« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »

2016年10月

2016年10月31日 (月)

清く正しく美しくっ

オタクの行動経済学者、スポーツの裏側を読み解く  トビアス・J・モスコウィッツ L・ジョン・ワーサイム  ダイヤモンド社

 サブタイトルは、今日も地元チームが勝つホントの理由なんですが、衝撃の小論文なんだろか?所謂一つのエッセイ集だと思われなんですけど、でもってお題がスポーツなんで、ノリも軽いんですけど、その根底にあるのが、タイトルにある通りの行動経済学でして、データに裏打ちされた、スポーツの実体でしょか(笑)

 いやもーいかにも米人って感じで、しかも実例がビシバシですから(笑)ただ、これまた登場するスポーツでは、フットボールが一番多いよな?サッカーちゃいまんねん、米ですから、アメリカンフットボールなんですね(笑)で、その中で、あーだごーだと議論が出て、しかも、あの試合ではこーだったとか、選手がこーだったとか、ビシバシ出てくるんですけど、まず、アメフトのルール、試合を知らないと何が問題か即座に分からなくて、ついでに、米人なら知らない人がいない大事件とか試合結果とか、不明だと何を指しているのかピンと来ない、そんなこんなで、その手の比喩とか暗喩とか言い回しについていくのも何だかなぁで…

 成程、題名に偽りなしで、米のスポーツおたくの人は多分、二度おいしい本なんじゃなかろーか?裏読みが幾らでもできそーなとこが特に(笑)次に出てくるのがバスケットボールで、更に野球が多いかな?思うに裏読みってチームゲームの方があると思いますなんだろか?うーん(笑)

 そんな訳で、分からない時はのいつものパターン、目次に逃げるいってみよー(笑)訳者によるイントロダクション、序章、第1章 ホイッスルを読み込む ファンもリーグも、審判のミスジャッジを願っているのはなぜか?、第2章 ここは勝負だ! ヘッドコーチたちが、自分のチームの勝つ可能性を下げるような判断を下すのはなぜか?、第3章 スーパーボウルの予測は、やるだけ無駄、ピッツバーグ・スティーラーズがあんなに成功しているのはなぜか?ピッツバーグ・パイレーツがあんなにダメなのはなぜか?、第4章 タイガー・ウッズも(みんなが思っているのとは違うところで)人の子、タイガー・ウッズもぼくらとまったく同じであり、ゴルフのプレーに関してはさして違わない、第五章 オフェンスを制する者も勝負を制す、オフェンスよりディフェンスのほうが大事って本当なんだろうか?、第6章 数じゃない、価値で評価しろ、ドワイト・ハワードの232回のブロックショットは、ティム・ダンカンの149回のブロックショットよりも価値が低いのはなぜか?、第7章 抜け目のないGMは2割9分9厘のバッターを選ぶ、2割9分9厘のバッターが3割バッターよりもずっと希少なのは(それに、ひょっとすると価値が高いのは)なぜか?、第8章 ミスター・ルーニーありがとう、NFLの黒人ヘッドコーチの成績がいまだかつてない悪さなのはなぜか?そしてそれがいいことなのはなぜか?、第9章 楽しい我が家、「地元が有利なのはなぜか」の昔からある説明はどこまでつじつまがあっているんだろう、第10章 それじゃ、我が家が楽しいのは本当はどうしてなんだろう?、ヒント。ファンが騒ぐというのが重要な点だが、みんなが思っているのとは違う形で重要なのだ、第11章 「チーム(team)」の文字に「オレ(I)」はない、でも、mとeは入ってる、第12章 過大評価されるドラフト1位、マイク・マッコイはいかにしてNFLのドラフトを席巻したか、第13章 コイントスこそすべてを制す、NFLの延長戦に比べれば、アメリカン・アイドルなんてぜんぜん公平なのはなぜか?、第14章 なぜ、ステロイドに手を出してしまうのか?、ドミニカ人の野球選手が他に比べてストロイドを使っている可能性が高いのはなぜか?アメリカ人の選手がハッパを吸っている可能性が高いのはなぜか?、第15章 プレーの前にタイムをかける作戦は本当にうまくいくんだろうか?、選手は凍らされると溶ける?、第16章 「絶好調」という神話、選手やチームは勢いの波に乗ったりできるのだろうか?あるいは、ぼくら(や彼ら)はそんな気になっているだけなのだろうか?、第17章 真っ赤なウソをつく統計データ、「ここ5回のうち4回」というのは、ほぼ間違いなくここ6回のうち4回であるのはなぜか?、第18章 シカゴ・カブスは呪われている?、違うというなら、なんでああも勝てない?、エピローグ、お礼の部、それぞれのお礼、訳者あとがき、なんですが、多分、スポーツファンなら、この目次でおおよその検討はついているんじゃまいか?

続きを読む "清く正しく美しくっ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月30日 (日)

走った距離は裏切る(笑)

スポーツ遺伝子は勝者を決めるか?  デイヴィッド・エプスタイン  早川書房

 サブタイトルは、アスリートの科学なんですが、いわゆる一つの遺伝か、環境か、それが問題だ?じゃね?よーするにエリートスポーツマンは何で決まるのか?とゆー、昔からの素朴な疑問かも?尤も、これを遺伝だとすると、欧米二大タブー人種と宗教の内の一つに引っかかって、まず言えねぇーの世界じゃね?でして、その点からすれば、物凄く挑戦しますたなご本だと思われでして…これは所謂、驚異の世界かも?己の価値観が試される時が来たってか?

 そんな訳で「一見、天性のスキルと思われることが実は後天的に学習されたものであったり、逆に、本人の意志と思われることが実は遺伝子の影響を受けていたりする例が登場する」んですよ、奥さん(誰?)

 まずは遺伝子事情から、「ヒトゲノムの塩基配列が解読された数年後に、運動能力に影響を与えられる一つの遺伝子を、スポーツ科学者たちが発見した」そな…とはいえ、スポーツエリートとパンピーの差は「小規模な実験で検出されるほどの差は発見されなかった」とな…よーするにスポーツ遺伝子はある、でも「複雑さゆえに特定できないだけなのだ」とゆー事らすぃ…なので、研究者は「一つ一つの遺伝子を研究するのではなく、遺伝子の命令がどのように働いているのか」に着目したとな…

 とはいえ、ベースだけの問題ではなく、「実のところ、最も基本的なレベルにおいてさえ、ハードウェアとソフトウェアの両方が必要なのだ。ソフトウェアがなければハードウェアは機能せず、逆もまた真である。特定の遺伝子と特定の環境がそろって、初めてスポーツ技術は獲得できる。そして、この両者はある時点で同時に起こらなければならない」とな…同時多発的何ちゃらは、むしろこゆのを言うのではなかろーか?まぁこちらはある意味幸せな出会いだが(笑)

 ついでに12歳より前ならば、何でもやってみその世界らすぃ…「多くのスポーツにおいて、早い時期に専門性を決めるのは、最高レベルに達するために不要であるばかりでなく、むしろ避けられるべきだとする科学的証拠は多く、しかもますます増えている」そな…となると日本の場合、小学校におけるスポーツの意義は大きいとゆー事にならね?出来るか?できないか?ではなく、どれだけ多くの種類に接する事ができるのか?後に、子供のハード(肉体)と、子供のソフト(興味)が合致したら向かうとこ敵なしじゃね?

