« 愉快、痛快、奇奇怪怪の? | トップページ | すべての喜びを知らせるのは、私たちの歌でありますように♪ »

2016年4月 2日 (土)

春は桜♪

日本のさくら  ㈶日本さくらの会

 サブタイトルは、さくら名所一〇〇選なんですが、まぁ日本の春、桜の春とゆー奴じゃなかろーか?日本人なら、春は桜でしょ(笑)花見にわざわざ行かなくても、春には必ずどこかで目にするものの代表的なモノが桜じゃまいか?じゃね?

 で、これも今更だけど、花見と言えば桜で、これまた一生に一度も花見をした事がない日本人って、これまたいるのか?のノリに近いと思われのよな?幼稚園で、家族で、部活で、職場で、ご近所でetc.きっとどこかで引っかかっていると思うんだけど?どよ?

 まっ、そんな時どこに行った?どこに行く?で、日本国内の桜の名所ご案内でしょか?副題にあるよーに百個掲載されているんですけど、これでも選外はたくさんありそーだよなぁ?とゆーか、本気で名所ガイド作ったら、それこそ幾つでもできそーな悪寒じゃね(笑)日本的には、桜のあるとこ、皆名所って気がするが?いかがなものか(笑)

 それにしても花見って、「ハナという日本語は「花」をあらわすだけではない。ハナには「端」という文字をあてる例があるように、先端・突端あるいはでだし・先頭などという意味がある。人や動物の「鼻」も同じである。実は植物の「花」も同じであって、みのりの先触れとしてハナとよんだにちがいない。だから花を見て秋のみのりを占うようになる。それが行楽化した「お花見」の源流である」(@桜井満)って、そーだったのか?お花見?

 アリス的には、桜といえば、京都・大阪言わずもがなですが、吉祥寺在住の片桐さん的には、井の頭恩寵公園(武蔵野)じゃね?ちなみに「井の頭池の周囲には、約六〇〇本のソメイヨシノやヤマザクラが生育し、池の上まで枝を広げている」そな…これは片桐さん、目にしていないとは思えないんだけど?どだろ?ちなみに、他に都内の名所としては、上野恩賜公園(台東区)、新宿御苑(新宿区)、隅田公園(墨田区)、小金井公園(小金井)なんですが、同じ中央線沿い的には、御苑と小金井かなぁ?

 京都となると、嵐山の場合、「さくらは嵐山および松尾山国有林、亀山、中ノ島公園、亀山公園、嵐山新公園一帯に咲き誇り、その数は約五五〇〇本に及ぶ」というから、まさにドンダケェー(死語?)御室桜は、「仁和寺の境内観音堂の前付近に植えられている」そで「その品種は二〇数種類あり、いずれも高さが二~四メートルの灌木状で、地上二〇~三〇のところから花をつけているのが特徴」なんだそな…そんな低いとこからお花咲いているのか?仁和寺?醍醐寺は「一山の総門から仁王門までの間が「桜の馬場」といわれ、広い道の両側に数十本のさくらが植えられている」とな…また、笠置山公園は木津川上流にあるそで、「三〇〇〇本のさくらが花開く」そな…ちなみにこちら「巨岩奇石が有名」だーだから、それも一緒に鑑賞ってか?

 大阪の方はどよ?とゆーと、一番大阪城公園で、「園内には約四三〇〇本のさくらが配されている。特に西の丸庭園にはソメイヨシノを中心に約六〇〇本が植えられ」ているそな…そーだったのか?ビッキー?造幣局の「「通り抜けの桜」は、サトザクラの八重咲き品種が多くて花期が長く、色鮮やかで花びらが大きいことが特徴」なんですと(笑)万博記念公園は、「期間中は、九時まで公開時間を延長し、夜桜見物に開放している」そな…まぁ京阪のそれはアリスは一度は行っているとみたが、どよ(笑)

 さて、桜あるあるで、江戸時代のお花見とは「日ごろ野外でのレクリエーションに恵まれていない当時の女性たちにとって、なんといっても花見が一番の楽しみだった」(@秋山忠彌)とな…遠足ってか?

 面白いのはさくらの里(伊東・静岡)なんですが、「ジュウガツザクラに始まり、カンザクラ、オオカンザクラ、ソメイヨシノ、イチヨウ、ショウゲツ、さらに五月に花開くキクザクラへと八か月にわたってさくらが見られる」とゆーから、六月から九月以外に桜を見たかったら、ここへ行けって事でしょか?伊豆パネェ…

 後、やっぱ日本人なら食でしょお?で和菓子ではとゆーと、糖芸菓子もあれば、さくら餅もあり、花見だんご、干菓子と、世界は広いってか?春には春、桜の時期には桜の和菓子ありって事ですかねぇ…

 他にもたくさん全国区で紹介されていますので、詳細は本書をドゾ。日本全国、桜満開でございます♪

 関西系の百選の名所は、
三重・三多気(美杉村)、宮川堤(伊勢)
京都・嵐山、御室桜、醍醐寺、笠置山自然公園(笠置町)
大阪・大阪城公園、造幣局、万博記念公園(吹田)
兵庫・姫路城(姫路)、明石公園(明石)、夙川公園(夙川河川敷緑地)(西宮)
奈良・奈良公園、吉野山(吉野町)、郡山城址公園(大和郡山)
和歌山・紀三井寺(和歌山)、根来寺(岩出町)、七川ダム湖畔(古座川町)

 別選として、
三重・津偕楽公園(津)
京都・京都府立植物園
大阪・妙見の桜並木(安野)
兵庫・篠山城跡(篠山町)

 目次参照  目次 生物

|

« 愉快、痛快、奇奇怪怪の? | トップページ | すべての喜びを知らせるのは、私たちの歌でありますように♪ »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

生物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 春は桜♪:

« 愉快、痛快、奇奇怪怪の? | トップページ | すべての喜びを知らせるのは、私たちの歌でありますように♪ »