« 今でしょっ(笑) | トップページ | 男も色々、女だって色々(笑) »

2016年4月13日 (水)

鉢植え?

エアープランツのわかる本  グリーンライフセンター編  双葉社

 昔から不思議に思っている植物が二つあって、一つは食虫植物、も一つがエアプランツなんですよねぇ…根っこがない、もしくはあっても体支えるだけとゆー植物なんてこの世にあるなんてぇ?世界って広い(笑)

 ちなみにエアプランツとは、「約2500種類あるといわれるアナナス科の中でも最も多いチランジア属の植物のことを総称してエアープランツと呼んでいる」んだそな…そーだったのか?チランジア?なんでそーなるの?とゆーと「チランジアが生育するのに土を必要とせず、樹木の枝や岩石などにくっついて、のびのび生きているからだ。見た様子がまさに「空中植物」のように見えるところからこの名前が与えられている」とな…だから、エアプランツなのか…

 そんなエアプランツの故郷はどこよ?とゆーと、「アメリカの南部から南米アルゼンチンにかけてで、気候も温帯から熱帯にかけて幅広く分布している」んだそー…よーするに南北米大陸発祥とゆー事になるんですかねぇ?

 そんな米大陸では「どこでもごくふつうに見られる植物のためか、原産地に住む人たちにはその素晴らしさにもあまり関心がない」って、ホンマでっかぁーっ?現地じゃありきたりの植物扱いか、エアプランツ(笑)

 アリス的にエアプランツ…確か夕陽ヶ丘には観葉植物があったよーな記憶がうっすらと?なので、エアプランツの一鉢位ありそーな悪寒なんですが?どよ?

 さて、エアプランツの特徴とは、「①培養土がいらないので、どこにでも持ち運びができて、いろいろな飾り方が楽しめる」「②根っこがないので、水分や養分を土から吸収するのではなく、葉の表面のスポンジ状の鱗片から直接空気中の水分を吸収している」「③エアープランツの根っこはほかのものにくっ付き、飛ばされないようにするためだけの働きをしている」「④昼間は気孔を閉じ、夕方から夜にかけて気孔を開く」「⑤いろんな環境への適応性が高いので、家庭のなかでも十分に育てられ、楽しめる」「⑥少しの光でも光合成をするので、肥料はほとんどいらない」「⑦どの種類でも独特の個性豊かな花が咲き、咲いたあとは子株が芽を吹いて、そのうちまた花を咲かせる」なんだそー…もしかして意外と手間いらずか?エアプランツ?

 でまあ、具体的な手入れとしてはどよ?とゆーと、「春と秋の成長期には週に一回から二回、葉っぱの部分に霧吹きによる水やりをしてやのが第一のポイント」とな…「夏と冬は、水やりを控えめ気味にしてあげるのが第二のポイント」とゆー事になるらすぃ…冬はともかく、夏に水いらないって不思議?ちなみにお水は夕方やるのが望ましいとゆー事らすぃ…

 でもって、これがまさにエアプランツらしーなぁで、ソーキングなんですが、これ何とゆーと、水やり忘れた、株がしおれた時にどーするか?とゆーと、「洗面器やバケツに水を張って、株全体を一晩中ひたす。そして翌朝、引き上げて元に戻し、よく水を切ってあげよう」って、ドンダケェー(死語?)てか、植物を丸ごと水の中に入れっぱなしで一晩おいても大丈夫って、それってありですか?そーですか(笑)エアプランツ半端ない(笑)

 そんなエアプランツですが、主に葉っぱが白っぽいのと、緑っぽいのの二種があるよーで、この違いが「葉が白っぽいのは乾燥を防ぐのがひとつの理由。だいたい白っぽい色のものは乾燥に強いんです」とな…「グリーンの濃いものは、光が少ないから、葉緑素をたくさん出して光を集める必要がある種類です。ですから、グリーンが濃い種類のものはわりと暗い所でも育てられる」とな…そーだったのか?エアプランツ?そーなると緑めのものを選べばお風呂につるしっぱなしでも何とかなりそーと思うのは素人考えだろか(笑)ちなみにエアプランツ全般にエアコンの風は天敵らすぃ(笑)

 思うに、エアプランツなんてネーミングからして空中に吊るしとかないといけない気にさせられるけど、実は置いといてもいーわけで、器は問わないんですよねぇ(笑)ある意味、究極のエコ植物じゃまいか(笑)

 さて、そんなエアプランツですが、他にもたくさんたくさん本当にたくさんエピ満載ですので、興味のある方は本書をドゾ。個人的にはウスネオイデスが気になっているんですけど?サンタクロースのお髭みたいで(笑)

 目次参照  目次 生物

|

« 今でしょっ(笑) | トップページ | 男も色々、女だって色々(笑) »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

生物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 鉢植え?:

« 今でしょっ(笑) | トップページ | 男も色々、女だって色々(笑) »