続きを読む "走った距離は裏切る(笑)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月29日 (土)

驚きと落ち着きの状態?

グレン・グールド conducts & plays ワーグナー  グールド  ソニー

 グールドの遺作という事になるんでしょーか?ちなみに本CDに収録されているジークフリート牧歌は亡くなった年の9月8日に録音されているそーで、グールドが亡くなったのが10月4日となる模様…うーん、ラストは本人としてはバッハのミサ曲ロ短調で締めくくりたかったらしーが、バッハもグールドらしーと言えばこれ以上のものはないと思われだけど、ワーグナーというのも何とゆーか、らしーよね(笑)

 個人的にはワーグナーのあのデーハーな感じが今一苦手なんですが、やっぱワーグナーはワーグナーだなと(笑)この感覚はこれまた個人的はカラヤンはカラヤンだよなと似ている気がするんですが(笑)ついでに言うとワーグナーは准教授に似合うと思う(笑)何つーか、覇者の音楽じゃね?と思うのは気のせいか?

 最初に一曲だけが合奏で、後はいつものピアノなんですけど、これまたグールドはどこまで行ってもグールドだなぁと(笑)

続きを読む "驚きと落ち着きの状態?"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月28日 (金)

未来の身体?

なりたい体になれる アスリートめし  監修・長島未央子  日東書院

 頭書きは、鹿屋体育大学スポーツ栄養学講師が教えるとあり、表紙コピーは、組み合わせ自由自在のレシピ付き!、こんな体の悩みもアスリートめしレシピで一発解消!、組み合わせ自由自在のレシピで体にいい食卓をカンタンに!、「外食ばっかり」「自炊しない」「何品も作りたくない」…というすぼらさんにも嬉しいテクニック満載とか色々あるんですが(笑)

 本書の場合レシピが1/3位で、後は身体と栄養、食事についての解説がメインだろか?そゆ点ではこれ一冊でおべんきょになるわぁな世界が展開している模様…

 例えば、人の身体組成のとこでどー見るか?、組織レベルで見るならば、骨格筋、脂肪組織、骨、血液、他で出来ているとな…でもこれが細胞レベルとなると、細胞質、細胞外液、細胞外固体になりまっせで、これまた分子レベルになると、水、脂肪、タンパク質、他になり、更に原子レベルで見ると、酸素、炭素、水素、他になると…面白いというか、当たり前なんだろーけど、分子レベルで水がいぱーいって事は、H2Oで水素原子の方が多くね?だけど、原子レベルで見た場合圧倒的に酸素が多いのか…人間は酸素で出来ているんだなぁ…

 後、おべんきょになったのはプロティン…「たんぱく質補給に、やみくもにプロティンを飲む人もいますが、過剰摂取すると、体脂肪が増えたり肝臓や腎臓に負担をかけたり、尿管結石や骨粗鬆症のリスクが高まることにもなります」って、そーだったのか?プロティン?サプリって…

 他にも食べ物の胃の停滞時間は、「糖質が約2時間、たんぱく質が約4時間、脂質は8時間以上と言われています」とな…そんな訳で、試合前は脂っこいものは避け、試合開始時間から逆算して4時間前であれば、高糖質、低脂肪、通常通りのたんぱく質の「食事」を摂ることができます」とな…試合開始時間って大切なものだったんだなぁ…

続きを読む "未来の身体?"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月27日 (木)

真、行、草?

改定版 刺身の教科書  鈴木隆利  旭屋出版

 サブタイトルは、基本のおろし方から新しい刺身料理の作り方まで徹底解説、表紙コピーが、刺身の盛り付け、つけ醤油・油酢 増補とあったりするんですが、刺身のレシピ集というか、解説書?教本?なのかなぁ?日本料理と刺身は切っても切れない関係にあると思うのですが、ただ、魚を切るだけの調理なのに、自分で切れるか?と言われれば、ほぼ無理だろなぁ…こればかりは、お魚屋さんか、お寿司屋さんで切ってもらった方が遥かに美味いのは日本人なら誰しも知ってる事じゃね?やっぱ、その道のプロってパネェなんですよ、奥さん(誰?)

 てな訳で、本書を拝読するというか、画像が綺麗…一皿一皿が芸術品でございます(笑)和食の神髄キタコレかもなぁ…盛り付けが並じゃなんいですよ、おぞーさん(誰?)

 ちなみに「割烹の「割」とは切ることを意味し、「烹」とは煮ることを意味する。その意味でも、刺身とはまさに切る技術であり、日本料理の中で非常に重要な仕事である」とゆー事になるそな…そーだったのか?割烹?

 そんな訳で、日本のお刺身勢揃いって感じで、ずずずぃーっと刺身のオンパレードですので、これはもー見て見てとしか言いよーがないよーな?見れば分かるってこの事だと思うの(笑)

続きを読む "真、行、草?"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月25日 (火)

れっつとらい(笑)

手帳スケッチ  関本紀美子  ソフトバンク・クリエイティブ㈱

 サブタイトルは、出会ったモノ・ヒト・コトを絵で残すコツなんですが、所謂一つの日記絵みたいなもんか?よーするに自分が日常持ち歩いている手帳にラフにスケッチして記録したら如何?みたいなノリとでもいうか?

 でもって、そゆ簡単な絵、スケッチの描き方、手順が示されている本だと思いまする(笑)この手の絵もあって、字もあってのメモあると思いますなんでしょか?一時期、絵手紙みたいなのが流行ったけど、それの手帳、メモ版も流行っているんでしょかねぇ?

