« コハダ、アナゴ、タマゴ(笑) | トップページ | サクっとな(笑) »

2016年2月10日 (水)

4500種類以上あるって(笑)

美しい石のサイエンス 鉱物図鑑  青木正博  誠文堂新光社

 所謂一つの科学図鑑みたいなノリだと思われなんですが、石ってこんなに種類あったんだとゆー、凄い量のよーな気がする?でもって、本書タイトルに美しいとあるよーにただの石なのに写真がとても綺麗なんですよ、奥さん(誰?)これは、これで十分鑑賞に値する出来だと思われかなぁ?世界ってふつくしいものだったんだなぁ(笑)

 でまぁ、画像だけ見るだけでも価値ある一冊だと思うんですが、解説もありますよってにでして、まずトーシロ的に、鉱物と岩石ってどこが違うとゆーと、「端的に言えば、地殻を構成する最小単位が鉱物である。岩石を細かく砕いてゆくと、均質な粒子にたどり着く。その粒子の中では、どこをとっても同じ組成と同じ物性を持っている。その先、どんなに細かく砕いても、性質の異なる粒子は現れない。その粒子が地殻の最小単位となっている鉱物である」なんだそー…鉱物ってちっちゃいものクラブ会員サマとか(笑)

 で、もっと厳密に言うと鉱物とは「天然に産出する、固体無機物質である」「その組成は、化学式によって記述できる」「構成元素の配列が規則的である。つまり結晶質である」「物理的な性質が、狭い範囲に収まる」の四ポイントとな(笑)

 でで、こーして見ると「琥珀は有機物なので鉱物に含めない」し、「オパールは天然に産出する無機固体物質であるが、非結晶質なので鉱物とは区別し、準鉱物としている」そで、更に「水銀は、液体なので鉱物としない」と区分けされる模様…鉱物さんいらっさぁーいってか(笑) 

 アリス的には、鉱物とゆーと宝石系かなぁ?ミステリ的にいくと?もしくは金とかで、乱鴉のミダスタッチなとこでどだろ?まぁ単体でも安定に存在するとゆー事で、単元素鉱物って事になるのだろか?金としては?ちなみに金の「地殻中での存在度は低く、1トン中に1-5mg程度しか含まれない」んだそー…貴金属の名前は伊達じゃないってか(笑)

 他にアリス的というと、方解石かなぁ?「英仏海峡に面した白い海食崖は、ほぼ純粋な方解石で出来ている」って、そーだったのか?ウルフ先生?国名シリーズ的にいくならブラジル石なんてもあると思いますかなぁ(笑)

 さて、鉱物の詳細については本書をドゾじゃね?で、もー後は興味を引いたとゆーか、目に着いたとこをチョイスするしかないよな気がする(笑)

 例えば、自然砒の場合、「加熱するとニンニク臭の蒸気(有毒)を発生することで、産状と肉眼的特徴が類似した自然アンチモンと区別できる」って、石も臭うものだったのか?方鉛鉱の場合は、「方鉛鉱の鉛含有率が86%と高く、鉛の融点が低いため、精製技術の未発達な古代でも、たき火に方鉛鉱を放り込むだけで金属鉛が得られた」ってホンマでっかぁーっ?

 後、閃亜鉛鉱の記述が今一ピンと来ないんだが「赤~赤褐色で透明な結晶は、ルビーブレンドとよばれ宝石として珍重される。閃亜鉛鉱の屈折率はダイヤモンド並みに高く、カットにより強いきらめきが出るものの、宝石としては柔らかすぎる」って…結局宝石的にあると思いますなんだろか?うーん?ちなみに宝石といえば鋼玉(コランダム)じゃね?で、これの赤いのがルビー、青いのがサファイアとゆー…クロムかチタンかで色が変わるってか(笑)

 宝石系で似たよーな話では緑柱石かなぁ?「淡青色のものはアクアマリン」「濃緑色のものはエメラルド、黄色はヘリオドール、ピンクはモルガナイト、無色透明はゴッツェナイト」と呼ばれるそな…

 他に、「硝酸塩鉱物は、すべて水溶性であるため。極端な乾燥地域以外には産出せず、鉱物量も少ない」そで、「黒色火薬の主原料となるチリ硝石は資源的に重要」って、そーだったのか?硝石?

