« あてんしょんぷりーず? | トップページ | 権力とは己の頭上だけに(笑) »

2016年7月16日 (土)

地下の短いトンネルを通り抜けると、そこは(笑)

TOKYO地下鉄ぐるりおみやげ散歩  イラスト・伊藤美樹  ポプラ社

 日常あんまり気にした事がないんだけど、地下鉄そんなにあったのか?と…とゆーのも「東京都区内には、200以上もの地下鉄駅があり、13の地下鉄線が走っています」とな…そーだったのか?地下鉄?でもって、本書はそんな地下鉄ぶらり旅というか、ぶらりお土産旅とでもいおーか?各駅の近くのお店のこの一品をイラストと文で紹介しているガイドでしょか?

 この駅のこの出口の近くにこのお店ありで、親切設計ってか(笑)日本人なら誰もが知っている老舗もあれば、そんなお店があったのか?まで、いや実に東京っぽいのかもなぁ…とりあえず、何でもあるよなおもちゃ箱あります東京砂漠ですから(笑)下町もあれば山の手もあり、川あり、海あり、台地あり、谷ありですから(笑)

 それにしても、地下鉄の切符、東京メトロ一日乗車券があるのは知っていましたが、ちか旅は知らなんだ…この一日乗車券を提示すると色んなとこでサービスが受けられるのだそな…そーだったのか?乗車券?

 地下鉄あるあるでは、「昭和2年には、東洋初の地下鉄、銀座線」という事になるらすぃ…昭和はとほくなりにけりとはいえ、戦前の話ですからねぇ?その頃の基準でいくと、日本初じゃなくて東洋初なんですねぇ…何か時代を感じるじゃまいか(笑)

 アリス的には、地下鉄というと、四天王寺前夕陽ヶ丘駅(大阪市営地下鉄谷町線)って事になるんだろーか?とはいえ、今回は都内ですので、神保町キタコレで都営三田・新宿線と東京メトロ半蔵門線になるのか?うーん…どーだろ?片桐さん(笑)

 お土産リスト的には、ロシア紅茶他のパンで、ペリカン(田原町)、みなみ屋(月島)、浅野屋(乃木坂)、デュヌラルテ(表参道)、ますだ製パン(北参道)とか、ダリ繭他のサンドウィッチで、カツサンド(宇田川/三越前)、フルーツサンド(画廊喫茶ミロ/御茶ノ水)とか、ロシア紅茶のジャムで、フルーツジャム(イデミ・スギノ)とか、スウェーデン館他のチョコで、ショコラ・フレ(和光チョコレートショップ/銀座)、ピエール・マルコリーニ(銀座)とか、朱色他の蕎麦から、コロッケそば(よし田/銀座)とか、異形のお饅頭で、志ほせ饅頭(塩瀬総本家/築地)、小麦マンヂウ(マンヂウカフェ麦丸2/神楽坂)とか、赤い他の緑茶で、お茶(うおがし銘茶/築地)とか、ダリ繭の卵焼きで、玉子焼き(松露/築地)とか、海奈良のお箸で、江戸八角箸(漆芸中島/月島)とか、暗い宿の羊羹で、千里の風(とらや赤坂本店/赤坂見附)、一枚流し麻布あんみつ羊かん(昇月堂/広尾)とか、鍵他のクッキーで、東京フロインドリーブ(広尾)。ローザー洋菓子店(麹町・半蔵門)、マーブルクッキー(山本道子の店/麹町・半蔵門)とか、マレーのチキンライスで、五星鶏飯(中目黒)とか、鍵のカステラで、坂本屋(四ツ谷)とか、暗い宿の天丼で、天丼としじみ汁(天春/四谷三丁目)とか、ダリ繭の寿司折で、折り詰め(大阪鮓八竹/四谷三丁目)、笹巻きけぬきずし総本店(神保町)、穴子寿司(すし乃池/千駄木)、ばらちらし(二葉/神楽坂)とか、絶叫城の缶詰ホテルで、おみやげ(山の上ホテル/御茶ノ水)とか、マレーの苺で、イチゴシャンテ(オザワ洋菓子店/本郷三丁目)とか、暗い宿他のおにぎりで、ぼんご弐(池袋)とかありますよってにとな…

 それとこれは忘れてはいけない二人のソウル・フードのカレーで、きりん屋(麻布十番)、カリー・バー・ヘンドリクス(外苑前)、野菜カレー(ムッシュ・ヨースケ/中目黒)、欧風カレー・オーベルジーヌ(四谷三丁目)、スマトラカレー(共栄堂/神保町)とか、それと准教授の好物コーヒーで、ウインナーコーヒー(ラドリオ/神保町)もあるし…

 後アリス的というと、職業柄文房具じゃね?で、丸善日本橋店(日本橋)、POSTALCO(京橋)、ボールペンと鉛筆の店五十音(銀座)とか、それと、古書店で、古書日月堂(表参道)、COWBOOKS(中目黒)、キントト文庫(神保町)、ボメミアンズ・ギルド(神保町)にも行ってみよーってか(笑)

 他にこちらは准教授的に、聖猫キーホルダー(ブリヂストン美術館/京橋)とか、これはネーミングからユーモアカード(月光荘画材店/銀座)とか、これはマレーかはたまたアリスの虎好きからどよで、トラさんのバナナ(大角玉屋/四谷三丁目)はどよ(笑)

 それぞれの詳細な解説については本書をドゾ。そしてこれだけでも一部なので、他のお品の数々については本書をドゾ。

 さて、本書地下鉄エピもいぱーい出てくるんですが、その中では一番おろろいたのは、「秘密のトンネルで結ばれたルート」の地下鉄があるとな…「千代田線・霞が関と有楽町線・桜田門。このまったく関係なさそうな二つの駅が、実はつながっている。何のためにつながっているのか?それは、車両基地を集約するためで、このトンネルを使って、有楽町線、副都心線、南北線(市谷付近で有楽町線とつながっている)の電車が千代田線の綾瀬基地まで運ばれ、検査を受けるのだ」とな…ちなみにコレちょっと前までは知る人ぞ知るマニアックなお話しだったらしーが、小田急ロマンスカーきたこれで一気にバレだらすぃ(笑)

 なるほろ地下鉄、色々地下でつながっていそー(笑)他にも幾つか秘密のトンネルありそーと思うのは気のせいか(笑)

 てな訳で、他にもたくさんたくさん本当にたくさんエピ満載ですので、興味のある方は本書をドゾ。

 目次参照  目次 スイーツ  目次 交通  目次 食物

|

« あてんしょんぷりーず? | トップページ | 権力とは己の頭上だけに(笑) »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

交通」カテゴリの記事

食物」カテゴリの記事

スイーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 地下の短いトンネルを通り抜けると、そこは(笑):

« あてんしょんぷりーず? | トップページ | 権力とは己の頭上だけに(笑) »