« 石もて、石を(笑) | トップページ | ガラスの天井で踊る大女子会? »

2016年3月20日 (日)

食いに行くぞぉ(笑)

ぐうなび  大田垣晴子  小学館

 所謂一つの食べ歩き記か?何となく食べるお店なんだけど酒が上手い、すすむ店って気がしないでもないんですが?どーか(笑)都内の和洋折衷色々あるけど、初っ端が居酒屋のカテゴリーから始まっているところから、お察し下さいか(笑)ちょい古本なので、今でもこれらのお店があるのかなぁと思いつつ、やっぱ日本ってスゲェやと…これだけ各種取り揃えておりまするというのもある意味壮観じゃね?じゃね?

 でまぁ個人的に気になったのが幾つかあって一つはインド・ワイン…スパークリングワインもあるそーな…でもって「インドのワインってけっこうおいしいものが多い」ってそーだったのかぁーっ?いえ、インドにも葡萄畑はあるんだろーと想像は出来たんですけど、ワインを造っているとは知らなんだ…ヒンズー教はお酒オケだったっけ?いやー物を知らないとゆー事がこゆ時に露見してしまいますねと反省…

 も一つおろろいたのが、イペリコしゃぶしゃぶ(イベリコパル門仲/江、門前仲町)でしょか(笑)いえ、こちらのお店スペインバルなんですけど、イペリコ豚は確かにスペイン名物だが、それがしゃぶしゃぶ…さすが日本だっ(笑)オニオンソースとガスパチョソースで頂くみたいです。何とゆーか日西友好料理でしょか?スペインの方が気にしないなら素晴らしい料理だと思うんですけど、おいしそーだし(笑)しかも、この〆がラーメン仕立てなんですと…とは何ですと?うん、このこだわりの無さが日本か?いや、おいしいを追求していくこだわりのなせるワザか?新たなしゃぶしゃぶがここに一つ完成したんですよ、奥さん(誰?)

 アリス的にはご飯は必至でしょ(笑)大阪人の名に賭けてというか、食い倒れの街の人だものでしょか?ただ、本書都内のお店ばかりなりなので、ここでの主役は我らが片桐さんの出番ですかねぇ(笑)掲載されているお店はどこも片桐さん出没あると思いますっなんだけど(笑)本書的には、エル・カミーノ(新/神楽坂)を一押ししたい…こちらスペインパルで、フラメンコギターつながりという訳でないのですが、何より目をひいたのは「しかしこの店、出版関係者が多い?!近くにそういえば多いな出版社…。」とあったりして…これはもしかして片桐さんに連れられてアリスに行っているとみたが如何なものか(笑)後はモロに地元とゆー事で嘉門(千・神田神保町)とか?こちらは居酒屋さんみたいですが…

 他にアリス的なとこというと出てくるメニューからするとラフレシアのゴーヤで、コンニャクとゴーヤ、イサキのすみそ和え(豆柿/中・中央)とか、朱色のサラダで、田ゼリのサラダ(彦や/新・六丁目)とか、ゴマキャベツサラダ(座〇楽/世・三宿)とか、ニース風サラダ(ポ・ブイユ/渋・恵比須南)とか、サラダホーリア、サラダメショイ(イリッサ/品・小山)とか、焼いたサンマとアジのサラダ(aizbar/品・上大岡)とか、偽りののポテサラで、自家製ポテトサラダ(つぼ倉/世・三軒茶屋)とか、ポテトサラダ(けむり/千・神田須田町)とか、ポテトサラダ(ロックフィッシュ/中・銀座)とか、推理合戦の焼き鳥で、焼鳥(味とめ/世・太子堂)とか、焼き鳥(志奈川/新・西新宿)とか、焼鳥(戦国焼鳥 家康本陣/千・神田神保町)とか、焼鳥(鳥よし/目・上目黒)とか、焼鳥(鳥はる/目・中目黒)とか、マレー他のローストビーフで、ローストビーフ(新ばし 久/港・新橋)とか、暗い宿のラーメンで、ラーメン(ねぶた/世・代沢)とか、ダリ繭の寿司折で、寿司(すし昴/港・南青山)とか、寿司(市勘/渋・代官山)とか、,朱色他の蕎麦で、そば(三合庵/港・白金)とか、そば(いいかげん/品・上大崎)とか、海奈良の焼き肉で、焼き肉(正秦苑/中・銀座)とか、朱色のリゾットで、キンメダイカルパッチョと冷たいリゾット(タツヤ・カワゴエ/渋・代官山)とか、桜エビと春菊のリゾット(ダルマット/港・西麻布)とか、真鯛のアラのリゾット(aizbar/品・上大岡)とか、絶叫城のパスタで、カラブレーゼ(オステリア・ボーノ/目・東山)とか、和牛ラグーのパスタ(ダルマット/港・西麻布)とか、仔牛レバーのラグー、アサリのヴェラーテetc.(リストランテ ベッカッチャ./港・南青山)とか、モロッコ水晶でモロッコ料理で、タジン(キッチン5/港・西麻布)とか、ラフレシアのハムで、生ハム(ベネンシア/目・上目黒)とか、生ハム(タフィア/港・西麻布)とか、46番目のカレーで、豚のコロンボ(タフィァ/港・西麻布)とか…あるあるあるある(笑)

 いやーこれでもほんの一部というとこが本書の凄いとこ、詳細は本書をドゾですっ。が、准教授とアリスが行くならやはりインド料理だろーと、カイバル(中・銀座)とカリカ(練・豊玉中)かなぁと?後は蟹好きの准教授が行きそーな、上海大飯店(港・赤坂)ですかねぇ?他に朝井さんと行ってみたい京料理の店という事で、か波羅(港・西麻布)とか、八平(新・荒木町)でしょか?東京の京料理ってどんなもんなのか?本場の人の判定は如何に?ってか(笑)

 本場物と言えば、今でもあるのかなぁ?なチリトリ鍋(賽の蔵/豊・東池袋)なんですけど?ホルモンすき焼き、大阪名物とあるんですけど、ホンマでっか?でして、ここはアリスに訊かねば、訊かねば(笑)

 その他、本当にたくさんのお店と料理が掲載されていますので詳細は本書をドゾ。モンゴル料理もフィリピン料理も気になるが、ウイグル料理というのは想像がつかないんですけど?どんなだろ?と素朴な疑問が(笑)

 目次参照  目次 食物

|

« 石もて、石を(笑) | トップページ | ガラスの天井で踊る大女子会? »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

食物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 食いに行くぞぉ(笑):

« 石もて、石を(笑) | トップページ | ガラスの天井で踊る大女子会? »