« 歴史と伝統… | トップページ | 百年ひと昔? »

2016年10月17日 (月)

山へ行きましょー娘さん?

日本山小屋ガイド  枻出版

 表紙コビーは、主要5山域の全264軒を網羅とか、掲載山域は…北アルプス、南アルプス、中央アルプス、八ヶ岳、丹沢とか、営業時間から宿泊料金、ケータイの電波状況まで詳細情報が満載の一冊とかあるんですが、どよ(笑)

 日本の山には山小屋があるがジャスティスなんですかねぇ?トーシロ的にはこんなにあるとは思いませんでした…世界の山事情的には、どーなんだろぉ?何か山小屋というと、富士山のソレ位しかパッと見思い出せない位ですから…

 そんなトーシロがネーミング的におろろいたのが避難小屋…そゆのは災害とか有事の際しか出て来ない単語だと思っていたので、日常に普通にあるとは思わなんだ…これって山的には当たり前なんだろか?と…

 というのも、本書に掲載されている避難小屋だけでも、白鳥山避難小屋、雪倉岳避難小屋、不帰岳避難小屋、餓鬼山避難小屋、北ノ俣避難小屋、滝谷避難小屋、十石避難小屋、奥千町避難小屋、木曽駒七合目避難小屋、大樽避難小屋、、槍尾避難小屋、空木平避難小屋、擂鉢窪避難小屋、安平路避難小屋、小河内岳避難小屋<、高山裏避難小屋、中岳避難小屋、赤石岳避難小屋、兎岳避難小屋、黍殻避難小屋、犬越路避難小屋、加入道避難小屋、菰釣避難小屋、畦ヶ丸避難小屋、一軒屋避難小屋etc.あるよーです…お山に避難小屋がいぱーいってか?

 ネーミング的に引っかかったのでは、村営どでしょ?意外と山小屋、村営のが多いよな気がするのは気のせいか?村営栂池山荘とか、他にも色々出てくるんですよぉ。個人的にツボでは、ウソッコ沢小屋かなぁ(笑)殿方的には、合戦小屋とかもありますよってに(笑)

 アリス的に、山というか、登山というと、山のよーな趣味をお持ちの准教授の趣味の一つが、登山だったよな?って事は、当然准教授の事だから各地の山小屋も熟知していると思うのは気のせいか?

 他にアリス的には、異形他で温泉好きのアリスに捧ぐじゃないけど、蓮華温泉ロッジ(白馬岳)、白馬鑓温泉小屋(馬鑓ヶ岳)、山小屋祖母谷温泉(欅平駅)、阿曽原温泉小屋(黒部川下ノ廊下)、仙人温泉小屋(仙人谷)、みくりが池温泉(室堂)、湯俣温泉晴風荘(高瀬ダム)、有明荘(燕岳)、中房温泉(燕岳)、中の湯温泉旅館(釜トンネル)、坂巻温泉旅館(坂巻温泉)、御座石温泉(韮崎駅)、青木鉱泉(韮崎駅)、奈良田温泉白根館(奈良田)、赤石温泉白樺荘(畑薙第二ダム)、ホテル親湯(蓼科温泉)、唐沢鉱泉(茅野駅)、渋御殿湯(天狗岳)、渋・辰野館(辰野館)、稲子湯旅館(稲子湯)、湯元本沢温泉(硫黄岳)、夏沢鉱泉(硫黄岳)、赤岳鉱泉(北沢)etc.とあるある(笑)まぁ日本の場合、お山に行けば秘湯に当たるみたいなノリだから、一軒宿とかいぱーいってか?それにしても、こちらのアクセス、トーシロ的には徒歩とゆーと10分とかせいぜい20分が普通かと思っていたら、こちらだいたい時間単位…徒歩十時間とかザラ…徒歩一時間で近いわと感じてしまうなんて(笑)後、車でも駅から一時間以上がザラ…登山家の時間間隔ってパネェ…

 後は、二人のソウルフードのカレーで、「夕食の献立は変わることがあるが、基本はカレーでおかわり自由」(@白馬大池山荘)とか、「外来食堂では生ビールやカレー、うどんも味わえる」(@白馬岳頂上宿舎)とか、「ランチメニューはカレーやスープが揃い、身体も温まる」(@大天荘)とか、「多くの人たちを笑顔にしてきた古くからの名物西駒ンカレー」(@西駒山荘)とか、「とくに先代から続く、手作りにこたわったカレーは評判」(@荒川小屋)とか、「力を入れて作っているというカレーは、風味豊かでおいしいと宿泊客の支持を得ている」(@権現小屋)とか、「365日営業の山荘の食事は、夕食はカレー、朝食はおでん定食に決まっている」(@尊仏山荘)とな…もしかして、山小屋料理ってカレー多いのだろか?そして、准教授も好物というか、ルーティンになったのだろか(笑)

 他にアリス的というと、ネーミング的には、早月小屋(早月尾根)かなぁ?月絡みで(笑)

 いやぁ山小屋と一口に言ってもタイプも色々、規模も色々、それでもってどちらも所在地が凄い…トーシロにはそれはエベレストにある位の感覚なんですが…

 これって山小屋的にはよくある事なんだろか?と思ったのが「受付棟とトイレ以外は、雪崩の被害を避けるためにシーズンが終了すると解体している」(岳沢小屋)とな…毎年立て直す、それがジャスティスっ。

 後、お水問題で、「山小屋の多くが苦しむ水の確保にも苦労はなく、自家発電だが24時間対応の自動販売機が稼働する」(北沢峠こもれび山荘)とかあるので、普通の山小屋は皆まで言うなか…秘境でライフラインのインフラ…そこに山があるからだ、ですよねぇ…

 最後に戒めをかなぁで、白鳥山避難小屋のエピを「平成3年築の木造小屋が消失。同10年に鉄骨造りで再建された。利用の際はゴミや火の始末をきっちりしよう」って…山小屋火事って、どの位の頻度で起きているんだろぉ?

 他にもたくさんたくさん本当にたくさんエピいぱーいですので、興味のある方は本書をドゾ。基本、山より海派の人間なので、本当にあなたの知らない世界を垣間見させてもらいました…お山ってスゴイっ。

 目次参照  目次 宿泊・温泉

|

« 歴史と伝統… | トップページ | 百年ひと昔? »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

宿泊・温泉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 山へ行きましょー娘さん?:

« 歴史と伝統… | トップページ | 百年ひと昔? »