« すべての喜びを知らせるのは、私たちの歌でありますように♪ | トップページ | 力に関与しなくなれば統治力も失われる… »

2016年4月 4日 (月)

絶景かなっ絶景かなっ

サクラ・さくら・桜  風景写真 編集部  ブティック社

 サブタイトルは、風景写真特別編集という事らしーのですが、日本の写真家勢揃いってか(笑)実に見ごたえのある写真集じゃまいか?かな(笑)何より、本当にふつくしい世界が展開していますので、是非一読というか、一見をの本です、マジで(笑)日本人なら誰でも感動する桜のある景色ですけど、とにかく美しい日本の風景とゆーものが、これでもかこれでもかと連続攻撃でやってくるでして、ページをめくる度に何か目が楽しい世界が次から次へと(笑)

 まぁ日本全国、こんなに桜のある場所があるんだなぁと、ちょっと感動したとゆーか、これが日本だろなぁ(笑)観光名所になっているとこも勿論ありますけど、生活圏にもチラホラと普通にある情景、どこもかしも桜なんですよ、奥さん(誰?)

 桜とは「日本人のこころの花」というのは、もー否定のしよーがないんじゃね?でして、桜前線がニュースで流れると何なのか?なんですけど、これはもー理屈じゃないんだ、日本の国民性、祭りなんですよ、姐さん(誰?)

 アリス的には、桜、まぁ准教授もアリスも四月生まれらすぃので、桜の咲く頃というか、桜前線的には咲いた後にバースデーがやって来るなんでしょかねぇ?そんな二人の京都、大阪の桜の写真については本書をドゾですけど、どちらも桜の名所には事欠かないだろし(笑)

 その中でも、撮影ポイントとして忘れてはいけないのは、京都御苑(京都市)なんじゃなかろーか?で「御苑北西部には、シダレザクラの大木が約60本あり、日差しのやわらかな日は、花々が生き生きして光がまわり込んでいて美しい。シダレザクラ、ヤマザクラの見頃は3月下旬から4月上旬。他にもサトザクラ、ヤエベニシダレ、カスミザクラが4月下旬にかけて次々と開化する」とありまする。そーだったのか?婆ちゃん?

 他に京都では平野神社(京都市北区)が掲載されています。こちらは「円山公園の枝垂れ桜の祖とされる桜を含め、約50種、約400本がある。3月初旬から5月の連休頃まで、常にさまざまな桜を楽しめる。早朝のほか、夕方からはぼんぼりに照らされた夜桜を撮影できる」そな…そーだったのか?朝井さん?

 桜に対しては「かつては花と言えば梅を指していたものが、桜に変わったのは平安時代の頃であったとか。それは大陸からの文化の影響を色濃く受けてきた日本に独自の文化が花開いたことの証しでもありました」とな…梅から桜に、まぁそれ以前にも桜は咲いていただろーけど、あれから千年、ずっと桜狂いの花見だやってんだから、日本人って(笑)まっこれだけ続けば、文化で、伝統なんでしょね(笑)

 写真の他に撮影スポットについてのガイドも巻末にありまする。写した写真についてのカメラとかフィルム等のデータも掲載されています。写真関係に詳しい人には、それを見ただけで分かる人は分かるんだろなぁ(笑)

 トーシロ的には桜というと吉野山のイメージじゃまいかで、こちらの見ごろは4月上旬から中旬だそで、もしかしてこれは究極の今でしょっ(死語?)なんだろか(笑)

 とにかく、綺麗な写真がいぱーいですので、興味のある方は本書をドゾ。

 掲載されている写真で関西圏は、
 京都・幽玄(水野克比古/京都市・平野神社)、絢爛と咲く(水野克比古/京都市・平安神宮)、雪纏う御所桜(水野秀比古/京都市・上賀茂神社・御所桜)、幽玄(藤田玲子/京都市・京都御苑)、散りぬる(一宮美穂/京都市・勤修寺参道)、車椅子(藤田玲子/八幡市・淀川公園背割堤)
 大阪・小さな公園(藤田玲子/豊中市)
 兵庫・忘れられた地にも(山本一/朝来市・佐中千年家の桜)、春朧(樋口一男/朝来市・竹田城跡)、山路萌え(山口高志/上郡町小野豆)
 奈良・春光(石川真哉/上北山村)、雨後満開(栗原義孝/下市町)、花吹雪(坂口義一/天理市・本堂池の桜)、杉山の彼岸桜(前田晃/五條市吉野町)、訪春の里(松尾清嗣/宇陀市)、夕映え(石川真哉/宇陀市)、桜咲く月下の御堂(石橋睦美/吉野町・金峯山寺)、花咲く古寺の佇まい(石橋睦美/桜井市・長谷寺)、悠久の刻(福田健太郎/吉野町・吉野山)、桜飯(山口高志/奈良市・奈良公園)、古刹に映える(斎藤友美/桜井市・長谷寺)、夜露に霞む(坂口義一/曽爾村・屏風岩公苑)、春舞(前川彰一/宇陀市・又兵衛桜)
 三重・山里に咲く(石川真哉/津市・三多気の桜)、老桜(宮崎真里子/津市)、春の手紙(林幸恵/四日市市)、寄り道(宮崎正秀/名張市・名張中央公園)

 掲載されている写真家は、芥川善行、阿部智子、安念余志子、石川真哉、石橋睦美、一宮美穂、今森光彦、栄馬智太郎、大津憲司、大沼英樹、緒方桂子、小川英信、小倉治、片岡美子、片桐重子、川島安夫、川隅功、川名和夫、菊池哲男、木田宏、功刀望、栗原義孝、児島宏、小松ひとみ、斎藤友美、坂口義一、桜井博、下山達夫、白井良治、白籏史朗、鈴木一雄、鈴木敏男、瀬森義和、相馬慶厚、高橋清、高橋毅、高橋真澄、竹内敏信、辰野清、田中美知子、丹道敏明、中井精也、中村博志、野口敬治、野呂希一、萩原史郎、林幸恵、樋口一男、福田健太郎、福田幸広、藤田玲子、星野佑佳、本田雄一、前川彰一、前田晃、前田二三雄、前田康房、前山和敏、増井治、松尾清嗣、水野克比古、水野秀比古、宮坂幸宏、宮崎正秀、宮崎真里子、宮本寛、森光伸、森上倍名、山口高志、山梨勝弘、山本一、吉田勝義、米美知子

 目次参照  目次 生物

|

« すべての喜びを知らせるのは、私たちの歌でありますように♪ | トップページ | 力に関与しなくなれば統治力も失われる… »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

生物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 絶景かなっ絶景かなっ:

« すべての喜びを知らせるのは、私たちの歌でありますように♪ | トップページ | 力に関与しなくなれば統治力も失われる… »