 重晶石の場合は、その使い道の一つに「レントゲン撮影時の造影剤として飲む"バリウム"は、重晶石の粉末である」ってそーだったのか?バリウム?白くてドロっとしているのはまさに泥水飲んでいるよーなもんだったのか(笑)

 実物を見てみたいものよのぉ、越後屋的には、ユージアル石かなぁ?何故にというと「非常に珍しい鉱物」とわざわざ明記しているところから…こーあるとゆー事は相当に出会う機会はないと思われじゃね?後は白榴石とか、こちらは日本では産出しないそな(笑)

 他にもたくさんたくさん本当にたくさん鉱物いぱーいですので、興味のある方は本書をドゾ。それにしても、本書で一番ガーンときたのは、岩塩…ええ、これも鉱物なんですよ、言われてみればその通りなんですけど、言われるまでは全然意識にのぼらなかったので…鉱物の世界のパリエぱねぇです(笑)

 掲載されている鉱物は、
 元素鉱物・自然金(Au)、自然銀(Ag)、自然銅(Cu)、自然鉄(Fu)、自然白金(Pt)、自然蒼鉛(Bi)、自然アンチモニー(Sb)、自然砒(As)、自然テルル(Te)、自然水銀(Hg)、硫黄(S)、ダイヤモンド(C)、石墨(C)
 硫化鉱物・針銀鉱(Ag2S)、濃紅銀鉱(Ag3SbS3)、淡紅銀鉱(Ag3AsS3)、黄銅鉱(CuFeS2)、安四面銅鉱(Cu6Cu4(Fe,Zn)2()Sb,As)4S13、硫砒銅鉱(Cu3AsS4)、輝銅鉱(Cu2S)、斑銅鉱(Cu5FeS4)、方鉛鉱(PbS)、閃亜鉛鉱(ZnS)、黄鉄鉱(FeS2)、辰砂(HgS)、磁硫鉄鉱(Fei-xS.(x=0.1-0.2))、硫砒鉄鉱(FeAsS)、針ニッケル鉱(NiS)、車骨鉱(PbCuSbS3)、コサラ鉱(Pb2Bi2S5)、輝蒼鉛鉱(Bi2S3)、輝水鉛鉱(MoS2)、鶏冠石(As4S4)、石黄(As2S3)、輝安鉱(Sb2S3)
 酸化鉱物・金緑石(BeAl2O4)、スピネル(MgAl2O4)、鋼玉(コランダム)(Al2O3)、鉄チタン石(TiO2)、鋭錐石(TiO2)、金紅石(TiO2)、灰チタン石(CaTiO3)、軟マンガン鉱(MnO2)、クリプトメレン(K(Mn4+,Mn2+)8O16)、コロナド鉱(Pb(Mn4+,Mn2+)O16)、ハウスマン鉱(Mn2+Mn23+O4)、クロム鉄鉱(Fe2+Cr23+O4)、赤鉄鉱(α-Fe2O3)、磁鉄鉱(Fe3O4)、針鉄鉱(Fe2O3nH2O)、赤銅鉱(CuO)、紅亜鉛鉱(ZnO)、フランクリン鉱((Zn,Mn2+,Fe3+)(Fe3+,Mn3+)2O2)、ユークセン石((Y,Ca,Ce)(Nb,Ta,Ti)2O2)、ベタホ石(U4+(Nb,Ti)2O8OH)、マルルスキー石((Y+REE,Fe2+,Fe3+,U,Th,Ca)(Nb,Ta,Ti)O4)、フェルグソン石((Ce,Nd,La)NbO4,・0.3H2O)、鉄コルンブ石(FeNb2O6)、マンガンタンタル石(Mn2+Ta2O6)、パイロクローア((Ca,Na)2Nb2O6F)、マイクロ石(NaCaTa2O6(OH))、錫石(SnO2)、黄安華(Sb3+Sb25+O6(OH))、紅安鉱(Sb2S2O)
 ハロゲン化鉱物・蛍石(CaF2)、岩塩(NaCl)、カリ岩塩(KCl)、アカタマ石(Cu22+Cl(OH)3)、ボレオ石(KPb26Ag9Cu24Cl62(OH)48)
