« こけこっこぉーっ(笑) | トップページ | 栗、松茸、南京豆? »

2016年9月19日 (月)

江戸東京の食の粋?

松平定知の江戸・東京老舗グルメ探訪  松平定知・監修 「江戸楽」編集部・編  メイツ出版

 サブタイトルは、"食の歴史"をひも解く名店の味めぐりなんですが、ついでにコピーが、のれんの先に広がる「美食」×「歴史」の再発見!世界が注目する日本の食。その源流である江戸の味を受けづく老舗の名店をご案内します。ときて、所謂一つのガイド本でしょか?ズラリと並んだ名店は、日本人ならどこかで聞いた事があるよーな気がする(?)

 東京の老舗は、何とゆーか、やっぱ東京の雰囲気がするとゆーか?京都とは違う趣があるよーな?下町のそれ、山の手のそれ、いずこの街も皆それぞれに?ってか?

 江戸時代からのお店も風流なんですが、個人的に目をひいたのは明治以降のすき焼き、牛鍋かなぁ?何とゆーか、写真の迫力が、肉野菜ドーンという豪快さとでもいおーか(笑)インパクトが違うんです(笑)まぁ、そろそろ秋に入るやんけで、鍋料理いっとく?もあるんじゃなかろーか?と(笑)

 秋という事で思い出したけど、一昔前はすき焼きに豪快に松茸入っていたよーな記憶がうっすらと…もっと昔はかさあげのために入れていたと、どこぞの爺様が言ってたよーな?昔は松茸豊富だったんだろぉか?そーいや、牡蠣飯もご飯のカサを増やすために入れていたと、これまたどっかにあったよな?すき焼きにカキ入れるとこもあったよな?うーん…

 アリス的には、文豪と縁の名店あると思いますだろか?アリスの事だから、足運んでいそーではあるよなぁ(笑)

 さて、本書的には、朱色その他の蕎麦で、ざるそば(並木藪蕎麦.浅草)、更科蕎麦(総本家更科堀井/麻布十番)、かもせいろ(立会川吉田家(品川)、せいろそば(連玉庵/上野)、おアトもよろしくセット(藪伊豆総本店/日本橋)とか、暗い宿の天丼で、海老天丼(大黒家/浅草)とか、異形のボタン鍋で、猪鍋(ももんじや/両国)、スウェーデン館のすき焼きで、桐・黒船コース(ちんや/浅草)、極上霜降りすき焼き御膳(浅草今半/浅草)、鳥すきやき(ぼたん/神田)、あひ鴨すき焼きコース(鳥安/日本橋)とか、ダリ繭の寿司折で、にぎり(弁天山美家古壽司/浅草)、お決まり(吉野鮨本店/日本橋)、にぎりずし(築地壽司岩/築地)、にぎり(鮨からく/銀座)とか、スウェーデン館のシチューで、ビーフシチュー(洋食黒船亭/上野)とか、海奈良の居酒屋で、飛竜頭(宮戸川/浅草)とか、推理合戦の焼き鳥で、焼き鳥(銀座鳥繁/銀座)とか、鍵のカステラで、カステラい希翔(文明堂日本橋本店/日本橋)とか、異形のお饅頭で、花園饅頭(東京新宿花園万頭/新宿)とか、46番目のメロンで、マスクメロン(日本橋千疋屋総本店/日本橋)とか、ダリ繭の卵焼きで、玉子焼き(扇屋/王子)とか、あると思いますなのか(笑)

 他にアリス的というと、関西関係の話で、秋色最中(秋色庵大坂屋/三田)は、300年以上前に屋号から分かる通り大阪からやってきたからとゆー…でも、それ系で一番凄い由来は、あの甘酒で有名な天野屋(神田明神前)じゃまいか?「初代の天野新助は京都・丹波の出身で、江戸で暗殺された弟の仇討ちのために上京したという。五街道の一つである中山道で待っていれば仇に会えると考え、神田明神前に茶店を開いた」のが始まりとは…天野屋パネェ…

 後は、二人のソウル・フードのカレー関係で、北斎揚げ(東あられ本舗両国本店)になるのだろーか?和風カレー味がありまっせと(笑)まぁ後は文豪が通ったお店みたいなので、例えば、鰻割烹伊豆榮(上野)は、森鴎外、谷崎潤一郎、浅田次郎が訪れたとか…

 他にというと、コラムにある潮干狩りかなぁ?ダリ繭つながりで…それにしても潮干狩りって三月三日が最適日だったのか?まぁ確かにハマグリって春に出てくるなぁとは思っていたが、桃の節句だけじゃなかったんだなぁ(笑)

 そんな訳で他にもたくさんお店掲載されていますので、興味のある方は本書をドゾ。

 目次参照  目次 食物

|

« こけこっこぉーっ(笑) | トップページ | 栗、松茸、南京豆? »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

食物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 江戸東京の食の粋?:

« こけこっこぉーっ(笑) | トップページ | 栗、松茸、南京豆? »