« パーイのパイのパァーイ(笑) | トップページ | 見かけが全て(笑) »

2016年8月 3日 (水)

相乗効果?

神社巡礼  岡本健  エクスナレッジ

 頭書きに、マンガ・アニメで人気の「聖地」をめぐる、とあるんですが、まっそーゆー作品に登場した神社ガイドだろか?サブカルと神社あると思います系か?まぁ所謂一つのコラボって奴じゃね?って事でしょねぇ?

 まぁ事の賛否はともかくとして、本書を拝読して思った事は、神社のガイドブック的に、知らない神社が知れた事かなぁ?いえ、普通の神社ガイドってやっぱ全国区的に有名どこが掲載されているもので、その土地に根差した町の神社的なのはどよ?じゃね?

 ところが、本書の神社の取り上げ方は神社的に有名かどーか?ではなくて、サブカルに取り上げられているか?否か?なんですよねぇ(笑)そんな訳で、初めて知る神社多し(笑)これは地元的にも地域復興的にコラボあると思いますだよなぁと納得(笑)

 そんな訳で、鷲宮神社の場合は、「土師祭に2008年から「らき☆すた神輿」が登場した。この神輿はもちろん通常の神輿とは異なり、神様が乗っているわけではない。全国から集まったファンに担がれ、以後毎年土師祭に登場し千貫神輿とともに鷲宮神社鳥居前でもみ合いが行われている」って…そーだったのか?鷲宮神社?

 まぁコラボ系の極地では立川キタコレになるのか?こちらは「公式コミックガイドの中でガイドブックがつくられる」という「珍しい」事態も起きている模様…市町村上げて来て見ての世界に突入しているよーで…「作品によっては具体的な地名が出ないことも多いが、この具体的な地名がない場合、ファンは作中で描かれた建物や看板などを頼りに場所を特定しなければならない」そで、具体的であればあるほど探す手間が省けるとゆー事らすぃ(笑)「近年ではアニメ作品において製作時から地域とコラボレーションする事例も多く、具体的な地名が出ていない作品であっても聖地が明らかであることが多い」とな…

 とはいえ、ものによってはアニメの「エンディング後のテロップで「モデルとなった場所や施設を訪問する行為は、動物の疫病を引き起こす等の原因ともなりえる危険な行為です」と異例の注意喚起を行うなど、町への配慮を見せている」例もある訳で…まぁだからこその賛否両論なんだろか?

 アリス的には、京都的に貴船神社あると思いますだけど、どちらかゆーと、マレーの蛍で、こちら蛍の名所として有名らすぃ…そーだったのか?朝井さん?「平安時代、和泉式部が貴船神社で詠んだ蛍の歌に対して、高龗神が返したと伝えられる短歌もある」って、ホンマでっかぁーっ?

 ちなみに貴船神社というと丑の刻参りが有名だけど、あれって「「丑の年、丑の月、丑の日、丑の刻」に心願成就を願う儀で、貴船神社の丑の刻参りに呪詛の意味はない」そな…これまたそーだったのか?丑の刻参り?

 他に京都関係では、伏見稲荷大社、こちらも超有名神社ではありますが、「多くの人は奥社で参拝したのちに引き返してしまうが、そこから稲荷山山頂の「一の峰」を目指しつつ各社を参拝する「お山めぐり」がある」そな…ちなみに「所要時間は2時間程度で、険しい登り道が続く」とな…確かに景色というか、眺望はいーだろーけど、健脚じゃないと神社詣でもヤバいのか…まぁサブカルファンならたいてい若いだろーから、でもそんなの関係ねぇー(死語?)で一気に行ってそーか(笑)

 後、アリス的というとオノコロ島で、イザナギイザナミの天沼矛の先からしたたり落ちてできたとゆーオノゴロ島の件のとこもあると思いますか(笑)

 豆知識的には、氷室神社の場合、「この神社の祭神は、闘鶏稲置大山主命、大鷦鷯命、額田大仲彦命である。氷の神様を祀った日本でも珍しい神社であり、毎年5月1日には「献氷祭」という行事が行われる」って、ちなみに札幌雪祭りじゃないけど、氷の彫刻とか奉納されるらすぃ…そーだったのか?氷室神社?日本には氷の神様もいたんだなぁ…

 まぁファン心理としては分かるので、今更な気がしないでもないけど、後、地元の観光業的に、これまた今更な気がしないでもないけど、問題があるとしたら地元のパンピーの皆様方だろーなぁ(笑)静かな街がアレ?みたいな?

 「こうした動きを考える上で、アニメやマンガと神社や地域文化の関係について批判的に捉えられることが少なくない。「伝統的な地域文化を改変することであり、けしからん」というわけだ。しかし、本当にそうだろうか。地域の文化はそんなに固定的であるべきなのだろうか」とな…また「こうした動きを「不謹慎」という声も確かにある。神社は神聖な場所であって、アニメやマンガなどもってのほか、というのだ。しかし、ちょっと待ってほしい。こうしたアニメ聖地の多くでは、神社を巡ってアニメファンや地域住民の新たな交流が生まれているのである」だそーですよ、奥さん(誰?)

 他にもたくさんたくさん本当にたくさんエピ満載ですので、興味のある方は本書をドゾ。

 掲載されている神社は、
北海道・帯廣神社(帯広)、北海道神宮(札幌)、中の島神社(札幌)
岩手・金勢神社(花巻)
茨城・大洗磯前神社(東茨城)
埼玉・鷲宮神社(久喜)、秩父神社(秩父)
東京・氷川神社(港)、久富稲荷神社(世田谷)、下石原八幡神社(調布)、代々木八幡宮(渋谷)、亀有香取神社(葛飾)、諏訪神社(立川)
神奈川・片瀬諏訪神社(藤沢)
長野・懐古神社(小諸)
石川・湯桶稲荷神社(金沢)
岐阜・飛騨一宮水無神社(高山)
滋賀・近江神宮(大津)
京都・貴船神社(左京)、伏見稲荷大社(伏見)
奈良・氷室神社(奈良)、吉水神社(吉野)、高天彦神社(御所)
和歌山・熊野本宮大社(田辺)
岡山・太老神社(浅口)
広島・太歳神社(三次)、艮神社(尾道)、御袖天満宮(尾道)、磯宮八幡神社(竹原)
宮崎・天岩戸神社(西臼杵)
 何のサブカルと関係あるのかはファンならば一目で分かるってか(笑)

 目次参照  目次 文化・芸術

|

« パーイのパイのパァーイ(笑) | トップページ | 見かけが全て(笑) »

文化・芸術」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 相乗効果?:

« パーイのパイのパァーイ(笑) | トップページ | 見かけが全て(笑) »