« 薫衣草のかほり(笑) | トップページ | 歩み入る者にやすらぎを、去り行く者にしあわせを♪ »

2016年6月30日 (木)

日本全国津々浦々?

全国ビジュアルガイド 日本の神社完全名鑑  かみゆ歴史編集部 編  廣済堂出版

 表紙コピーに、永久保存版とか、世界遺産、国宝、一ノ宮など神社を知るための情報が満載とか、カラー写真掲載210社以上掲載点数450社以上とか、巻頭特集二大聖地を訪ねる伊勢神宮・出雲大社とか、特別付録全国神社大型マップ&神話年代記とあったりして(笑) 

 まぁ、神社のガイド本ですが、これ一冊で多分日本全国の有名どこはほぼ網羅って事でオケって事ですかねぇ?ちなみに、延喜式によると、「当時「神宮」と呼ばれたのは、伊勢神宮、香取神宮、鹿島神宮の3社のみで、この状況は江戸時代まで続いた」とな…というと他の神宮がついている神社は明治からなんだろか?うーん…

 そんな神宮系では、日前神宮・國懸神宮(和歌山)どでしょ?「天岩戸に隠れた天照大御神を招き出すため、三種の神器のひとつである八咫鏡がつくられた。それに先立って鋳造されたふたつの宝鏡を紀伊国の地に祀ったのが縁起とされ、垂仁天皇の御代に当地に移ったという。御神体である宝鏡は三種の神器に次ぐものとされたため、朝廷からは伊勢神宮に次いで尊重された」って、ホンマでっかぁーっ?

 かくて、何だか凄い神社ワールドが展開しているんですよ、奥さん(誰?)

 アリス的には、朱色だったと思うんだけど?ダリ繭だったっけ?な夫婦岩(三重)「日の出が見える場所にあり、太陽信仰とも結びついている。また、岩に対する信仰を磐座ともいう」なんだそー…確か、恋人岬は海奈良だったよーな記憶が薄っすらと?ですが、この二人、この手のとこ全国的に行脚してまいか(笑)

 後、アリス的なネーミング的には、月山神社(山形・東田川)じゃね?月があるとこで(笑)ちなみに「月山神社へは8合目までバスで行くことができ、月山は全て月山神社の境内地で聖域となっている。本宮へ詣でるには、2時間程度の登山となるのでしっかり準備したい」って、ドンダケェー(死語?)成程、月山神社、山の頂上にあるのか?

 それと京都と大阪の神社ははずせませんですけど、その中でも賀茂別雷神社(京都・北)、「楼門をはじめ、41の社殿は国の重要文化財であり、そのため21年毎に行われていた式年遷宮は現在は執り行われず、檜皮屋根の葺き替え等の遷宮が行われている」って、そーだったのか?上賀茂神社?て事は、その都度修復になったんだろか?

 更に京都では英雄を祀る神社いぱーいとゆー事らすぃ…例えば、大酒神社の場合は秦の始皇帝だったりするし、御霊神社は明智光秀、建勲神社は織田信長、ちなみに森蘭丸は大石神社(兵庫・赤穂)だそ…他には京都霊山護国神社には坂本龍馬、中岡慎太郎、久坂玄瑞とな…ちなみに大阪には、楠木正成を祀る千早神社(河内)があるそな…

 他にアリス的というと、片桐さんのご近所で神田神社(東京・千代田)でしょか?ええ、御茶ノ水駅のそばって事で(笑)それにしても「1600年に関ケ原の戦いが起きると、徳川家康は戦勝祈願のため神田神社に参拝し、徳川方は見事勝利を収めた。勝ちを決めたその日が、ちょうど「神田祭」の日。このことから、将軍家より「縁起のいい祭礼として絶やすことなく執り行うよう」命じられたという」って、そーだったのか?神田祭?まぁ、施政者関係の縁が深いからかご利益に国土経営なんてのもあるしなぁ…神田明神、おサスガじゃまいか?

 豆知識的には、神主さんになるには?「全国に7か所存在する神職養成機関に通って必要な知識を学び、「階位」と呼ばれる資格を取得することで神主になることができるのだ」そな…全国七か所ってどこにあるんだろ?そんな組織?ちなみに神職の職階には、宮司、権宮司、禰宜、権禰宜とあるらすぃ…詳細は本書をドゾ(笑)

 他に豆知識では、貫前神社(群馬・富岡)のとこで、こちら全国的にも珍しい下り宮の神社だそーで、下り宮って何ぞ?とゆーと「社殿が鳥居より低い位置にある」事らすぃ…そーいや、鳥居と同じ高さにあるのはともかく、たいていの神社って鳥居から階段で登って上に本殿とか拝殿がある造りじゃね?お山の上にあるとか?その逆バージョンもあったんだなぁ?そーいや、そゆの今まで見た事も聞いた事もなかったので、ちょっとおろろいた(笑)

 それと、熊野速玉大社(和歌山・新宮)の場合は、「境内でひときわ目を引くのが、樹齢1000年ともいわれる神木・ナギの大木だ」そで、藤原定家のお歌もある程らすぃ…「人々は熊野参拝の道中の折、このナギの葉を懐におさめてその旅が平穏無事であるよう祈ったという」って、そーだったのか?熊野速玉神社?ちなみに現在「ナギの葉をモチーフにした授与品もあ」るそーで、お一つ如何でしょってか?

 面白豆知識的には、三朝神社(鳥取・東伯)は温泉の守り神として有名だそーですが、こちら「清めの水が温泉」だとな…ホンマでっかぁーっ?そして柞原八幡宮(大分)には「南蛮文化が伝来した頃、ポルトガル人から贈られた「ポルトの木」は大分市のシンボルツリーとして親しまれている」って、ドンダケェー(死語?)いやー世の中には色々あるもんなんだなぁーっと(笑)

 他にもたくさんたくさん本当にたくさん神社いっぱいエピいっぱいですので、興味のある方は本書をドゾ。ついでに今日は夏越の祓い、ご近所の神社に行って禊をするもあると思いますかも(笑)そして、水無月を食すと(笑)

 掲載されている神社
 京都・伏見稲荷大社(京都・伏見)、賀茂別雷神社(上賀茂神社)(京都・北)、賀茂御祖神社(下鴨神社)(京都・左京)、石清水八幡宮(八幡)、晴明神社(京都・上京)、松尾大社(京都・西京)、八坂神社(京都・東山)、平安神宮(京都・左京)、北野天満宮(京都・上京)、宇治上神社(宇治)、貴船神社(京都・左京)、吉田神社(京都・左京)、出雲大神宮(亀岡)、梅宮大社(京都・左京)、大原野神社(京都・西京)、平野神社(京都・北)、豊国神社(京都・東山)、地主神社(京都・東山)、籠神社(宮津)
 大阪・住吉大社(大阪・住吉)、枚岡神社(東大阪)、大鳥神社(大鳥大社)(堺)、櫻井神社(堺)、誉田八幡宮(羽曳)

 目次参照  目次 文化・芸術

|

« 薫衣草のかほり(笑) | トップページ | 歩み入る者にやすらぎを、去り行く者にしあわせを♪ »

文化・芸術」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日本全国津々浦々?:

« 薫衣草のかほり(笑) | トップページ | 歩み入る者にやすらぎを、去り行く者にしあわせを♪ »