« 抒情的なんだろか? | トップページ | おっくりものっおっくりものっ(笑) »

2016年12月 5日 (月)

発見の店道?

川島屋百貨店  川島容子  ポプラ社

 どゆ本とゆーと、商品ガイドブックだろか?著者が選んだお薦めの一品みたいなノリか?師走になりましたで、この時期になると、お歳暮にクリスマスにお正月と、ご贈答用のグッズについて頭を悩ます事が多いんじゃね?と思ふ…更に、今年一年頑張った己の為にも、自分ご褒美として一品とかになると…頭はグッズが駆け巡るでしょか(笑)

 資本主義社会で消費社会ですから、モノがあふれているのは当たり前になった昨今というか、モノがなかった時代なんていつの話だ?でしょか?21世紀に物流を考えるじゃなくて、末端の日常の一商品としてどよ?ですかねぇ?

 まぁ世の中には究極の一品もあると思いますだけど、そして大量生産大量消費もあると思いますだけど、その中でも、ほどほどの、だがそこがいい、もあるとゆー事らすぃ…日常のちょっとした贅沢、ゆとり…これを語れる時代になったとゆー事じゃね(笑)

 とはいえ時代は脱ブランド化に進みつつあるんだろーなぁ?かなぁ?かつてのメーカーを超え、ブランドを越えて21世紀の消費者はどこへゆくとゆー事かなぁ?やっぱ、いいものはいいんですよ、奥さん(誰?)でもってその、いい、を見極める目を今一人一人が問われている時代なのかも?

 アリス的には、小道具、准教授は機能オンリー主義だろーし、アリスの場合はいつもの雑学データベースで、物凄いこだわりの逸品か、物凄くお手軽お得品な気がしないでもないけど?どよ(笑)

 本書に掲載されているのでは、スイス時計の時計で、caocao(イデアインターナショナル)、フル・ブラッディド(スウォッチ)とか、雨天決行の傘で、多間傘(シビラ)とか、海奈良の婆ちゃんのお土産の箸で、五角削り箸(大黒屋)とか、これまたあちこちで飲んでるコーヒーで、コーヒー豆(宮越屋珈琲)とか、乱鴉他の婆ちゃんの好物パームクーヘンで、バウムクーヘン(ユーハイム)とか、ロシア紅茶他のトーストで、食パン(ダンディゾン)とか、香りを楽しむチョコレート(モロゾフグラン)とかあると思います?

 後はコーヒー中毒の准教授なら一つは必ず持っているだろーカップ&ソーサーで、ホワイトプレイン シグネチャー(ロイヤルコペンハーゲン)、デミタスカップ&ソーサー(東屋)とか、それとロシア紅茶他でも出てくるトーストで、トースター(プラスマイナスゼロ)とかもどよ、かなぁ?

 それと香水(セルジュ・ルタンス)のとこで、「「アンブルスュルタン」はセルジュ・ルタンス氏がモロッコの市場で出合った琥珀からインスピレーションを得て作られたという」の件は、モロッコ水晶的にどよ(笑)

 後、アリスに個人的にお薦めしたいで、物語の栞の物語(ROCK,PEPER<,SCISSORS)の栞でしょか?これ本好きの人は絶対にはまると思う(笑)栞にも個性があっていいじゃないの世界じゃね?

 まっ世界にあまねくモノをの世界でしょか(笑)そんな訳で他にもたくさんお品並んでいるんですけど、個人的には、トートバック(NUNO)かなぁ?釣り糸で造ったカバン、手提げなんだけど、これが実に味にある光沢をしているのだ(笑)しかも釣り糸だけに洗える…やっぱ、ハードに使ってお手入れ簡単が一番だよねぇと、ガサツな己は思うのであった…

 他にもたくさんたくさん本当にたくさんグッズたくさんエピたくさんですので、興味のある方は本書をドゾ。「「売ること」だけを目的に作られるのではなく、「〇〇がしたい」という志を持った商品は独自性があるので、結果的に深く愛されると思うのです」(@川島)という事らすぃ…なるほろ商売、奥が深い…

 目次参照  目次 グッズ

|

« 抒情的なんだろか? | トップページ | おっくりものっおっくりものっ(笑) »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

グッズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 発見の店道?:

« 抒情的なんだろか? | トップページ | おっくりものっおっくりものっ(笑) »