 まぁ絵があった方が分かりやすいのと、何よりカラフルだよなぁ(笑)手帳ってどこか暗いとゆーか、地味なので、こゆのもありかもしらんと思いますた(笑)

 まっ具体的な話もいぱーいで、例えばペンは水性の耐水ペンを使えとか(笑)その心は、後から色を指した時ににじむのはあかんやんと、じゃあ油性ペンにしたらインクが紙の裏ににじむやんけとゆー事らすぃ…実に的確なポイントじゃね?

 でもって、絵の描き方のとこが、丸と四角をちゃんと描けるよーに練習しよーから始まる訳で、全ての基本はそゆ事なんだなぁと目から鱗が(笑)

続きを読む "れっつとらい(笑)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月24日 (月)

カリッとな(笑)

鶏唐揚げプロのテクニック  旭屋出版

 表紙コピーは、ご当地唐揚げ、人気店の名物唐揚げ…の調理技術を大公開なんですが、国内に唐揚げ有名店ってこんなにあったんだなぁとちょっとおろろいた(笑)日頃、そんなに気にした事なかったけど、専門店もありますよってにだったりして…鶏からだけで商売していけるんだから、それはそれで物凄い事じゃね?ちょい昔のCMで、ハイボールと鶏カラなんてのがあったけど、あれはあれである意味必然だったのか?

 そんな今となっては国民食じゃね?の鶏カラですけど、「実は、歴史的にはそれほど古くなく、戦後に普及した料理です」って、そーだったのか?鶏カラ?養鶏業が発展して広がったとゆー事らすぃ…需要も大切だが、供給もねって事か?

 それにしても、鶏カラ…大分のお店が多い気がするのは気のせいか(笑)ちなみに「「専門店発祥の地」宇佐に対し、「聖地」中津と称され、唐揚げファンの間で人気を集めている」って、そーだったのか?大分?宇佐といえば宇佐神宮かと思ってますた…

 個人的にびっくらしたのは、黒からあげ(関からあげ学会/岐阜・関)とNIN-JIN名物黒装束唐揚げ(「隠れ忍者の台所 NIN-JIN/兵庫・三宮)でしょか?ネーミングからも分かる通り、唐揚げが黒いんですよ、奥さん(誰?)もーそれだけでインパクト大でございますっ(笑)この黒さ何事と思えば、関の方は椎茸とヒジキから、NIN-JINの方はイカ墨からだそな…見た目はどちらも鶏カラというより岩に見えるんだけど(笑)でも、どんな味なのか、一度は口にしてみたいものよのぉ越後屋ってか(笑)

続きを読む "カリッとな(笑)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月23日 (日)

都民必読の書(笑)

オリンピック経済幻想論  アンドリュー・ジンバリスト  ブックマン社

 サブタイトルは、2020年東京五輪で日本が失うものなんですが…五輪招致、五輪開催、その後に残るものはロクなもんじゃねぇとは薄々そんなもんじゃね?とは思ってはいたが、こーもデータと結果出しましたが、何か?となると、最早、笑い事ではないよな?

 本書を一言で表すと、「IOCは魅力的な言葉で彼らの目標を語り、人権や、持続可能性や、雇用創出や、健康的なライフスタイルや経済発展を説く。しかし残念ながら、現実はそのような甘い言葉通りにはいかないことをこれまでの大会が示している」に尽きるよな…本書を拝読する分には、戦後五輪、LAとバルセロナ以外は全て失敗しているのではなかろーか?とゆー事になるんじゃね?

 そんな訳で、本書はどーしてこーなったぁーっ?をこれでもかこれでもかと、事実を列挙して下さいます(笑)現実って…

 の前に五輪のおさらい(笑)事の起りは仏の貴族、クーベルタン男爵ピエール・ド・フレディの妄想もとい情熱が古代五輪を今でしょ(死語?)と復活させた事から始まったと…近代五輪キタコレですけど、こちらの詳細は本書をドゾ。ただ「古代オリンピックがクーベルタンの想像したようなアマチュアリズムと平和を体現するものであったことに懐疑的な歴史家たちもいる」そで(笑)よーするに「近代のオリンピックもアマチュア競技者で構成すべきだという19世紀後半のクーベルタンの主張は、参加者を上流階級に限定するに等しいものだった」とゆーだけの事ってか(笑)五輪の理想パネェ(笑)平和の祭典の方もこれまた詳細は本書をドゾですが、「オリンピックがそれまでの敵対関係を焼結させたり、新たな抗争を防いだりしたという証拠はないように見受けられる」そな(笑)

 更に、被差別原則も「単なる建前にすぎなかった」で、女性アスリートは初回は参加していないし、その後も圧倒的に少人数とゆーか、女性競技ナニソレですけん…しかも人種問題もあったんじゃね?はストックホルム大会でのジム・ソープ(米)やメキシコ大会の時のブラックパワー・サリュートとかありましてんでしい…

 他にも平和の祭典のはずじゃねで「オリンピックは政治とは無縁で世界平和を促進するものであるはずだったが、第一次世界大戦時の連合国側は敵国をアントワープオリンピックに参加させる意思はなく、ドイツはあっさり除外された」そな…ついでに言うと墺、洪、勃、土もとな…

 ちなみにこのアントワープ大会が「開催都市の潮流となるひとつの性質を備えたもの」となりますたとゆー事らすぃ…何がと言えば、ビジネスきたこれじゃね?でして、こちらの詳細も本書をドゾ。これまた白の歴史家達曰く「明らかなのは、大いなる運を持った少数の有力者たちが自らの経済的利益や社会的地位の向上にオリンピックを利用することに成功したということだ」とな…何か現代臭がプンプンすると思うのは気のせいか(笑)

続きを読む "都民必読の書(笑)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月21日 (金)

ライオンが三つ?

フットボールのない週末なんて  ヘンリー・ウィンター  ソル・メディア

 サブタイトルは、ヘンリー・ウィンターが案内するイングランドの日常なんですが、所謂一つのサッカーエッセイ集だろか?英のスポーツ記者が自国のサッカーを語るとこーなるとゆーのがよく分かるってか(笑)

 なので、内容が濃いというか、プレミアリーグとイングランド代表を知っている人向きだろか?何気にディープというか、お約束がてんこ盛りのよな?例えば「巷のフットボールファンに「99年のギグスのゴール」と話題を振れば、あたかも昨日のことのように熱く語ってくれる。元祖"ウェールズの魔法使い"が披露した独走ゴールの華麗さと胸毛の濃さを」って…これを瞬時に理解できるスキルがないと、本編全編はこんなノリで突き進むでござるなんですよ、奥さん(誰?)

