« キッチンの主? | トップページ | むっさーは(笑) »

2016年9月29日 (木)

ものほんのディープ?

別冊太陽 祭礼 神と人との饗宴  山本ひろ子・編 酒寄進一・写真  平凡社

 お祭りという時、何かもー観光系にいったんじゃね?な祭りがメインになりつつある今日この頃…神事としての祭り忘れてまいか?の世界だろか?うーん…秘儀とか、密儀もあると思いますだろーけど、地元で大々的に開催していても、じもっちーしか知らない世界とか?地味というより、独自色が濃厚とゆーか、歴史キタコレだろなぁ…

 で、本書のタイトル通り、祭礼となるのか?軽く祭りでもなんて世界ではなく、あだやおろそかにはできないかみごとの世界来たぁーっでしょかねぇ?

 そゆ訳で、本書に掲載されている祭事、殆どあなたの知らない世界そのものですた…世界って、この場合、日本国内なんですけど、広いやっと思わされる事しきり…何とゆーか、本当に厳粛な世界が展開していらっさる模様…

 巻頭が、出雲の青柴垣の祭りなんですが、これを現地では約十日間開催し続けるらすぃ…でもって、毎日毎日行事進行が違うみたいなのだ…祭りが始まる一日から四日までが仕事日、である種祭りの準備次第?何事も段取りが大切って事だろか?とにかく、毎日儀式がズラーと並んでいるみたいで、これを延々十日近くやってくって、凄い根気と努力の賜物のよーな気がするが、地元的にはこれが普通なんだろか?詳細は本書をドゾ。正直な読後の感想としては、こゆとこには絶対嫁には行けないなぁと思いますた…

 まぁ出雲だけでなく、その他日本全国の神事キタコレじゃね?でして、写真を見ているだけでもティスカパージャパンなんじゃねでございます…

 アリス的に、祭り…やっぱオオサカンなアリスとしては天神祭りなんでしょかねぇ?

 何とゆーか、本書に掲載されている祭事については、本書をドゾが一番正しいよーな気がする…これを一言で言えたら、祭事じゃないし…どれ一つとっても軽いもんじゃないもんなぁ…こんな事を言ったら大変失礼だとは重々承知しているんですが、よくもこんな手間のかかる祭事が、地方の一区画で残されて、しかも続けられてきたもんだなぁと…トーシロからして見てもこの時間、お金、そして労力、相当に凄い゛もんだと思わざるを得ないよな…これ維持するだけでもかなり大変じゃねと下世話な方に頭が向いてしまいますた…地元の人は凄いなぁ…

 そんな訳で、生ぬるい祭事など何一つないよな…むしろ命がけなんじゃねという雰囲気満載…これはもー余所者は何一つ口をはさめる雰囲気ではないよな…文化、伝統、いや本当にパネェとしか言い様がないよな…

 おべんきょになりました系では、強飯式のとこで「飯を高盛りにして食べる大飯食い行事が全国で行われている。これは豊作を祈り、感謝する春祭りや秋祭りに高盛り飯を神供にし、直会の宴席に際して神人共食する行事とも解釈されている」そーで、そーだったのか?強飯式?大食いにも意義があるだったんだなぁ…

 後、おろろいたのが宮崎の神楽でして、こちらの式次第も幾つあるんだの世界なんですが、しかも村の中の場所ごとにこれまた神楽ありますよってらすぃし…村民全神楽人みたいな土地柄なんだろか?うーん…まぁそれもともかく、その神楽の最初に板起こしというのがありまして…これが実にワルイドだぜぇの世界でして…「朝しとめたばかりの猪を、「まな板」の上で切りさばき、神に供える儀礼で、一種の動物供養といえよう」「切り分けられた血の滴る肉は、串に差して火で炙り、大夫・祝子が食べたあと、見物人にも振舞われた。なお猪の頭は、高天原の正面に供える」そな…もしや、こちらの村は狩猟民族って事なんだろか?うーん…

 神楽の踊り(?)の詳細については本書をドゾ。伝統ってパネェですけど、その足さばきもしや反閇ではの世界が展開していらっさる模様…もしや文化人類学とか博物学とか、マジカルな方もキタコレになるんだろぉか?うーん…

 沖縄のソレはもー沖縄の女性ってパネェ…これに尽きるよな…でも、そんな沖縄の中でも他所からお嫁に来た人でも、アレって事があるらすぃので、いやもー何と表現していいのか?とにかく詳細は本書をドゾ。沖縄女性って凄い…

 本書を拝見する分には広島のそれが一番芸能って領域に近づいているのかなぁ?かなぁ?うーん…でもって、茨城のお祭りは、毎年じゃなくて、何と72年に一度という大祭…たいていの人は一生に一度見れるか?どーか?でして、これはこれでまた凄い…絵を見る分には大名行列みたいなノリなんだが?

 いやぁ…日本って、何とゆーか、何と言っていいのか?トーシロが簡単に言える国ではないよーな?祭り一つでコレですから…あまり凄いというか、異次元すぎると、言葉なんて本当に出て来ないよな(笑)

 他にもたくさんたくさんエピいぱーいですので、興味のある方は本書をドゾ。

 本書に掲載されている祭礼
 青柴垣の祭り(島根・三保関町)、強飯式(栃木・日光/日光山輪王寺)、子供強飯式(栃木・日光/生岡神社)、二十日夜祭(岩手・平泉/毛越寺)、椎葉神楽(宮崎・椎葉村)、諸塚神楽(宮崎・諸塚村)、ユークイ(沖縄・宮古島・西原)、比婆荒神大神楽(広島・庄原)、磯出大祭礼(茨城・東金砂神社・西金砂神社)

 目次参照  目次 文化・芸術

|

« キッチンの主? | トップページ | むっさーは(笑) »

文化・芸術」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ものほんのディープ?:

« キッチンの主? | トップページ | むっさーは(笑) »