« 涼みどころ? | トップページ | バベルの図書館で、Beer for now(笑) »

2017年8月27日 (日)

日本の中にそれはある(笑)

ぶらり東京・仏寺めぐり  長田幸康  幻冬舎

 表紙コピーは、弘法大師空海が開いた古刹、徳川将軍家や幕臣たちが帰依した名刹、明治の志士ゆかりの寺院…とか、拝観・街歩きが100倍楽しくなる23区内の厳選39寺!とかありまして、所謂一つの寺院ガイド?

  都内のお寺にもいってみんしゃいの世界らすぃ…まぁ色々あってなの世界だろか?例えば、光源寺の場合、「七月九日と十日は縁日「ほおずき千成り市」で賑わう。この日にお参りすると、なんと四万六千日分ものご利益をいただけるとされている」そな、となれば行かなきゃ損々ってか?

 また実に日本的だなぁでは、妙行寺の「境内には、魚がしで犠牲になった生き物たちを供養する「魚がし供養塔」、東京うなぎ蒲焼商組合、東京淡水魚組合による立派な「うなぎ供養塔」が建つ」ですから…

 他にも円通寺の大禅佛麏大和尚でしょか、「賊軍とされた彰義隊の遺体は戦場に放置されたままっなった。それを忍びなく思い供養」したのがこの大和尚様なんだそな…「官軍に斬首されかねない決死の行いであったが、無事、官軍から供養の許しを得ることができ、円通寺は旧幕府軍の戦死者を供養することができる唯一の寺として信仰を集めるようになった」の件は、日本人ならばわかる感覚じゃまいか?

 エピ的にホンマでっかぁーっ?の最たるものが品川寺、の大梵鐘じゃまいか?ちなみにこちらの駅前通りの名前はジュネーブ平和通りというそーな…日本の通りの名前がいきなりジュネーブとはこれ如何に?とゆーと…江戸時代末期、品川寺は衰退したそで、その時「大梵鐘はなぜか海外に持ち出され、行方知れずになってしまったという」また「慶応三(一八六七)年のパリ万国博覧会、明治六(一八七三)年のウィーン万国博覧会に展示されたという説もある」そな…

 ところがそんな大梵鐘、「大正八(一九一九)年のこと、スイス・ジュネーブ市のアリアナ美術館の庭園で毎夕刻、時を告げていたという」のが、不思議発見ってか(笑)

 そしてその後「昭和四(一九二九)年、ジュネーブ市議会によって品川寺への返還が決まった」のだそな…何と数奇なお寺の鐘の流浪鐘生か(笑)

 まっそんな訳で、ジュネーブ友好、ジュネーブ平和通りも出来ちゃうもんねで、この大梵鐘の帰還じゃまいかで「「失くしたものが返ってくる」というご利益」キタコレになるとこが実に日本的じゃね(笑)それにしても、ちゃんと返還してくれる国や人っているんだなぁ…さすがスイスの民度はお高いでござるっ。

 アリス的には、片桐さん的に吉祥寺でしょーか?ちなみに吉祥寺は吉祥寺にはありません(笑)片桐さんお住まいの吉祥寺は、「往時の吉祥寺は武蔵野の地に別所地(領地)を持っており、吉祥寺村として開墾が進められた。これが現在の武蔵野市の吉祥寺の由来である」って、ホンマでっかぁーっ?

 他には、護國院かなぁ?ちなみにこちら寛永寺三十六坊の一つ…でもって「寛永十六(一六三九)年、大坂城落城二十五年にあたり、豊臣・徳川両軍の戦死者を弔うため、釈迦堂で大念仏法要が行われた」そな…

 浄名院の妙運大和尚は、「大阪生まれ」だそで、「明治九(一八七六)年に浄名院に入り、一千体建立の願が満ちると、さらに八万四千体の地蔵建立を発願した」とな…ちなみに「浄名院の地蔵には一体ごとに「八万四千体のうち✖✖番目」という通し番号、奉納した施主と日付が刻まれている」そな…でもって「今なお地蔵の奉納は増え続けているという」って…

 他にアリス的というと築地本願寺の「中央の半円形のドームは菩提樹の葉がモチーフとなっている」のとこだろか?菩提樹荘的に(笑)

 また、教学院のとこのエピで「三軒茶屋駅の主に北側に、聖徳太子を祀った円泉寺のある「太子堂」というエリアが広がる」って、そーだったのか?太子堂?

