« リズムとは何か(笑) | トップページ | 情けは人のためならず… »

2017年2月 3日 (金)

おあげさん(笑)

すし The SUSHI recipe book  谷あつこ・著 成瀬すみれ・料理  成美堂出版

 コピーは、うちで作ろう うちで食べよう おうちSUSHIなんですが、よーするに握り寿司以外の寿司がメインだろか?一昔前だと、食卓にのぼるお寿司って、ちらし寿司や太巻き、後、いなり寿司位だったよーな気がするが?小洒落系で、てまり寿司とか、手巻き寿司とかになるのかなぁ?

 まぁそれもともかく、本書を手に取ったのは、そーいや稲荷寿司ってどよ?と思ったからなんですが?稲荷寿司って、油揚げにすし飯入れましたとゆー非常にシンプルイズベストで簡単じゃね?と思いかちですけど、いざ自分で作ろうとなると、忍耐を要求されるよーな気がする(笑)何がと言えば、油揚げの含め煮のとこでもコトコトと汁気飛ばすのが、何だかなぁ?ですが(笑)何より、そのおあげにご飯を入れる作業のチマチマさ加減が、ある程度器用でないと、自分で自分にイラっとくるんですよ…ええ、物凄く不器用な己には、この作業が難行苦行ってか…ゆっくり丁寧に行わないと油揚げに穴あくし…稲荷ずし作りって人間性を試されているよーな気がするのは気のせいか(笑)

 本書の稲荷寿司のレシピ的には、ただのすし飯だけでなく、そこに白ごま入れてみるとか、ゆずの皮入れてみるとか、ちょこっとな(笑)それと、面白いと思ったのが、細いなりで、これは油揚げを縦に細長く真っ二つにしてみた場合の稲荷ずしらすぃ…詰めてみると細い棒状になるのだ(笑)持ちやすく、食べやすいらすぃ(笑)

 それと本書的アレンジでいくと、焼きいなりだろか?油揚げを含め煮にせず、そのまま焼いて醤油をつけたとゆーのに、すし飯を入れ、その上にトッピングする稲荷寿司という事になるらすぃ…見た目は、軍艦巻きの海苔の部分が油揚げになったみたいかなぁ?トッピングについての詳細は本書をドゾですが、これパーティー寿司としてもいけるんじゃなかろーか?見た目とっても華やかです(笑)

 アリス的に、お寿司というとダリ繭の准教授の手土産じゃね?になるんですが、いったいあの寿司折の中身は何寿司なのか?私、気になります(笑)

 他にアリス的には、ラフレシア他でハム好きのアリスならば、新・ふくさ寿しでバム・アスパラとか、新・細巻き寿しで、生ハム巻(ねぎ・チーズ)、生ハム巻き(パプリカ・水菜)とか、海奈良の焼肉で、焼き肉巻とか、ラフレシアのゴーヤで、あぶりずしのゴーヤとかあると思いますかなぁ(笑)それとアポロンのヒラメとカンパチから握り寿司もか(笑)

 さて、寿司の起源って「紀元前4世紀頃の東南アジアから始まったといわれています」とな…でもって「貴重なたんぱく源だった魚を長期保存するため、塩と米飯を漬け込み、数ヵ月後に自然発酵した魚だけを取り出し、食べていました」とゆーのが元か?「これが「なれずし」で、中国を経て日本に伝わったのは平安時代(8世紀)のころ」とな…

 これが室町時代になると「漬け込んだ米飯も食べる「なまなれ」が登場」したとな…そして調味料の「酢」に伴い、今のお寿司キタコレになるのか(笑)

 江戸時代はファストフードの屋台だったお寿司屋さんも、明治になると固定店のお寿司屋さんキタコレにもなったと…で、たいていお寿司屋さんにはある、あのカウンター…あれって屋台の頃の名残なのか?

 さてさて、そんな訳で真打、握り寿し来たぁーっですけど「さまざまなすしの中でも、もっともむずかしいとされるのが「握りずし」。"飯炊き3年、握り8年"という言葉があるように、すし職人の腕に見せどころともいえる"握り"のワザは、長時間の修業を積んでようやく習得できるものといわれています」とゆーのは、まさに、ですよねぇーの世界じゃね?すし職人というのは、十年位修業してなれるものなんじゃねとゆー日本人的認識からすると、昨今の海外の寿司ブームによる方々はどーなんでしょかねぇ(笑)

 豆知識的には、煮キリと煮ツメ…煮キリは「しょうゆやみりんや酒、店によってはだし汁を加えて鍋で煮立だせ、煮きってアルコールをとばしたしゅうゆのこと」だそで、煮ツメは「あなごなどを煮上げた汁に砂糖やみりん、しょうゆなどを加え、時間をかけじっくり煮詰めたもの」を言うそーな…そーだったのか?煮きりと煮つめ?

 他にもたくさんたくさん本当にたくさんレシピいぱーいですので、興味のある方は本書をドゾ。個人的に、一番納得したのは、チューブずしのとこのキュウリの巻き方(笑)何の事かとゆーと、軍艦巻きの海苔の部分がキュウリの薄切りで巻いてあるお寿司、それも丸いので、仏料理のセルクル型のアレみたいな形の(笑)

 で、何でキュウリが綺麗に丸まったまままとまっているのか?昔から不思議だったんですが、あれキュウリに切り込み入れて止めてあったのか?言われてみればその通りなんですけど、今まで全然気付かなかった己って…

 目次参照  目次 食物

|

« リズムとは何か(笑) | トップページ | 情けは人のためならず… »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

食物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: おあげさん(笑):

« リズムとは何か(笑) | トップページ | 情けは人のためならず… »