« 流れに乗るか、流れに逆らうか、流れから身を引くか? | トップページ | 奮戦記?奮闘記? »

2016年10月 2日 (日)

天までとどけ(笑)

THIS IS CLASSIC ディーヴァ&ディーヴォ ベスト&グレイテスト  EMI

 古今東西のオペラ歌手が一堂に会しているとゆー、ある意味非常に贅沢なCDかなぁ(笑)何か本当に同じソプラノでも、テノールでも色々あるんだなぁと感心しますた…さて、オペラ、これ伊はフィレンツェ生まれだったのか?それも1600年初頭の「ダフネ」(@ベーリ)が始まりだとか…400年の歴史ありの世界だったんですねぇ…何となく江戸の歌舞伎と重なるのだろか?ふと思ってみたり?芸能・芸術の歴史も奥が深いなぁ(笑)

 まぁ何にせよ、ヴェルディとかプッチーニとかはさすが伊人、上手いのは当たり前だけど情感のソレは伊に勝るものなしな気がするのは気のせいか?そんな作曲者のソレもあるんですけど、本CDを何で手に取ったかというと、テノールの中にただ一人バリトンの方がいらっさったからなんですね(笑)バリトン・ウォイスと言えば、我らが准教授じゃありませんか(笑)

 で、バリトン、バリトンと読む度に思うにはそのバリトンのイメージが全然浮かばなくて…具体的にバリトンとは何ぞや?と(笑)麗しのトーマス・ハンプトンのバリトン・ヴォイスは如何に?しかもその曲が夕星の歌ときたもんだっ星的に准教授か?夕的にアリスか(笑)曲的には落ち着いたスローな曲に聴こえるんだが?まぁお祈りというか、祈願の歌みたいだからなぁ?しかもお姫様の為にですから(笑)

 とはいえ、個人的に気になったのは実はフョードル・シャリアビンのとこで、このシャリアピンって、あの帝国ホテルのシャリアピン・ステーキのシャリアピンなんだろか?という素朴な疑問が(笑)いかん、オペラ聴いて思う事がご飯関係なんて己の食い意地に絶望した(笑)

 収録曲

 Disc 1 DIVA
1.私を泣かせて下さい ヘンデル(ピーターソン編) 歌劇「リナルド」
 サラ・ブライトマン ソプラノ
 イングリッシュ・ナショナル・オーケストラ
 ポール・ベイトマン 指揮
2.歌に生き、愛に生き プッチーニ 歌劇「トスカ」
 マリア・カラス ソプラノ
 ミラノ・スカラ座管弦楽団
 ヴィクトール・デ・サバーク 指揮
3.私のお父さん プッチーニ(小野崎孝輔編) 歌劇「ジャンニ・スキッキ」
 鈴木慶江 ソプラノ
4.恋とはどんなものかしら モーツァルト 歌劇「フィガロの結婚」
 テレサ・ベルカンサ メゾ・ソプラノ
 イギリス室内管弦楽団
 ダニエル・バレンボイム 指揮
5.私は夢に生きたい グノー 歌劇「ロミオとジュリエット」
 ディアナ・ダムラウ ソプラノ
 ミュンヘン放送交響楽団
 ダン・エッティンガー 指揮
6.私の名はミミ プッチーニ 歌劇「ラ・ボエーム」
 ミレッラ・フレーニ ソプラノ
 ローマ歌劇場管弦楽団&合唱団
 トマス・シッパーズ 指揮
 ニコライ・ゲッダ ロドルフォ
7.ある晴れた日に プッチーニ 歌劇「蝶々夫人」
 レナータ・スコット ソプラノ
 ローマ歌劇場管弦楽団
 ジョン・バルビローリ 指揮
8.いつも自由で、花から花へ ヴェルディ 歌劇「椿姫」
 ナタリー・デセイ ソプラノ
 コンチェルト・ケルン
 エヴェリーノ・ピド 指揮
 ロベルト・アラーニャ
9.夜の女王のアリア(第二幕) モーツァルト 歌劇「魔笛」
 エッダ・モーザー ソプラノ
 バイエルン国立歌劇場管弦楽団
 ヴォルフガング・サヴァリッシュ 指揮
10.ウィーン、わが夢の街 ジーツィンスキー
 エリザベート・シュワルツコップ ソプラノ
 フィルハーモニア管弦楽団&合掌楽団
 オットー・アッカーマン 指揮
11.アメイジング・グレイス
 バーバラ・ヘンドリックス ソプラノ
 オルフェイ・ドレンガル
 ウルフ・ヨハンソン ピアノ
12.グリーンスリーブス
 キリ・テ・カナワ ソプラノ
 ナショナル・フィルハーモニー管弦楽団
 ダグラス・ギャムリー 指揮
13.アヴェ・マリア バッハ・グノー(サイモン・フラングレン編曲)
 キャサリン・ジェンキンス メゾ・ソプラノ
 サイモン・フラングレン オルガン