 そしてアリス的に極めつけは豪徳寺じゃね?ええ、こちら招き猫発祥のお寺、猫のお寺として有名なんですよ、これは准教授的に外せないでしょおーーーっ(笑)

 豆知識的には、例えば、浅草寺の瓦は「軽量なチタン製」とか、妙行寺は「お岩さんの菩提寺」で、「四谷怪談のストーリーはフィクションとされているが、お岩さん自身は実在の女性だったのである」そな…築地本願寺の設計者、「伊東忠太氏は妖怪や幻獣が好きだったことで知られ、築地本願寺にも仏教ゆかりの動物・幻獣たちをモチーフにした装飾が随所にちりばめられている」とか…善福寺のエピで「現在も地名に残っている「虎ノ門」は善福寺の山門だったという」ってホンマでっかぁーっ?

 これは豆と言えるのかですけど、「現在、日本で行われている座禅は、インドの僧侶ボーディダルマ(達摩)が中国で開いた禅宗に発する。その後、中国で禅を学んだ栄西が臨済宗を開き、道元が曹洞宗を興した」とる模様…

 後、浄土真宗についてのエピで、「浄土真宗は、信徒数千百万人以上を誇る日本最大の仏教宗派である」、そんな訳で「お寺の数も最多」なんだそな…でも「そのわりには有名な寺院が少ないことにお気づきだろうか」って、そーだったのか?浄土真宗?

 「浄土真宗は阿弥陀如来にすべてを委ねることを旨とするため、原則として他の如来や菩薩、明王といった尊格を祀らない。「お守り」「お札」「厄払い」「おみくじ」などの類も迷信として否定されている」って、ホンマでっかぁーっ?凄い割り切りとゆーか、もしや浄土真宗って日本のプロテスタント?

 さて、他にもたくさんたくさん本当にたくさんお寺いぱーい、エピいぱーいですので、興味のある方は本書をドゾ。なるほろ、日本にはお寺があるで、東京にもお寺はあるんですよ、奥さん(誰?)

 掲載されているお寺は、浅草寺(浅草)、本龍院(浅草)、寛永寺(上野)、護國院(根津)、浄名院(へちま寺/鶯谷)、全生庵(千駄木)、正寶院(飛不動/三ノ輪)、法昌寺(入谷)、吉祥寺(本駒込)、南谷寺(目赤不動/本駒込)、源覚寺(こんにゃくえんま/後楽園)、大円寺(ほうろく地蔵/本駒込)、光源寺(駒込大観音/本駒込)、三寶寺(JA東京あおば)、長命寺(練馬高野台)、妙行寺(西巣鴨)、金乗院(目白不動/雑司ヶ谷)、東覚寺(赤紙仁王/田端)、鬼子母神堂(鬼子母神前)、總持寺(西新井大師/大師前)、題経寺(柴又帝釈天/柴又)、最勝寺(目黄不動/平井)、弘福寺(押上)、円通寺(三ノ輪)、増上寺(御成門)、善國寺(飯田橋)、築地本願寺(築地)、妙厳寺(豊川稲荷東京別院/赤坂見附)、善福寺(麻布十番)、天龍寺(新宿三丁目)、池上本門寺(池上)、品川寺(青物横丁)、如来寺(馬込)、龍泉寺(目黒不動/目黒不動前)、大円寺(大黒寺/目黒)、豪徳寺(宮の坂)、等々力不動尊(等々力)、九品仏浄眞寺(九品仏)、教学院(最勝寺/目青不動/三軒茶屋)

 目次参照  目次 文化・芸術

|

« 涼みどころ? | トップページ | バベルの図書館で、Beer for now(笑) »

文化・芸術」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日本の中にそれはある(笑):

« 涼みどころ? | トップページ | バベルの図書館で、Beer for now(笑) »