« ある晴れた昼下がり…あるいは、互酬、再分配、交換? | トップページ | 累進課税よ、永遠なれ(笑) »

2017年5月30日 (火)

ふわふわ?

Matsukasunakaカステーラ  松浦軒本店  \480

 カステラというと、長崎のイメージですけど、こちらは岐阜にあるカステラ屋さんらすぃ…というのも「創業寛政八年、カステーラ本舗」って事なので、相当に歴史あるカステラって事でオケ?ちなみに寛政年間って、確かフランス革命と同じ頃じゃね?で、日本史的には寛政の改革キタコレの頃か?

 そんな訳で、由来を知る為に同封されていた栞を拝読すると…「美濃の山峡に埋れた岩村町に、八百年の歴史の中に息づく城下町です。この町の歩んできた数々の文化遺産に藩主邸跡に建てられた郷土館に集められ、みなさまに供覧されております」そな…

Matsukasu1 ← 一切れ

 栞の続くで、「私ども松浦軒のカステーラは今から二百十年前の寛政年間岩村藩医谷雲沢先生が長崎に赴き、オランダ人から蘭学を学ばれたときカステーラの製法も修得されて帰藩され御用菓子司の松浦軒に伝授されたのがはじまりでございます」そで…

 「以来私どもは七代にわたって古風そのままの秘宝と口伝直伝によって伝え守りつづけてまいりました。一本一本心をこめて焼きつづけて来ましたおかげで、その昔ながらの風味を「岩村のカステーラ」「松浦軒のカステーラ」ご賞味していただいております」という事らすぃ…それにしても店主のお言葉、達筆すぎて読めないとこもあったので、誤字があったら本当にごめんなさい…

JatsukasuhakoMatsukasunaka3← 包み  → 中

 何とゆーか、これが昔ながらのカステラって事になるのだろーか?それとも岐阜?中部?東海?では、これがカステラ的スタンダードなんだろか?うーん?

 食べた感じの正直な感想としては、己の知るカステラよりもスポンジケーキに近いよーな気がするんだが?如何なものか?何とゆーか、スポンジケーキの物凄くしっとりバージョンみたいな?ついでに言うと甘いには甘いけど、これまた甘さ控えめなので、むしろ現代風?な気も?

Matsukasukami← 栞

 あのザラメがあって、ペタっとして、重量感のあるカステラよりは、軽めのカステラによーに見受けました…

 さて、アリス的にカステラと言えば、鍵の准教授の差し入れじゃまいか(笑)あのカステラは一体どこのカステラなんだろー?京都から持ってきたのか?それとも都内で購入か?私気になりますってか(笑)

 目次参照  目次 スイーツ

|

« ある晴れた昼下がり…あるいは、互酬、再分配、交換? | トップページ | 累進課税よ、永遠なれ(笑) »

スイーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ふわふわ?:

« ある晴れた昼下がり…あるいは、互酬、再分配、交換? | トップページ | 累進課税よ、永遠なれ(笑) »