« 江戸で300年っ | トップページ | のんのやのんのや? »

2016年9月16日 (金)

春だっ夏だっ秋だっ(笑)

祭りを旅する 1 関東・甲信越 編  日之出出版

 表紙コピーが、ふるさとの祭りがある。そして、まだ見ぬ祭りがここにある。なんですが、日本には祭りがあるのは当然として、都内にもこんなにお祭りあったんですねぇ…まぁ東京のお祭りというと、どーも東京の東、下町の辺りの勢い凄しの世界ではありますが(笑)

 そんな東京のお祭り風景も「昭和四十年代に入って、祭りがちょっとおかしくなりました。東京オリンピックを契機に、人が自分の暮らし向きだけを考えだした頃ですね。豊かになって物は満たされましたが、心の余裕がなくなってしまった。新しく建ったマンションから祭り囃子がうるさいと苦情が出たり、新しい住民は祭りに参加しないのが当たり前。神輿の担ぎ手もいなくなって、神輿担ぎのプロを呼んだりしたんですよ」(@三遊亭楽太郎)ってか…その風向きがまた変わったのがバブルが弾けてからだそな…原点回帰、祭りも昔に還れ、見習えってか?

 21世紀の日本でコミュニティの崩壊がうたわれて久しいですが、昔から何故連綿と祭りが続いてきたかとゆー事を日本人はもう一度胸に手を当てて考えた方がいいとゆー事でしょか(笑)たかが祭り、されど祭りなんですよ、奥さん(誰?)

 とはいえ、三社祭なんかでは「三体の神輿が各三〇〇〇万円以上、四四町会の神輿計七億円。ざっと八億円以上が町を練り歩く、「金のかけ方でも三社祭は東京一の祭りだ」と、また浅草っ子の自慢」ってか(笑)それだけポンと出せるコミュニティって(笑)

  アリス的には、神田祭かなぁ?神田神保町にお勤めの片桐さん的に(笑)ちなみに「東京の夏祭りのハシリは神田明神の神田祭」という事になるそな(笑)何せ、「神幸祭の早朝午前六時頃には境内に人々がすでに多数集まっている」ですから、お察し下さいの世界じゃね(笑)そして提灯行列って事は朝から晩まで、そーれそれそれお祭りだぁーっを地でいっているって事じゃね(笑)江戸は祭りで始まり日が暮れるってか(笑)

 他にアリス的なとこでは、朱色他の蕎麦で、かんだやぶそば(千・神田淡路町)、わへいそば(埼玉・秩父)、)暗い宿のホテルシリーズで、坂のホテルトレティオお茶の水(千・外神田)、ホテルイースト21東京(江・東陽)、鬼怒川パークホテルズ(栃木・塩谷郡)、鎌倉パークホテルズ(神奈川・鎌倉)、鎌倉プリンスホテル(神奈川・鎌倉)、ホテル紅や(長野・諏訪)、ホテルヴィレッジ(群馬・吾妻郡)、みやこ旅館(埼玉・秩父郡)、あたみ百万石(静岡・熱海)、大月ホテル(静岡・熱海)、和心亭豊月(神奈川・足柄下郡)、伊東ホテル聚楽(静岡・伊東)、ダリ繭の寿司折で、すし三ツ木(江・富岡)、幸すし(埼玉・川越)、異形の温泉で、湯の家(栃木・日光)、鍵のカステラで、金箔入り日光カステラ(華乃家/栃木・日光)、暗い宿のボタン鍋で、ぼたん鍋(柳屋旅館/埼玉・荒川村)、暗い宿の天丼で、志美津江戸っ子(台・浅草)、スウェーデン館のすき焼きで、すき亭吉寅(埼玉・川越)、異形のお饅頭で、ミルクまんじゅう(湘南ひらつか名産品協議会/神奈川・平塚)でしょか?

 本書的に一番感心したのが、お祭りグッズのお店…いやぁ…この手の専門店ってあったんですねぇ…ないとお祭りが成り立たないんだから、あるはずだけど、パンピー的には全然ピンときてなくて…本書では風人(静岡・浜松)、祭中村屋(埼玉・桶川)、京美刺繍工芸(㈱)(京都・中京)、千野屋(大阪・岸和田)が掲載されていまする…

 豆知識的には、流鏑馬(鶴岡八幡宮)、「二〇〇一年五月にはこの流鏑馬神事を初めてロンドンで行い、大喝采を浴びた」とな…そーだったのか?流鏑馬?

 も一つ豆知識的に、「"日本一短い祭り"は正式には「塩嶺御野立記念祭」。明治天皇が岡谷・塩尻の境界の塩嶺峠に立ち寄ったことを記念して始まった祭りで、両市の関係者が記念碑の前に集まり、「一同、礼」のかけ声に合わせて一礼するだけ、わずか数秒の祭りだ」って、ホンマでっかぁーっ?

 他にもたくさんたくさん本当にたくさんエピ満載ですので、興味のある方は本書をドゾ。

 掲載されているお祭りは、
 八大祭りとして、三社祭(東京・台東)、神田祭(東京・千代田)、深川祭(東京・江東)、日光百物揃千人行列(栃木・日光)、鶴岡八幡宮例大祭(神奈川・鎌倉)、秩父夜祭(埼玉・秩父)、吉田の火祭り(山梨・富士吉田)、御柱祭(長野・諏訪/茅野/諏訪郡下諏訪)
 特選二〇祭りとして、成田山節分会(千葉・成田)、山あげ祭(栃木・那須郡烏山城)、祭頭祭(茨城・鹿嶋)、常陸大津の御船祭(茨城・北茨城)、大原はだか祭り(千葉・夷隅郡大原)、十二社まつり(千葉・長生郡一宮)、一の宮けんか祭り(新潟・糸魚川)、新穂の山王祭り(新潟・佐渡郡新穂)、くらやみ祭(東京・府中)、大火渡り祭(東京・八王子)、高遠城址公園さくらまつり(長野・上伊那郡高遠)、水戸黄門まつり(茨城・水戸)、湘南ひらつか七夕まつり(神奈川・平塚)、箱根大名行列(神奈川・足柄下郡箱根)、信玄公祭り(山梨・甲府)、熊谷うちわ祭(埼玉・熊谷)、川越まつり(埼玉・川越)、沼田まつり(群馬・沼田)、とちぎ秋まつり(栃木・栃木)、村上大祭(新潟・村上)

 目次参照  目次 文化・芸術

|

« 江戸で300年っ | トップページ | のんのやのんのや? »

文化・芸術」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 春だっ夏だっ秋だっ(笑):

« 江戸で300年っ | トップページ | のんのやのんのや? »