 炭酸塩・硼酸塩鉱物・方解石(CaCO3)、菱マンガン鉱(MnCO3)、菱亜鉛鉱(ZnCO3)、菱鉄鋼(FeCO3)、菱コバルト鉱(CoCO3)、苦灰石(CaMg(CO3)2)、霰石(CaCO3)、毒重土石(BaCO3)、白鉛鉱(PbCO3)、ストロンチアン石(SrCO3)、孔雀石(Cu22+(CO3)2(OH)2)、藍銅鉱(Cu32+(CO3)2(OH)2)、コールマン石(CaB3O4(OH)3・H2O)、逸見石(Ca2Cu2+{B(OH)4}2(OH)4)、水硼酸石(CaMgB6O8(OH)6・3H2O)、ロディサイト((K,Cs)Al4Be4(B,Be)12O28)、ハンベルグ石(Be2BO3(OH))
 硫酸塩鉱物・重晶石(BaSO4)、硬石膏(CaSO4)、重晶石()、天青石(SrSO4)、硫酸鉛鉱(PbSO4)、石膏(CaSO4・2H2O)、ブロシャン銅鉱(Cu42+(SO4(OH)6))、エトリング石()、コキンボ石(Fe23+(SO4)3・9H2O)、胆礬(CuSO4・5H2O)、明礬石(KAl3(SO4)2(OH)6)、鉄明礬石(KFe33+(SO4)2(OH)6)、青鉛鉱(PbCu(SO4(OH)2))
 タングステン酸塩鉱物・モリブデン酸塩鉱物・クロム酸塩鉱物・鉄マンガン重石((Fe,Mn)WO4)、、マンガン重石(MnWO4)、鉄重石(FeWO4)、灰重石(CaWO4)、灰重石(CaWO4)、モリブデン鉛鉱(黄鉛鉱)(PbMoO4)、灰水鉛鉱(PbMoO4)、ゼニクス石(Cu32+(MoO4)(OH)4)、紅鉛鉱(PbCrO4)
 燐酸塩鉱物・砒酸塩鉱物・パナジン酸塩鉱物・トルコ石(CaBePO4F)、ヘルデル石(CuAl6(PO4)(OH)6・4H2O)、モナズ石((Ca,La,Na)PO4)、ゼノタイム(YPO4)、天藍石(MgAl2(PO4)2(OH)2)、ブラジル石(NaAl3(PO4)2(OH)4)、アダム石(Zn2(AsO4)(OH))、燐灰石(Ca5(PO4)3(OH,F))、緑鉛鉱(Pb5(PO4)3Cl)、ミメット鉱(Pb5(AsO4)3Cl)、毒鉄鉱(KFe43+(AsO4)3(OH)4・6-7H2O)、デクロワゾー石(PbZnVO4(OH))、褐鉛鉱(Pb5(VO4)3Cl)、コルネ石(Cu32+(PO4)(OH)3)、燐銅鉱(Cu22+(PO4)(OH))、燐鉄鉱石(Fe3+PO4・2H2O)、燐銅ウラン石(Cu2+(UO2)2(PO4)2・8-12H2O)、燐灰ウラン石(Ca(UO2)2(PO4)2・10-12H2O)、コバルト華(Co3(AsO4)2・8H2O)、藍鉄鉱(Fe32+(PO4)2・8H2O)、ウロー石(Mn,Fe)5H2(PO4)4・4H2O)、銀星石(Al3(PO4)2(OH,F)3・5H2O)
 珪酸塩鉱物・苦土カンラン石(Mg2SiO4)、フェナス石(Be2SiO4)、ジルコン(ZrSiO4)、ユークスレース(BeSiAlO4OH))、十字石((Fe2+,Mg,Fe3+)4Al17O13{(Si,Ai)O4}8(OH)3)、藍晶石(Al2SiO5)、紅柱石(A;2SiO5)、黄玉(トパーズ)(Al2SiO4(F,OH)2)、銅スクロドフスカ石(Cu(UO2)2Si2O7・6H2O)、チタン石(CaTISiO5)、ダドー石(CaBSiO4(OH))、デュモルティエライト(Al7(Bo2)(SiO4)3O3)