 まぁ、どんなスポーツにもコアなファンはいるもので、それがサッカーとなれば、コアのコアにはフーリガンな方もいらっさいますから…しかも英、元祖フーリガン発祥の地でござるじゃね?とここまで行けば老いも若きも熱血サポですが、何か?の世界を展開していらっさる模様…

 騙されたを思って一コラムだけでも目を通せば、実に英人らしい慈愛に満ちた文章がお待ちしておりますってか(笑)

続きを読む "ライオンが三つ?"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月19日 (水)

百年ひと昔?

国立競技場の100年  後藤健生  ミネルヴァ書房

 サブタイトルは、明治神宮外苑から見る日本の近代スポーツなんですが、明治以降の日本のスポーツ史かもなぁじゃまいか?何とゆーか、スポーツって、近代の賜物って感じで、特に20世紀キタコレそのものなのかもなぁと(笑)でまぁ、本書を拝読して、結構な分量なんですが、四の五を言わずまずは読めの世界かなぁ?いやぁ、たかが百年、されど百年でして、一口で言える話じゃないんですよ、奥さん(誰?)

 この夏にリオ五輪があって、四年後に東京五輪が控えていて、その舞台となるのが国立競技場って事で、新国立競技場について未だもめていますが(笑)間に合うか?というより、で・き・る・か・なぁー(笑)の世界に突入しているよな(笑)まぁモノのデザインとか、建造とか、納期より何より気になるのはお幾ら万円って事だよなぁ(笑)でもって、それ最終的には誰が払うのか?←ここ一番大切(笑)まぁ都で払うならば、競技場の名前に都民(納税者)全員の名前つけてみるとか如何なものか(笑)寿限無じゃないけど、世界一長い正式名称の競技場になるだろなぁ(笑)

 さて、そんな国立競技場ですが、国立競技場と言えば、神宮外苑にあるアレというイメージでおりましたが、そのルーツは、「一九二四年(大正一三年)一〇月二五日。すでに秋の色は濃くなっていたが、青く澄みわたった空の下、明治神宮外苑競技場の竣工式が行われた」から始まるらすぃ…日本にもスタジアムきたこれってか(笑)

 とゆー事で、まず明治神宮ありきの世界から始まる訳だったりして、こちらの詳細は本書をドゾ。まぁ明治天皇のお墓は京都だから、東京は神社造ろうぜとゆー事になったらすぃ(笑)で、その神社的なそれのとこが内苑とゆー事になって、ちょっとした森もでけたとゆー…で、外苑はどよ?というと、「渋沢や阪谷らの構想には、明治神宮内苑だけでなく、明治天皇を記念する建造物などを含む明治神宮外苑を民間の献費で建設する計画も含まれていた」とな(笑)

 そんな訳で外苑には、西洋式公園キタコレで、葬場殿記念建造物、聖徳記念絵画館、憲法記念館、競技場を建てよーじゃまいかと計画キタコレだったらすぃ…

 まぁ予定は未定というか、紆余曲折の果てが今の国立競技場に続くとなで、本書は進んでいく訳ですね(笑)ある意味、金と戦争のラプソディって気がしないでもないけど(笑)スポーツって政治と切り離して考えるが建前だけど、時の政局と連動相場制な気がするのは気のせいか?

続きを読む "百年ひと昔?"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月17日 (月)

山へ行きましょー娘さん?

日本山小屋ガイド  枻出版

 表紙コビーは、主要5山域の全264軒を網羅とか、掲載山域は…北アルプス、南アルプス、中央アルプス、八ヶ岳、丹沢とか、営業時間から宿泊料金、ケータイの電波状況まで詳細情報が満載の一冊とかあるんですが、どよ(笑)

 日本の山には山小屋があるがジャスティスなんですかねぇ?トーシロ的にはこんなにあるとは思いませんでした…世界の山事情的には、どーなんだろぉ?何か山小屋というと、富士山のソレ位しかパッと見思い出せない位ですから…

 そんなトーシロがネーミング的におろろいたのが避難小屋…そゆのは災害とか有事の際しか出て来ない単語だと思っていたので、日常に普通にあるとは思わなんだ…これって山的には当たり前なんだろか?と…

 というのも、本書に掲載されている避難小屋だけでも、白鳥山避難小屋、雪倉岳避難小屋、不帰岳避難小屋、餓鬼山避難小屋、北ノ俣避難小屋、滝谷避難小屋、十石避難小屋、奥千町避難小屋、木曽駒七合目避難小屋、大樽避難小屋、、槍尾避難小屋、空木平避難小屋、擂鉢窪避難小屋、安平路避難小屋、小河内岳避難小屋<、高山裏避難小屋、中岳避難小屋、赤石岳避難小屋、兎岳避難小屋、黍殻避難小屋、犬越路避難小屋、加入道避難小屋、菰釣避難小屋、畦ヶ丸避難小屋、一軒屋避難小屋etc.あるよーです…お山に避難小屋がいぱーいってか?

 ネーミング的に引っかかったのでは、村営どでしょ?意外と山小屋、村営のが多いよな気がするのは気のせいか?村営栂池山荘とか、他にも色々出てくるんですよぉ。個人的にツボでは、ウソッコ沢小屋かなぁ(笑)殿方的には、合戦小屋とかもありますよってに(笑)

続きを読む "山へ行きましょー娘さん?"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月16日 (日)

歴史と伝統…

知識ゼロからの神社入門  櫻井治男  幻冬舎

 日本人なら一度も神社に参拝した事がない人ってそーはいないと思うんだが?如何なものか?でもって、じゃあその参拝の仕方は完璧だぁーっと言い切れる人はどの位いるのか?だいたいこれもこんなもんじゃね?ですましているのが実情じゃなかろーか(笑)

 細かい作法についての詳細は本書をドゾですが、そーだったのか?神社?なエピがいぱーいでそれだけでもおべんきょになるよな?例えば鳥居、「鳥居をくぐることは神の世界へ向かうこと。伊勢神宮には複数の鳥居がある。1つ越えると豊葦原国、2つ越えると瑞穂国、3つ越えると大和国へ入るともいわれた」って、そーだったのか?伊勢神宮?

 また、神社に多い玉砂利、あれも「玉砂利の玉は「霊」に通じ、大切な、美しい小石という意味がある。玉砂利でその場を清め、踏みながら歩くことによって、参拝する人々のこころを清めるためだとされている」とは、これまた知らなんだ…

 こちらは豆知識的になるのかもだけど、神社につきものの狛犬、あれも「日本に狛犬が伝わったのは平安時代。当初は、几帳や門扉、屏風が風などで揺れないようにするために、宮中で使われた。魔除けとしても用いられており、神社の守護にも転用された」って、ホンマでっかぁーっ?

