« 笠松は見てた? | トップページ | 本物という裏打ち(笑) »

2016年12月21日 (水)

1200年の歴史?

鎌倉・不識庵の精進レシピ 四季折々の祝い膳  藤井まり  河出書房新社

 サブタイトルは、野菜だけでつくる、精進おせち&祝い料理112レシピなんですが、本日は冬至という事で、柚子湯と南瓜の日じゃね(笑)まぁ柚子湯の方はともかく、こちらはレシピ本ですから、冬至の献立も掲載されていたりして(笑)それが、ぎんなんご飯、切り干し大根のごま酢和え、豆乳茶碗蒸し、大根の天ぷら、かぼちゃのトリュフのラインナップ…ぎんなん、だいこんと、ん、のつく名前が多しと思えば、「「ん」がつく食べ物を食べると幸運になるという言い伝えがあります」って、そーだったのか?冬至?柚子湯に南瓜に、んのつく食材か?ちなみに南瓜を食べると病気にならないと言われているそな…日本の伝統パネェ(笑)

 そんな訳で、本書は精進料理で、日本の一年が語られている感じでしょーか?おせち、雑煮、七草粥、小正月、節分、雛祭り、春の彼岸、お花見、端午の節句、母の日、父の日、七夕、土用の丑、お盆、重陽の節句、十五夜、秋の彼岸、新嘗祭、冬至、大晦日のラインナップと、これで一年は大丈夫だぁってか(笑)

 それにしても日本、祭多くね?これに他にといえば、誕生日とか、入学、卒業式に成人式、結婚式に、敬老の日とか、更に洋物の祭もキタコレになればハロウィーンとか、クリスマスとか、バレンタインとかとか入れたら凄い事になりそー(笑)まぁでも、精進料理でクリスマスとかはちょっとさびしいかもしれないが(笑)やっぱクリスマスは豪快に鳥とか丸焼きでいきたいじゃないですか?もしくはローストビーフを塊でとか(笑)

 アリス的に精進料理…34歳独身男性一人住まい的にあると思います?の世界が炸裂してそーだが?まぁ准教授は婆ちゃんの御手製ならばあるかも?の世界か?ましてや土地柄的もあるかもかもか(笑)

 で、本書的には、ダリ繭の寿司折で、笹巻き寿司(端午の節句)とか、高菜のめはり寿司(お盆)とか、朱色のサラダで、白菜とりんごのサラダかなぁ?それと朱色その他の蕎麦で年越しそばも(笑)

 さて、本書豆知識が多くて、それだけでもおべんきょになります。精進料理何それ?なとこも、「基本となるのは、一二四四年に永平寺を開かれた道元様が書かれた「典座教訓」という本のなかにある「喜心・老心・大心」という教えです」とな…さすが禅宗、食事も修行ですの世界か?

 他にもお雑煮の場合は武家の習慣からいくなら、「まずひと口「菜」を食べ、「名」を上げるという意味があります」となる模様…東京のお雑煮は、葉物と鶏が定番でして、それで菜と鳥でなとり、名を取るに通ずな話は聞いてはいたが、食べる順番まで決まっていたのか?

 後は、おせちって三重のお重が普通なのかと思っていたら、「おせち料理を詰める重箱は伝統的に五段重ね」とは知らなんだ?そーだったのか?お重?ちなみに「関西でよく食すたたきごぼう」って、これまたそーだったのか?アリスというより婆ちゃんか(笑)

 そして七草粥ですけど、「七種の野草の入った粥を食べて祝う風習は九世紀ごろ、中国より伝わったもの」だったのか?今でも中国でも七草粥食べているんだろーか?日本と中国だと粥も何か違くね?な気がするけど?どーよ?

 行事食の方ではなくて、基本的な食の話で、精進料理での出しはどーする?で昆布の方は何となくそんなもんだろ?と思っていたら、干し椎茸も定番なのか?鰹節や煮干しを使わないとなれば、そゆ事になるんだそで…それにしても、更におろろいたのは世の中には「精進だし醤油」(鎌田商事)なるものが市販されているんですねぇ…

 それと精進料理に欠かせない食材として胡麻が出てくるんですが、「ごまのルーツは約五千年前のアフリカです。それがトルコ・イランを経て、中央アジア、中国を旅して日本へ。縄文時代には伝わっていたそうです」って、そーだったのか?胡麻?胡麻もシルクロードの乗ってやってきたとゆー事か?それにしても原産地のアフリカではどのよーにして食しているんだろー?アフリカ料理的に気になるとこではあるなぁ(笑)

 と、他にもたくさんたくさん本当にたくさんエピもレシピも満載ですので、興味のある方は本書をドゾ。精進料理パネェでござるってか(笑)

 目次参照  目次 食物

|

« 笠松は見てた? | トップページ | 本物という裏打ち(笑) »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

食物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 1200年の歴史?:

« 笠松は見てた? | トップページ | 本物という裏打ち(笑) »