« 日本全国津々浦々? | トップページ | 大陸を走るもの? »

2016年7月 1日 (金)

歩み入る者にやすらぎを、去り行く者にしあわせを♪

世界の街道  ピエ・ブックス

 もしかしてこれは写真集と言ってもいいんじゃないか?の世界じゃね?でして、文章もちっとはあるが、何とゆーか、もー写真が多い、そしてふつくしいっ、本当に美しいんですよ、奥さん(誰?)いや、大事な事なので二度言いましたか(笑)

 これはもー騙されたと思って是非本書を見て見て、そのものでして、百聞は一見に如かずそのものでございますっ(キパッ)世界にはこんな美しい場所、景色があったんだなぁとちょっと幸せになるとゆーか眼福眼福ってこゆ時使う言葉じゃなかろーか(笑)

 いずこの街道も皆それぞれに見どころあり、歴史ありなんで詳細は本書をドゾなんですが、個人的におべんきょになったのは、バオバブ街道(マダガスカル)のとこだろか?「度重なる大規模開発や焼畑開墾、サイクロンの脅威にさらされ、その数が劇的に減っているのだ」そで、何とゆーか、いずこの国も国土開発は森林伐採からとゆー事らすぃ…その内、バオバフもレッドデータブックに掲載されるよーになってしまうんだろか?

 いやぁ、このバオバブの木の写真は、朝焼けなのか?夕焼けなのか?の写真が物凄く幻想的なので、是非本書をドゾ。昼間と違って、まるで空に浮かんでいるよーに見えるのは気のせいか(笑)

 

 アリス的には、街道…アリスの場合、作家なんで室内芸術家タイプのはずなんだけど、何故かお出かけ大好き派のよーな気が?でもって、旅先で、姐さん事件ですのパターンか(笑)それはともかく、街道関係も例の雑学データベース的にクリアしてそーだし、クローズドサークル物的には、道の把握は、初歩的だよワトソン君の世界だろしなぁ(笑)

 国名シリーズ的にはいけば、英国庭園でウイスキー街道、モロッコ水晶でカスバ街道、スイス時計でサン・ゴッタルド峠の道になるんだろーか?ちなみにサン・ゴッタルド峠のとこ「アルプス越えの峠は、南北ヨーロッパの交易路として古来より利用されてきたが、サン・ゴッタルド峠だけは急峻なシュレネン渓谷を擁することから開発が遅れていた。しかし13世紀初頭ついに開通すると、商人達は利便性のいいこの街道を好んで使い、その繁栄が今日のスイス建国の端緒になったといわれている」って、そーだったのか?スイス?それにしてもゴッタルドって、確かこの前トンネルで話題になっていなかったっけ?

 豆知識的には、サンティアゴ・テ・コンポステーラのとこで「まず手に入れたいのがクレデンシャルという巡礼手形だ」そな…どゆの?とゆーと「日本でいうところの御朱印帳だろうか、巡礼者用の宿に泊まれ、町々でスタンプを押してもらえる」とゆー、巡礼者専用アイテムらすぃ…そーだったのか?クレデンシャル?

 も一つ豆知識的には、世界一美しい町って、パース(豪)だったとは知らなんだ?

 後は、ウイスキーというか、スコッチウイスキー…実は「15世紀にアイルランドから伝えられ、もとは自家製の蒸留酒だったウイスキーが市販されるようになったのは17世紀。後に重税を課すイングランドに対し、スコットランドは密輸で抗い、その確執はそのまま両者の歴史に重なってきた」って…まぁスコッチウイスキーも元は透明だったとゆーからなぁ…それを英に隠す為にの経過であの琥珀色がつくに至ったとゆー話はどっかで聞いたよな?

 お酒つながりでは、アルザスワイン、「ボルドーやブルゴーニュに比べ、アルザスは日本では知名度が低いが、本当にいいものは地元で愛され外には出ない。行かなければ味わえない味こそが、存外本物なのだ」とな(笑)モノホンは現地に行けってか(笑)

 他にもたくさんたくさん本当にたくさんエビも写真も満載ですので、興味のある方は本書をドゾ。最後に本書の中で一つ街道を選ぶとしたら、個人的にはアッピア街道かなぁ?いや、この世に存在した人で誰か一人に会えるとしたら、見たいみたいものよのぉ越後屋は、アッピウスなもんで(笑)

 掲載されている街道は、
伊・ドロミテ街道、アッピア街道、
西・サンティアゴ・テ・コンポステーラの巡礼道、
英・ウイスキー街道、
独・ロマンチック街道、メルヘン街道、
仏・アルザスワイン街道、ナポレオン街道、
波・鷲の巣街道
スイス・サン・ゴッタルド峠の道
加・メープル街道、
米・サンタフェ街道、
豪。ワイルドフラワー街道(パース街道)、
NZ・ペンギン街道、
モロッコ・カスバ街道
マダカスカル・バオバブ街道、
中、天山南路、
印・ブッダの道

 目次参照  目次 国外

|

« 日本全国津々浦々? | トップページ | 大陸を走るもの? »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

国外」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 歩み入る者にやすらぎを、去り行く者にしあわせを♪:

« 日本全国津々浦々? | トップページ | 大陸を走るもの? »