 とかよーに神社エピいぱーいでございます(笑)

続きを読む "歴史と伝統…"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月14日 (金)

食欲の秋っ

私の作る郷土料理  ふるさとごはん会編  マガジンハウス

 所謂一つのレシピ本なんでしよーけど、むしろ資料的趣の方があるかもしれんねぇ…だろか?というのも、日本全国の郷土料理が紹介されている感じでして、しかもそのレシピは、その土地にお住まいのマダム達のソレなのだ(笑)いやぁ究極のじもっちー、普通のお家の主婦たちが繰り出すそれは、まさにザ・日本の食卓っ、日本人なら一度は目を通した方がいい本ってあるんですよ。奥さん(誰?)というより、これ小学校の副読本に是非っと思ふ…

 でまぁ、うさぎがおいしいふるさとじゃなくて、秋になったので、食材の旬もいぱーいって事で、どんなもんかい?と思って手に取った訳だったりして…本書的にいくと、「いも、くり、かぼちゃ」の項になるのだろーか?ホクホクっすよホクホク(笑)

 本書に掲載されているのは、くりの茶巾しぼり、くりようかん、くりの渋皮煮(長野県上高井郡小布施町)とか、あぶらげもち、かぼちゃのおやき(青森県弘前市)とか、さつまいものいもだんご、ふくれ(鹿児島県河辺郡知覧町)が掲載されています。いすごの土地も皆それぞれに伝統料理ってあるもんなんだぁとゆーか、地元でとれるせーか、皆さん素材をおしげなく使っていらっさるとこが、パネェ…究極の贅沢って地元の事を言うんだなぁ…

 どれも見かけは素朴で、何となく昭和の香りがなきしもあらずなんですが、100%日本産混じりけなしのピュアじゃけんで、一昔前はこーして祖母や母親の御手製のおやつとか食べていたんだなぁと思うと…健康とか、エコとか、環境とか、観念じゃなくてリアルなんだなぁと…ハレではなくてケの料理、そこに嘘はないんですよん(笑)

続きを読む "食欲の秋っ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月13日 (木)

銀塊と斯界?

早稲田ラグビー 誇りにうけて  日比野弘  講談社

 所謂一つのラグビー部本でしょおか?それも、早稲田の早稲田による早稲田の本…早稲田ラグビーファンに捧ぐなノリかなぁ?熱いですっ、いや本当に熱い。もー早稲田の前に早稲田なし、早稲田の後に早稲田なし。朝、昼、晩にも早稲田で、圧倒的じゃないかわが早稲田はで、全ては早稲田色に染まってしまえばいいんだわの世界とでも言おーか(笑)何か、ここまで愛校心、愛部心、愛ラグビー心を見せつけられると、天晴としか言えねぇ(笑)

 そゆ訳で、ラグビーの本のはずなんですけど、早稲田の方が頭に残りますた(笑)いや、ある意味、日本の戦後大学ラグビー史の貴重な証言の一冊だと思われなんですけど(笑)

 ラグビーとしては歴史的に、ラグビーは慶應大がはじめますたは有名な話なので、今更なんですが、「明治32(1899)年創部の慶應はラグビールーツ校の誇りを持ち、難攻不落の堅城だった。三高、京大、同志社、早稲田、明治、東大ら新興校は、他校に先駆けて打倒慶應を狙ったが果たせず、明治、大正の時代を、慶應は無敗の記録を続けて昭和の時代に入る」とな…そーだったのか?福沢諭吉?

 更に、「大正11(1922)年に第三高等学校のラグビー部員が、KRAC(神戸外人クラブ)から入手した英国協会のルールブックを手分けで翻訳し、自費出版したのが日本初めてのルールブックである」とな…ちなみに「昭和3(1928)年に、日本協会として初めて「競技規則」を制定した」のだそー(笑)

 何はともあれ「楕円球のラグビーボールは、よく人生の縮図であると言われる。つまりラグビーボールが不規則なバウンドをすることによって、ゲームの勝敗を左右することが、予測もつかない人間の未来にたとえられているのである」とな…それがラグビーだ、それが人生だって事らすぃ(笑)

続きを読む "銀塊と斯界?"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月12日 (水)

ゼウス様は見てる(笑)

驚異の古代オリンピック  トニー・ペロテット  河出書房新社

 なにほろ五輪なお話しかなぁ?つい最近、リオで五輪ありましたけど、あれは近代五輪、で、こちらはその元となった古代五輪についてのエトセトラかなぁ(笑)

 スポーツとは熱狂するものなりとゆーのは、昔々のその昔から、そゆ事だったらすぃ(笑)当時でさえ、スタジアムに四万人収容ですから、ドンダケェー(死語?)って事じゃね?紀元前の人口比からすると、それはもー並大抵のこじゃない行事って事にならね?それをやってたギリシア人って…まぁ神に捧げる神事としても、凄いとしか言いよーがないよーな?

 だいたい、開催地のオリュンピアからして、「ギリシア南西部の僻地にあり、アテナイからは約三三〇キロ離れている」立地とな…そこへ「大半の観客は険しい山の乗り越えて街道をとぼどほと歩き、外国からも遠くはスペインや黒海から船に乗って、嵐で難破するかもしれない覚悟でやってきた」そで、しかも命からがら現地に到着しても「歓迎する準備など何もない」って…ホンマでっかぁーっ?

 というのも「古代オリュンピアにあった唯一の宿泊施設レオニダイオンは使節や関係者しか利用できず、一般の観客は自分で寝場所を確保しなければならなかった」って事は、どゆ事?とゆーと、会場(競技場?)の回りを「取り巻くように無法地帯のキャンプ場が広がっていて」「一帯はさなから難民キャンプだった」って、マジっすか?

