« 相互不理解友の会、会員ご一同様? | トップページ | 薫衣草のかほり(笑) »

2016年6月28日 (火)

まてりある・まてりある(笑)

SONYA(S SHOPPING MANUAL 202 TO 301  SONYA S. PARK  マガジンハウス

 スタイリストが選んだグッズの数々という事で、やはりファッション系というか、身につけるものがメインだろか?本書もお洋服から始まっているし(笑)いやぁ買い物が苦手な人間としては、この手のものごとに精力的に取り組んでいらっさるお人は尊敬しかありません(笑)かくて、人に頼んで、もしくはついでに買ってきてもらうが一番多い人間に、こゆショップ、グッズ、アイテムガイドって…どよ?とは自分でも思ふ(笑)

 何事にも最先端とか、トレンドとか、また伝統の、スタンダードな物って存在するんですよねぇ…後は、出会いと相性か?知って気に入れば、己の定番アイテムになるとゆー(笑)

 まぁ市場こそ全てのこの世界で、その市場のどこに目を向けるか、また見抜く眼力があるか?否か?それが問題だってか?とりあえず、本書を開け、ですかねぇ?世界って広かったんですよ、おぞーさん(誰?)

 アリス的に、ファッション…碁石ファッションの准教授はともかく、アリスの方はどーかなぁ?尤も自由業的服装らすぃのは、数少ない他者視点の時に時々出ているよーな気がするが?となると、やはりここは女性陣の出番で朝井さんに丸投げか(笑)海奈良の時のアリスの描写はかなりインパクトあったけど?実際のとこ、着道楽の京女で隙の無いファッションで身を包んでいると勝手に想像しているんですが?どよ?

 本書的には、モロッコ水晶的に、ステファン・ジョンソンのダブルフェイス・ポンチョのとこで「彼とパートナーが持つモロッコの別荘も(雑誌で拝見)素晴らしく」とあって、欧州的にモロッコで別荘あると思いますなのか(笑)とか、ランバンのドレスのとこで、「彼(アルベール・エルパス)はモロッコのカサブランカ生まれ」とか…モロッコ、欧州的にはご近所感覚なんだろか?

 後、ダリ繭的にジュエリーきたこれで、指輪(ノグチ)、ネックレス(レナード・ビジュー)、ネックレス(イゴ)、ピアス(アネット・フェルディナンドセン)、ネックレス(ウィリアム・ウェルステッド)、指輪(カール・フリッチ)、ネックレス(マヤ)と掲載されています。こちらの詳細は本書をドゾですが、アクセサリーも色々あるもんだなぁと、ちょっとおろろき(笑)

 それと、スウェーデン館的に、ディッシュクロス(ヴェクスボリン)でしょか?こちらスウェーデンのリネン製品のメーカーだとな…リネン100%のお皿ふき…あると思いますなのか?ヴェロニカさん?それとケーキプレート(オレフォス)も、こちらもスウェーデンのガラスメーカー、工房らすぃ…ちなみにノーベル賞の晩餐会のグラスもこちらのだとか(笑)も一つ、掃除道具(イリス・ハントバーク)もどよ?まさに究極のブラシ、塵取りって感じだが(笑)

 後、忘れてはいけない京都的には、錫アイテム(清課堂)でしょか?錫専門店って事で、婆ちゃんや朝井さんならご存じって世界だろか?また、ピリ辛蓮根(かなだや)は山科の老舗らすぃ…おかき屋さんの本気なめたらあかんぜよってか?それと、赤い稲妻の串田君の緑茶で、加賀棒茶(丸八製茶場/石川)もどでしょ?そして忘れてはいけない婆ちゃんの好物、パームクーヘン(マッターホーン/学芸大)もね(笑)

 他にアリス的だと商売道具の文房具で、モーツァルト(モンブラン)かなぁ?スモールサイズらすぃので持ち運びに便利?ある意味女性サイズ的かも?メモ蝶的にあると思いますかなぁ?後、面白系で、木軸シャープ(オート)でしょか?何かといえばシャープペンシルなんですが、何と形が鉛筆そっくり、見た目だけだと消しゴム付の昔懐かしい鉛筆にしか見えないシロモノ…遊び心が何ともにくい一品じゃね?

 さて、ファッション的には、「つねづねフランスは"物を楽しむ国"。イタリアは"物を作る国"と考えている私です。フランスはレディースが得意で、イタリアはメンズが得意というのも、こういうところから来ているのでしょうか(笑)」という事らすぃ…そーだったのか?仏伊?

 豆知識的には、米西海岸出身のデザイナーの場合「ハリウッドに近い場所のせいか本人がセレブになりがちで(笑)、モードの世界では通用しにくい」らすぃ…なるほろ、クリエイターとはセレブになったら終わりって事か(笑)

 他に豆で、ベアのナイフ…ラブ・ナイフ…「婚約時の交換品として誕生したそうで、男性が受け取るときは"勇気""男らしさ"を鼓舞する意味が込められ、女性が受け取るときは"下まで貞節を守る"という意味が込められています。結婚後は夫婦のベッドルームに飾られるそうです」って…そーだったのか?伊(笑)

 ナイフ続きでという訳でもないのですが、包丁(ウイストフ)…「海外のシェフが一番使いたい包丁」はこちらの包丁だそな…さすが独製?ゾーリンゲンってか?

 他もたくさんたくさん本当にたくさん何せ100個以上のアイテム紹介ですから(笑)ありますよってに、興味のある方は本書をドゾ。

 目次参照  目次 グッズ  目次 ファッション・アクセサリ

|

« 相互不理解友の会、会員ご一同様? | トップページ | 薫衣草のかほり(笑) »

ファッション・アクセサリ」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

グッズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: まてりある・まてりある(笑):

« 相互不理解友の会、会員ご一同様? | トップページ | 薫衣草のかほり(笑) »