 柘榴石族・鉄礬柘榴石(Fe32+Al2(SiO4)3)、灰礬柘榴石(Ca3Al2(SiO4)3)、満礬柘榴石(Mn3Al2(SiO4)2)、灰鉄柘榴石(Ca3(Fe3+,Ti)2(SiO4)3)、灰クロム柘榴石(Ca3Cr2(SiO4)3)
 ソロ珪酸塩鉱物・異極鉱(Zn4Si2O7(OH)2・H2O)、ベスブ石(Cal9(Fe,Mn)(Al,Mg,Fe)8Al4(OH,F,O)10(SiO4)10(Si2O7)4)、鉄斧石(Ca2FeAl2BSi4o15(OH))、珪灰鉄鉱(CaFe3+(Fe2+)2O(Si2O7)(OH))、ダンブリ石(Ca2Al2(Fe2+,A;)Si3O12(OH))
 緑簾石グループ・斜灰簾石(Ca2Al3Si3O12(OH))、褐簾石((Ca,Ce,La)2(Al,Fe2+,Fe3+)3Si3O12(OH))、緑簾石(Ca2Al2(Fe3+,A;l)Si3O12(OH))
 シクロ珪酸塩鉱物・緑柱石(Be3Al2Si6O18)
 電気石族・鉄電気石(NaFe33+Al6(BO3)3(Si6O16)(OH)4)、苦土電気石(NaMg3Al6(BO3)3(Si6O18)(OH)4)、リチア電気石(Na(Al1.5,Li1.5)Al6(BO3)3(Si6O18)(OH)4)、大隈石((K,Na)(Fe2+,Mg)2(Al,Fe3+)3(SiAl)12O30、菫青石((Mg,Fe2+)2Al3(AlSi5O18)・H2O)、ベニト石(BaTiSi3O8)、ユージアル石(Na5Ca6(Fe2+,Mn2+)3Zr3(Si,Nb)(Si25O73)(O,OH,H2O)3(Cl,OH)3)、翠銅鉱(Cu6(Si6O18)・6H2O)、杉石(KNa2(Fe2;,Mn2+,Al)2Li3Si12O30)、ズニ石(Al3Si5O20(OH)14F4Cl)
 イノ珪酸塩鉱物・クロム透輝石(CaMgSi2O6)、普通輝石((Ca,Na)(Mg,Fe,Al,Ti)(Si,Al)2O6)、灰鉄輝石(CaFe2+Si2O6)、錐輝石(NaFe3+Si2O6)、頑火輝石(Mg2Si2O2)、珪灰石(CaSiO3)、ヒスイ輝石(Na(Al,Fe3+)Si2O6)、バラ輝石(CaMn4Si5O15)、リチア輝石(LiAlSi2O6)
 角閃石族鉱物・リヒター閃石(Na(CaNa)Mg5SiBO22(OH)2)、透緑閃石(Ca(Fe2+,Mg)5SiBO22(OH)2)、弗素カンニッロ閃石(CaFe2+Si2O6)、ヘスティング閃石(NaCa2Fe4Fe3+(Si6Al2)O22(OH,F)2)、神津閃石((KaNa2Mn4(Fe3+,Al)(Si8O22)(OH)2))、チャローアイト(KNa2Li(Fe2+,Mn2+)2Ti2Si8O24)
 角閃石族、輝石族以外の二重鎖珪酸塩鉱物・イネス石(Ca2Mn72+Si10O28(OH)2・5H2O)、海王石(KNa2Li(Fe2+,Mn2+)2Ti2Si8O24)
