレグロ
協奏曲 第四番 ヘ短調 作品8-4 「冬」
10.第一楽章 アレグロ・ノン・モルト
11.第二楽章 ラルゴ
12.第三楽章 アレグロ

 マスネ
13.タイスの瞑想曲

 CD2
 フンメル・トランペット協奏曲 変ホ長調(ウーブラドゥー編)
1.第一楽章 アレグロ・コン・スピーリト
2.第二楽章 アンダンテ
3.第三楽章 ロンド(アレグロ・モルト)

 モーツァルト・トランペット協奏曲 ニ長調(ザイフェルト編)
4.第一楽章 アダージョ
5.第二楽章 アレグロ・モデラート

 テレマン・トランペット協奏曲 ニ長調(グレーベ編)
6.第一楽章 アダージョ
7.第二楽章 アレグロ
8.第三楽章 グラーヴェ
9.第四楽章 アレグロ

 ヴィヴァルディ・トランペット協奏曲 変イ長調(テイルデ編)
10.第一楽章 アレグロ
11.第二楽章 サラバンド
12.第三楽章 プレスト

 ヘンデル・「水上の音楽」組曲(ハーティ編)
13.アレグロ
14.エア
15.ブーレー
16.ホーンパイプ
17.アンダンテ・エスプレッシーヴォ
18.アレグロ・デチーソ

 アンネ=ゾフィー・ムター ヴァイオリン

 モーリス・アンドレ トランペット

 ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団 
 ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団

 指揮 ヘルベルト・フォン・カラヤン

 目次参照  目次 音楽

|

« 忤うこと無きを宗とせよ… | トップページ | まずは一つ♪ »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 春は春♪:

« 忤うこと無きを宗とせよ… | トップページ | まずは一つ♪ »