 そんなカオスな状況がどんだけ凄かったかの詳細は本書をドゾ。それでも「スポーツを愛するファンはどんな苦労もいとわなかった」ってゆーから、ギリシア人、どんだけスポーツ好きなのか(笑)

 そんな訳で「紀元前七七六年から、紀元後三九四年にローマ皇帝がキリスト教以外の異教の儀式を禁止するまで、四年に一回、一度も欠かさずに開催された。実に一二〇〇年近く続いたのだ」って言うから、まだ百年ちょっとの近代五輪なんて、甘いね、の世界かもなぁ?しかも、その近代五輪も経済面から見れば今後どんだけ続くのか怪しいもんだし(笑)

続きを読む "ゼウス様は見てる(笑)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月10日 (月)

なちゅらる(笑)

北欧と英国のアーティストたちの庭  ジュウ・ドゥ・ポゥム  主婦の友社

 秋が来たで、お庭がふつくしい季節到来ってか?ガーデニングの腕がなるぜの世界かもしれないんですが、やっぱ欧州のお庭は、自宅の庭がもろに庭園って感じで、個人宅の普通の庭でも絵になるんですよ、奥さん(誰?)まぁ、個人宅でも日本に比べると遥かに広い庭じゃまいか?で、そこを緑の芝キタコレだけで、何かもー別世界のよな雰囲気満載♪

 こちらに掲載されているのは若いデザイナーカポーのお庭拝見のノリで、現地的には小さい、もしくは平均的な敷地面積だと思われなんですけど、やはりそこは元がクリエイター、その魂に火をつけたのかで、鬱蒼としていても美しいし、デザイン凝っているとこは凝っているし、さりげないとこも計算されているんだろぉなぁ的な美しさというか、いやぁ、外国じゃあとゆー景色キタコレなんですよ、奥さん(誰?)

 ロンドンのお庭だと、テーブルにティーセットが鎮座してまして、更にスコーンなんかもあるといかにも英国じゃまいか?この当たり前の風景パネェ(笑)でも何故か添えられているジャムが仏製なのは見逃しませんでした(笑)英国人でもジャムは仏製でオケ(笑)

 生活感が出ているなぁでは自宅だから洗濯物も干してありまっせで、これもおしゃれに見えるから北欧パネェ…ちなみに「北欧では、お庭に洗濯物を干すことができるのは、夏だけのよろこび」って、そーだったのか?スウェーデン?

続きを読む "なちゅらる(笑)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月 9日 (日)

満員御礼(笑)

花園が燃えた日  鎮勝也  論創社

 サブタイトルは、高校ラグビー北野vs.伏見工なんですが、高校野球の聖地が甲子園としたら、高校ラグビーの聖地は花園じゃね?とゆーのは、スポーツ音痴の己でも知ってはいたんですが、それがどこにあるのか?とゆーと全然知らなかったりして…大阪府東大阪市にあるそで名称も近鉄花園ラグビー場とゆーらすぃ…

 本書はその花園での大会の一コマと言う事になるのか?時は1988年1月1日「元旦の午後二時」キックオフとな…第67回全国高等学校ラグビーフットボール大会三回戦」の大阪府立北野高校対京都市立伏見工業高等学校の試合とな…

 何で数ある大会の試合の中で、これなのか?と言えば、この試合の観客数が過去最大は勿論、とんでもない数字を叩き出したから…「当時の花園の公式収容人員は一万二千人」位だったらすぃ…なのに「売り出したチケットの総計は二万一四〇一枚。記者発表人数は二万」これだけでも倍以上に人数なのに、「チケットを買わず、不法侵入した人間を合わせれば、もっと大きな数字になる」ですから、その場にいた観客の実数は誰も知らないの世界か?

 いくら地元校(関西圏)同士の対決とはいえ、これは異常事態では、何故、地元民、観客は会場に詰めかけたのか?とゆー花園の一日をドキュメンタリータッチで書き上げた一冊だろか?

 いやー、実に昭和なお話しなんですけど、何か、関係者各位、選手、監督、関係者、メディアに会場担当者と皆それぞれ熱いんですよ、奥さん(誰?)アマチュアの大会なのに、出てくる人達は全て仕事を全うしている感じとでもいおーか?

 後、本書を拝読しておべんきょにもなりました…例えば、「日本のラグビーは母国・イングランドから伝わった」そで、時は「一八九九年、慶應義塾大学予科の語学教師だったケンブリッジ大出身のエドワード・ブラムウェル・クラークと同じく同大で学んだ田中銀之助が東京、三田綱町の慶應義塾グラウンドで教えたのが公式には最初である」とな…成程、ラグビー事始めってか(笑)

 ちなみに「高校ラグビーの1回大会が全同志社、三高、全慶應、京都一商の四チームで開かれたのは一九一八年」の事らすぃ…となると高校ラグビーももーすぐ百年って事だろか?

続きを読む "満員御礼(笑)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月 8日 (土)

地元を愛する心がある限り、この国は滅びないっ

フットボール百景  宇都宮徹壱  東邦出版

 写真集なのか?エッセイ集なのか?サッカーの日常だろか(笑)2008-13年までのサッカー界の出来事を追うというか、著者個人の好みで追うかなぁ(笑)なので、メジャーなお話しもありますがW杯とか五輪とか、でも、もっと身近なとゆーか、普通の庶民の生活に密着したサッカーもありますよってにかなぁ?日本で言うなら、代表とJリーグだけがサッカーじゃないよとゆースタンスか?それを全世界が舞台みたいなノリでやってる訳で、著者のサッカー愛というか、サッカー範囲、半端ない(笑)

 とにかく、サッカーの興味がない人でも、こちらの写真だけでも眺めてみたらどーだろぉ?とは思ふ…いや、とても綺麗なんですよ、奥さん(誰?)これだけでも世界の広さが分かるってもんじゃなかろーか?

 まぁエッセイ的には、サッカーって本当にいいものですよね、では競技場で僕と握手ってノリかなぁ(笑)まっ一サッカー好きから見ると世界はこー見えるのかとも言うだろか(笑)

 ネタ的に面白いのも多くて、例えば「CNNが「世界の酷いスタジアム・ベスト11」というリストを発表した」の件は、米のメディアって、さすが何様俺様米様、ブレてなーいってか(笑)ちなみにこの中にウェンブリー(英)とマラカナン(伯)も入っているんだから、おステキすぐる(笑)

 また、サッカー以外の時事情報もチラっと出ていて、「国内では9月7日に尖閣諸島中国漁船衝突事件が発生。この時の政府の対応のまずさは、周辺国との潜在的な緊張関係をさらにこじらせることになる」の件を見て、あれってつい最近の事かと思っていたら、2010年の事だったのか?なるほろ、国民の生活が一番ってか(笑)

続きを読む "地元を愛する心がある限り、この国は滅びないっ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月 7日 (金)

ちゃーれんじっ(笑)

やっぱり肉料理  横田渉  大和書房

 サブタイトルが、カリフォルニア・キュイジーヌのとっておきレシピなんですが、カリフォルニア・キュイジーヌって何じゃ、そら?とゆーと、「アメリカ西海岸発祥の料理のスタイルです」という事になるそな…よーするに「カリフォルニアには歴史的に移民が多く、色々なルーツを持った料理人がいます。そのシェフたちが土地の食材を使い、新しく生み出した料理の集合体」なんだそな…ある意味究極の米料理というか、こちらからしたら無国籍料理じゃね?だけど?どーなんだろぉ?

