« カリッとな(笑) | トップページ | 真、行、草? »

2016年10月25日 (火)

れっつとらい(笑)

手帳スケッチ  関本紀美子  ソフトバンク・クリエイティブ㈱

 サブタイトルは、出会ったモノ・ヒト・コトを絵で残すコツなんですが、所謂一つの日記絵みたいなもんか?よーするに自分が日常持ち歩いている手帳にラフにスケッチして記録したら如何?みたいなノリとでもいうか?

 でもって、そゆ簡単な絵、スケッチの描き方、手順が示されている本だと思いまする(笑)この手の絵もあって、字もあってのメモあると思いますなんでしょか?一時期、絵手紙みたいなのが流行ったけど、それの手帳、メモ版も流行っているんでしょかねぇ?

 まぁ絵があった方が分かりやすいのと、何よりカラフルだよなぁ(笑)手帳ってどこか暗いとゆーか、地味なので、こゆのもありかもしらんと思いますた(笑)

 まっ具体的な話もいぱーいで、例えばペンは水性の耐水ペンを使えとか(笑)その心は、後から色を指した時ににじむのはあかんやんと、じゃあ油性ペンにしたらインクが紙の裏ににじむやんけとゆー事らすぃ…実に的確なポイントじゃね?

 でもって、絵の描き方のとこが、丸と四角をちゃんと描けるよーに練習しよーから始まる訳で、全ての基本はそゆ事なんだなぁと目から鱗が(笑)

 アリス的に手帳…アリスの三つの日付けのカナリアや、准教授の蝶々の黒革の手帳とかの描写があったよな?手帳にスケッチとなると、ここは天農画伯の出番ですになるのかなぁ?ささっとメモというより、ささっとスケッチってあると思いますじゃね(笑)

 さて、そんな手帳スケッチの極意は、「伝えたい内容をうまく盛り込み、余分な情報を省略して描きとめたもの」となるらすぃ…なので「正確さよりも印象が大事な場合は全体の印象が伝わるように、ある部分の正確な情報が欲しい場合は必要な部分だけすくいあげて、ほかの部分は思い切って省略して描きます」という手法になるらすぃ…一点豪華主義的でオケ?ある意味目についたものを描けの世界か?

 描き方とゆーので、アリス的にありそーなのが、カップ&ソーサー、ケーキ、クロワッサン、サラダにパスタ、それとカレーのとこかなぁ(笑)あの二人の勢いでいくと、カレーのスケッチは物凄く増えそうな悪寒(笑)

 まっこゆランチ系とゆーかカフェ行きますたみたいなノリは、女子大生の貴島さん辺りの方がやってそーか?むしろ、アリスならば旅程表とか、旅先のスケッチ、後フィールドワークの現場での間取り図みたいなとこの方があると思いますになるのか?

 そろそろ年末に近づいてきて、来年の手帳も店頭にキタコレ状態じゃね?で、新しい手帳はスケッチできる余白がいぱーいのを選択してみるのも一つの手でしょかねぇ?毎年同じかわりばえのしない手帳というのは味気ないには味気ないので(笑)継続は力ですけど、マンネリは飽きるしなぁ(笑)

 さてさて、他にもたくさんたくさん本当にたくさん描き方満載ですので、興味のある方は本書をドゾ。

 目次参照  目次 文化・芸術

|

« カリッとな(笑) | トップページ | 真、行、草? »

文化・芸術」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: れっつとらい(笑):

« カリッとな(笑) | トップページ | 真、行、草? »