 Disc 2 DIVO
1.星は光りぬ プッチーニ 歌劇「トスカ」
 プラシド・ドミンゴ テノール
 フィル・ハーモニア管弦楽団
 ジェームズ・レヴァイン 指揮
2.女心の歌 ヴェルディ 歌劇「リゴレット」
 ロランド・ヴィラゾン テノール
 ミュンヘン放送交響楽団
 マチルチェロ・ヴィオッティ 指揮
3.花の歌 ビゼー 歌劇「カルメン」
 ホセ・カレーラス テノール
 コヴェント・ガーデン王立歌劇場管弦楽団
 ジャック・デラコート 指揮
4.我は鳴く ヴェルディ レクイエム
 ルチアーノ・パヴァロッティ テノール
 ミラノ・スカラ座歌劇場管弦楽団
 リッカルド・ムーティ 指揮
5.清きアイーダ ヴェルディ 歌劇「アイーダ」
 マリオ・デル・モナコ テノール
 ベラス・アルテス管弦楽団
 オリヴィエロ・デ・ファブリティス 指揮
6.私は最高の権力を得た ムソルグスキー 歌劇「ポリス・コドゥノフ」
 フョードル・シャリアビン バス
 管弦楽団
7.夕星の歌 ワーグナー 歌劇「タンホイザー」
 トーマス・ハンプソン バリトン
 ミュンヘン放送交響楽団
 ファビオ・ルイジ 指揮
8.誰も寝てはならぬ プッチーニ 歌劇「トゥーラン・ドット」
 フランコ・コレッリ テノール
 ローマ歌劇場管弦楽団
 フランチェスコ・モリナーリ=ブラデッリ 指揮
9.魔王 シューベルト
 イアン・ボストリッジ テノール
 ジュリアス・ドレイク ピアノ
10.オンブラ・マイ・フ ヘンデル 歌劇「セルセ」
 米良美一 カウンター・テナー
 日本フィルハーモニー交響楽団
 現田茂夫 指揮
11.ユー・レイズ・ミー・アップ
 ラッセル・ワシントン ヴォーカル
 トニー・ヒニガン 呼び笛
 ジェイムズ・ シェントン フィドル
 ロバート・ホワイト イーリアン・パイプス
 聖歌隊
 ロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団
 ニコラス・ドッド 指揮
12.ピエ・イエズ フォーレ レクイエム
 フィリップ・ジャルスキー カウンター・テナー
 パリ管弦楽団
 パーヴォ・ヤルヴィ
13.アヴェ・マリア シューベルト
 ウィーン少年合唱団

 目次参照  目次 音楽

|

« 流れに乗るか、流れに逆らうか、流れから身を引くか? | トップページ | 奮戦記?奮闘記? »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 天までとどけ(笑):

« 流れに乗るか、流れに逆らうか、流れから身を引くか? | トップページ | 奮戦記?奮闘記? »