 まぁともかく、本書はタイトル通りにお肉のレシピ本でして、牛、豚、鶏は勿論、その他羊に鹿も出てきます…何とゆーか、米って牛肉と鶏肉しか食べていないイメージだったので、鹿もOKだったんですねぇ…ちょっとおろろいた(笑)米とゆーと、何でも動物保護の世界かと思っていたんで、小鹿のバンビはありなのか?それとも年齢制限ありなんだろか?うーん…米の正義はトーシロにはむつかしー…

 まっ、それもともかく…肉と言えば、ステーキじゃね?と昭和な思考をしたら、本書、何と初っ端からサーロインステーキきたこれで、やはり米、期待は裏切らない分かりやすさ、そこにしびれるあこがれるぅーっで、最早読み進むしかないでしょお(笑)

 それにしてもステーキを美味しく焼くコツが、強火で焼き目をつけたら、肉を取り出してアルミホイルでくるんで休ませるとは知らなんだ…そーだったのか?ステーキ?で肉を休ませている間にソース作るんだと…余熱で火を通すと肉が柔らかいんだそな…何事にもテクニックってあるんだなぁ…てな訳で詳細は本書をドゾ(笑)

 あっそんな訳で鹿ロースのベーコン巻きステーキもあるんですよ、奥さん(誰?)

続きを読む "ちゃーれんじっ(笑)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月 6日 (木)

信じる者は救われる?

不動の魂  五郎丸渉・著 大友信彦・編  実業之日本社

 サブタイトルは、桜の15番ラグビーと渉むなんですが、あの五郎丸の自伝って事になるんだろぉなぁ?多分、去年のW杯前に発行されたんだと思ふ(笑)

 いやぁ…去年の今頃はそー言えば、ジャパンフィーバーとゆーか、五郎丸フィーバーだったよな?ブライトンの奇跡みたいな(笑)南アは思い出したくないゲームだろーけど、多分、この一試合だけで、日本では向こう百年は語れるみたいな話じゃなかろーか?あの後、年末までテレビというテレビで五郎丸見ない日はなかったよーな気がするし?そして去年、メディア関係者必読本になったんだろぉなぁと推察いたします(笑)

 まっ少年時代の五郎丸とか、学生時代の五郎丸とか、なるほろなラグビー人生というか、街道を突っ走ってきたお人なんだなぁと…ある意味、ラグビーエリートそのものなんだろーけど、ご本人的には、決してエリートではないという認識かもなぁ?何か王道の中の王道を歩いているよーで、その実、平坦な道のりじゃないし(笑)

 ラグビー初心者的にも色々おべんきょになりました…例えば、著者のポジションはFBなんですが、これ高校生の頃からなのか?でもって、ラグビーって15人制になるのって高校生からなのか?「中学のラグビーは12人制で、フルバックというポジションはなかった」そな…五輪なんか見ると7人制ラグビーだし、ラグビーも色々あるって事ですかねぇ?

続きを読む "信じる者は救われる?"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月 4日 (火)

いただきますのその前に?

決定版スポーツをする人の勝利食  監修・石川三知  講談社

 表紙コピーは、知っておきたいスポーツの栄養学の基礎がわかる、「勝つ」体を作る!スポーツ愛好家必携の本!運動の効果をさらにアップする正しい食事法!なんですが、第一級のアスリートになると専属シェフとか、栄養士とかがついていても普通にあるあるなご時世じゃねですが…まぁ食べる物でも身体は変わるっていうのは、これまたあると思いますだしなぁ…

 そゆのを突き詰めていけば、それを取り入れているか?いないか?も、その道を究める近道の一つなんじゃなかろーか?でしょか?今風に言うと合理的で効率的って奴(笑)

 てな訳なのか「スポーツ栄養学では、競技種目別に食べるものを選ぶのではなく、トレーニングメニューに合った食事をすることが大切なのです」となる模様…何を食べるかも問題だけど、どんだけ食べるかもあるじゃまいかで「スポーツ選手の場合、1日あたりの摂取エネルギーは、男性が3000-4500kcal、女性が2500-3500kcalの範囲内と考えられています。減量が必要な人は1日1600kcalくらいから始めるとよいでしょう」とな…

 後、食べ方指南も凄い…例えば夕食の場合「運動前に主食を食べ、運動後はおかずを食べるというように、夕食を2回に分けて食べる工夫をしましょう」って、しかも「運動直後に果汁100%ジュースなどでグリコーゲンを回復させるのを忘れずに」って、食べてから動くあると思いますなのかぁーっ?もしや、これが噂のグリコーゲンローディングの一環?

 それと、トレーニング中は、水分補給幾らでもOKらすぃ…「のどのかわきを感じたら、すでに相当の脱水状態になっているのです」ってホンマでっかぁーっ?

続きを読む "いただきますのその前に?"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月 3日 (月)

奮戦記?奮闘記?

「弱くても勝てます」  高橋秀実  新潮社

 サブタイトルは、開成高校野球部のセオリーなんですが、サブタイトル通りの本だろか?よーするに、開成高校の野球部密着レポじゃね?高校野球というと、既にセミプロ化してね?の世界ですけど、そゆとこに普通の(?)というより、スポーツいまいちの球児達が乗り込んだら、どーやって闘うか?の世界が展開している模様…

 で、高校の名前からしてお分かりの通り、天下の名門、東大に一番近いんじゃねな生徒の高校野球とは何か?実に興味深い内容です(笑)いやあ、もー頭が良いの頂点にあるよーな学校ですから、さぞかし凄い頭脳プレーを繰り出して、高校野球界を席巻してるのかと思いきや、禅問答とギャンブルの間に野球とは存在していた模様(笑)

 とにかく、監督も選手も何気に濃いというか、キャラ立ってね(笑)そんな開成がキタコレになったのが「平成17年の全国高等学校野球選手権大会の東東京予選で、同校の硬式野球部がベスト16にまで勝ち進んだ。最後に敗れた国士館高校が優勝したので、ややもすれと夏の甲子園大会に出場できたのである」って、ホンマでっかぁーっ?

