« ヴァイオリンと一緒? | トップページ | よよよよよ? »

2016年5月19日 (木)

昼から肉っ(笑)

東京ランチレボリューション  東京書籍

 サラリーマンは気楽な商売ときたもんだというのは今や昔のよーな気がするが、24時間戦えますか?も今や昔なのだろか?まぁ企業戦士の皆様方のお昼拝見か、お昼指南か、東京昼食事情か…うーん、その道のブロの人が選ぶ、東京のランチガイド本かなぁ?

 まぁラーメンからフレンチからカフェ飯に定食屋と、何でもありまっせの世界ですけど、戦う男で行くなら焼肉じゃね?昼から焼肉あると思いますってか?とゆーか、こんなにランチで焼肉やってるいお店があると逆に全然知らなんだ…これってそれなりに需要があるとゆー事だよねぇ…日本のサラリーマン半端ない…職場の女性陣の意見は如何に?

 そんな訳で本書で一番おろろいた焼肉ランチはとゆーと、焼肉割烹松坂銀座店(銀座)、和牛炭火焼肉平城苑(東銀座)、炭火焼肉かるびあ~の(新橋)、新橋徳寿(新橋)、炭火焼肉神戸屋(新宿御苑前)、神戸帝神焼肉いく田(代々木)、THE SOUL OF SEOUL 青山(表参道)、きらく亭(広尾)、さつま牛の蔵広尾店(広尾)、精香園(田町)、みなとや食堂(芝公園)があるそな…焼肉ってどっちかとゆーと若いお兄さん達の食事かと思っていたら、何か立地的にはおじさんのメッカが多くね?ビジネス街とも言うだけど(笑)こーなってくると客層が気になるところだよなぁ(笑)

 そんな訳で日本のランチとは何ぞや?なめたらあかんぜよってか(笑)

 アリス的に、東京でランチというと片桐さんの出番だろーか?推理合戦の焼鳥で、伊勢廣銀座店(銀座)とか、雛人形その他のラーメンで、共楽(銀座)、らーめんダイニングど・みそ(京橋)、めん屋そら(神田)、支那そばきび(小川町)、めん徳二代目つじ田(小川町)、ラーメン食堂粋な一生(秋葉原)、ラーメン屋秀(赤坂)、駄菓子屋穴子拉麺(六本木)、西麻布博多チムそば(広尾)、二代目海老そばけいすけ(高田馬場)、ひるがお新宿御苑店(新宿御苑前)、メルシー(早稲田)、めじろ(代々木)、たけちゃんにぼしらあめん(代々木)、はやし(渋谷)、AFURI(恵比寿)、轍(神泉)、塩そば専門店まるきゅうらあめん(池袋)、麺屋ごとう(池袋)、麺処遊(鶯谷)、しゅうまい屋(上野)、中華そばふくもり(駒沢大学)とか、絶叫城その他のパスタで、LA BETTOLA bis(新富町)、スパゲッティ&カレーじゃポネ(有楽町)、CAFE415(東日本橋)、Elio Locanda Italiana(半蔵門)、Apres-midi Grand Cru(渋谷)、LIFE(代々木公園)、RISTORANTE HONDA(外苑前)、ミキータ代官山(代官山)、cafe HEAVEN'S(恵比寿)、concrete craft(学芸大学)、Ristorante池袋文流(池袋)とか、朱色その他の蕎麦で、蕎麦流石(銀座一丁目)、眠庵(神田)、手打ち蕎麦いしおか(学芸大学)とか、ダリ繭の寿司折で、さわ田(銀座)、鮨つかさ(築地)、回し寿司活目黒店(目黒)、回し鮨若貴(池袋)、かっぱ寿司二号店(御徒町)、すきやばし次郎豊洲店(豊洲)とか、ダリ繭その他のサンドウィッチ(パン)で、MAISON KAYSER(日本橋)、VIRON(東京)とか、スウェーデン館のすき焼きで、モーバラ鍋ぞう(新宿)とか、朱色のサラダで、Enoteca NORIO(四谷三丁目)とか、スウェーデン館のシチューで、欧風カレー&シチュー専門店トマト(荻窪)とかありまする(笑)、

 後は二人のソウルフードのカレーで、khyber(銀座一丁目)、ダルマサーガラ(東銀座)、京橋屋カレー(京橋)、神田ルー・ド・メール(神田)、レストラン七條(神保町)、スマトラカレー共栄堂(神保町)、インドカレーカーマ(神保町)、エチオピア本店(神保町)、カレー屋Nagafuchi(内幸町)、スープカリィ厨房ガネー舎(新橋)、FISH'(六本木一丁目)、BOWLS cafe(新宿御苑前)、AJANTA(麹町)、インド式カレー夢民(高田馬場)、LION SHARE(代々木)、もうやんカレー利瓶具(新大久保)、CURRY BAR HENDRIX(千駄ヶ谷)、ムルギー(渋谷)、デヴィコーナー(品川)、A・RAJ(東池袋)、SHELLY HOUSE(目白)、インドカリー夢屋(浅草)、DELHI(湯島)、ストーン(浅草橋)、ピキヌー(駒澤大学)、新・印度料理たんどーる(西荻)、here we are MARBLE(新高円寺)とな…

 これでも本書の一部ですから、ドンダケェーじゃなかろーか?日本の飲食店数半端ない…

 他にもエピ満載で、例えば、めん屋そら(神田)の場合は二階女性席専用であるとか、ラーメン屋秀(赤坂)のとこでは「スタッフは若い美男美女が多く、人材に苦労しているラーメン店にしては珍しい」って、ラーメン店の内部事情まで出てくるし(笑)後はとゆーと一夜一夜東京丸ビル店(東京)の卵かけご飯の卵、その名も「究極の卵」というそーだが、この追加オーダーとゆーか、卵一個に300円って…ちなみに卵かけご飯専用に用意されている醤油(甘酒二段仕込み)を使用すると至福の味らすぃ…「だまされたと思って一度お試しいただきたい」一品とな…

 他にアリス的というと洋食屋ふじ家(大阪)じゃなかろーか?ちなみにこちらの「カキフライ定食&特製ビーフカレー」はすんごいおいしーらすぃ…となれば、我らがアリスが行っていない訳がないと思うんだが、如何なものか(笑)

 他にもたくさんたくさん本当にたくさんエピ満載ですので、興味のある方は本書をドゾ。

 選者 OL美食特捜隊、自称「日本一ラーメンを食べた男」大崎裕史、東京カフェマニア川口葉子、美食の王様来栖けい、築地王小関敦之、寿庵饂飩研究所蓮見壽、東京カリ~番町水野仁輔、焼肉探究集団YAKINIQUEST、B級グルメ王柳生九兵衛

 目次参照  目次 食物

|

« ヴァイオリンと一緒? | トップページ | よよよよよ? »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

食物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 昼から肉っ(笑):

« ヴァイオリンと一緒? | トップページ | よよよよよ? »