 フィロ珪酸塩鉱物・雲母鉄鉱物・白雲母(KAl2AlSi3O10(OH)2)、金雲母(KMg3AlSi3O10(OH)2)、鱗雲母(KLi2AlSi4O10F2~KLi15Al15AlSi3O10F2)、クリソタイル(Mg3Si2O5(OH)4)、クーク石(LiAl4(Si3Al)O10(OH)8)、真珠雲母(CaAl2Al2Si2O10(OH)2)、滑石(Mg3Si4O10(OH)2)、ブドウ石(Ca2Al2Si3O10(OH)2)、魚眼石((Mn2+,Fe2+)8(OH,Cl)10Si6O18)、マンガンパイロスマライト((Mn2+,Fe2+)8(OH,Cl)10Si6O18)、ジャイロライト((Mg,Al)6(Si,Al)4O10(OH)8)、カバンシ石(Ca(V4+O)Si4O10・4H2O)、珪孔雀石(Cu2H2(Si2O5)(OH4)・nH2O)、トラスコット石(Ca14Si24O58(OH)6・2H2O)
 テクト珪酸塩鉱物・珪酸鉱物・石英(SiO2)、玉隋・瑪瑙()、鱗珪石(SiO2)、クリストバル石(SiO2)、タンパク石(SiO2・nH2O)
 長石族鉱物・曹灰長石((CaAl2Si2O6)50-70(NaAlSi3O6)50-70)、曹長石(NaAlSi3O8)、正長石(KAlSi3O6)、微斜長石((K,Na)AlSi3O8)、ヘルバイト(Nn42+Be3(SiO4)3S)、白榴石(KAlSi2O6)、霞石((Na.K)AlSiO4)、青金石((Na,Ca)8Si6Al6O24{(SO4),S,Cl,(OH)}2)、柱石(KAlSi2O6)
 沸石族鉱物・スコレス沸石(Ca(Al2Si3O10)・3H2O)、方沸石(NaAlSi2O6・H2O)、ワイラケ沸石(CaAl2Si4O・2H2O)、ソーダ沸石(Na2(Al2Si3O10)・2H2O)、中沸石(NaCa(Al6Si6O30)・8H2O)、束沸石((Ca0.5,K,Na)8(Al8Si27O72)・28H2O)、ステラ沸石(Ca4(Al8Si28O72)・28H2O)、輝沸石((Ca0.5,Na,K)8(Al9Si27O72)~24H2O)、重土十字沸石(Ba2(NaK,Ca0.5)(Al6Si11O32)・12H2O)、菱沸石(Ca2(Al4Si6O24)・13H2O)、灰十字沸石((Na,K,Ca)24(Al,Si)16O32)・12H2O)、ゴンナルド沸石((Na,Ca)6-8(Al,Si)20O4}0・12H2O、グースクリーク沸石(Ca(Al2Si6O16)・5H2O)、剥沸石(Ca3(Al6,Si18O23)・16H2O)、モルデン沸石((Na2,Ca,K2)4(Al5Si40O26)・28H2O)、湯河原沸石(Ca2(Al4Si12O22)・8H2O)

 目次参照  目次 理系

|

« コハダ、アナゴ、タマゴ(笑) | トップページ | サクっとな(笑) »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

理系」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 4500種類以上あるって(笑):

« コハダ、アナゴ、タマゴ(笑) | トップページ | サクっとな(笑) »