 てな訳で、これは一大事じゃなかろーか?と著者は開成高校野球部に取材いきましたとゆーお話しらすぃのだ…だいたい進学校に野球部があるのはともかく、それがちゃんと機能しているとは知らなんだ…こー言っちゃーなんだが同好会のノリかと思ってますた…すまんこってす…

 かくて舞台は、西日暮里、意外な事に進学校は下町にあるのか?そして今時、詰襟の制服…時代ですなぁとゆーか、さすが伝統校ってか?そして野球部の環境はと言えば、「開成高校のグラウンドはひとつしかない。他の部活との兼ね合いで、硬式野球部が練習できるのは週1回。それも3時間ほどの練習で、彼らはベスト16入りを果たしたのだ」とな…何気に凄いぞ開成高校ってか(笑)

続きを読む "奮戦記?奮闘記?"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月 2日 (日)

天までとどけ(笑)

THIS IS CLASSIC ディーヴァ&ディーヴォ ベスト&グレイテスト  EMI

 古今東西のオペラ歌手が一堂に会しているとゆー、ある意味非常に贅沢なCDかなぁ(笑)何か本当に同じソプラノでも、テノールでも色々あるんだなぁと感心しますた…さて、オペラ、これ伊はフィレンツェ生まれだったのか?それも1600年初頭の「ダフネ」(@ベーリ)が始まりだとか…400年の歴史ありの世界だったんですねぇ…何となく江戸の歌舞伎と重なるのだろか?ふと思ってみたり?芸能・芸術の歴史も奥が深いなぁ(笑)

 まぁ何にせよ、ヴェルディとかプッチーニとかはさすが伊人、上手いのは当たり前だけど情感のソレは伊に勝るものなしな気がするのは気のせいか?そんな作曲者のソレもあるんですけど、本CDを何で手に取ったかというと、テノールの中にただ一人バリトンの方がいらっさったからなんですね(笑)バリトン・ウォイスと言えば、我らが准教授じゃありませんか(笑)

 で、バリトン、バリトンと読む度に思うにはそのバリトンのイメージが全然浮かばなくて…具体的にバリトンとは何ぞや?と(笑)麗しのトーマス・ハンプトンのバリトン・ヴォイスは如何に?しかもその曲が夕星の歌ときたもんだっ星的に准教授か?夕的にアリスか(笑)曲的には落ち着いたスローな曲に聴こえるんだが?まぁお祈りというか、祈願の歌みたいだからなぁ?しかもお姫様の為にですから(笑)

 とはいえ、個人的に気になったのは実はフョードル・シャリアビンのとこで、このシャリアピンって、あの帝国ホテルのシャリアピン・ステーキのシャリアピンなんだろか?という素朴な疑問が(笑)いかん、オペラ聴いて思う事がご飯関係なんて己の食い意地に絶望した(笑)

続きを読む "天までとどけ(笑)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月 1日 (土)

流れに乗るか、流れに逆らうか、流れから身を引くか?

ローマ人の物語 38 キリストの勝利 上  塩野七生  新潮社

 さて、コンスタンティヌス「大帝」が亡くなったのが紀元337年5月22日、ちなみに彼が「定位争奪戦に加わった年から数えれば三十年、ライヴァルのマクセンティウスを敗死させ、帝国の西方を手中にしてからならば二十五年、そして、最後に残ったリキニウスをも倒してついに唯一の最高権力者になってから十三年」という、実に長期政権だった事が分かるってか(笑)独裁政権パネェ、でもって、お取り巻きもっとパネェ…

 帝位が長いのではアウグストゥスが一番ですけど、彼の場合は右肩上がりのローマの為の礎づくりでしたけど、コンスタンティヌスの場合は、だだ減りのローマというか、その名の元の帝都ローマを棄てて自分の名を冠した首都、独裁都市コンスタンティノープルに遷都しましたが何かで、民に選ばれし者ではなくて、神に選ばれし者で一神教擁護キタコレですから…帝国は皇帝と聖職者達の為にある一直線の果てにってか?

 さて、では次の帝位は誰か?なんですが、コンスタンティヌスには四人の息子がいたとな…前妻との間のクリスプス、そして後妻との間にコンスタンティヌス二世、コンスタンティウス、コンスタンスとな…ちなみにクリスプスは後妻との不義密通事件を仕立て上げて既に「死に追いやった」となれば、実の息子が三人いた事になると…

 でもって、コンスタンティヌスの異母弟二人には四人の息子がいたとな…ダルマティウス、ハンニバリアヌス、ガルス、ユリアヌス…

 そこで、コンスタンティヌスは後継者に、「長男のコンスタンティヌス二世-ガリア、ヒスパニア、ブリタニア、次男のコンスタンティウス-小アジア、シリア、エジプト、三男のコンスタンス-イタリア、パンノニア、北アフリカ、甥のダルマティウス-ダキア、トラキア、マケドニア、ギリシア、甥のハンニバリアヌス-北部メソポタミアにアルメニア王国」自身が亡くなる二年前に帝国を五分割していたとゆー(笑)

 そして、六月にコンスタンティヌスの葬儀が行われ、あけて七月「首都コンスタンティノープルの皇宮を血で染めた粛清が起こったのである」とな…「殺されたのは、コンスタンティウス一人を除いた、大帝の葬儀に出席していた肉親全員だった。大帝の肉親の中で殺害を免れたのは、十二歳のガルスと六歳のユリアヌスの二名のみ」とな…「これほども数多くの地位の高い人々を、しかも皇宮内でほとんど一夜のうちに粛清しつくすことができたのだから、計画は事前に充分に細部に至るまで煉られていた、と考えるほうが常識だ」けど、詳細はほぼ不明、何せ七月の何日なのかも分からない位ですから、お察し下さいってか?独裁国家パネェ…

 「コンスタンティウスは皇宮内にいたが、この事件にはいっさい関与していないこと。殺害者たちは彼らの一存で行動し、それは、ローマ帝国の帝位は亡き大帝の実の息子三人で占められるべきとする、決意に基づいて成されたこと」って…何とゆーか、独裁政治って恐怖政治で、邪魔者は消せで、殺してナンボの世界なんだなぁと…何せ、誰か聞いてもおかしくね?な殺人事件がまかり通るんだから、最早法律なんて皇帝の御心のままにってか(笑)

 こーして実の兄弟で分け前を三分割する事になると…「ダキアと呼ぶようになっていたドナウの南岸部とその南に位置するマケドニアにギリシアは、三男のコンスタンス」に、ドナウ河が黒海にそそぎこむ地域一帯」「北部メソポタミア」は次男のコンスタンティウスに、下る事になると…

 さて、これで帝国は落ち着くか?というと、そーは問屋が卸さないってか(笑)どこの世界も絶対権力者は己一人でいいじゃないか?で、椅子取りゲームは続くよ、どこまでもぉってか(笑) 

続きを読む "流れに乗るか、流れに逆らうか、流れから身を引くか?"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »