« 三分間待つのだぞ(笑) | トップページ | 諸行無常の響きあり? »

2017年8月 1日 (火)

東京のお土産(笑)

東京手みやげと贈り物カタログ  朝日新聞出版

 所謂、一つのガイド本だろか?まぁ、東京で売ってますたになるのかなぁ?でもって、タイトルにある通り、手土産キタコレですから、やはり食べ物多しで、しかもスイーツ来たぁーっになるのは必然じゃなかろーか(笑)

 手土産にはセンスが出るというか、実物と、そのプラスαが問題じゃね(笑)おせんべいならおせんべいで同じ煎餅の何が違う?という話もあると思いますだけど、違いが分かるとこが、粋、センス、マナー、常識、プロトコルetc.になる訳で(笑)この辺りの機微が分かっていないと社会人としてどよ?とゆー評価が下されてしまうんですよ、おぞーさん(誰?)

 そんな訳で、そんなの関係ねぇー(死語?)と自分ご褒美に購入するもよし、逆にバリバリに規定範囲内で宜しくもありで、そゆ時の選択肢の幅を持たせる為にも、まず何があるのか?そこじゃね?の友として本書どよ、かなぁ(笑)

 まぁデパ地下一つ見ても商品は余すところなくありまよってに、それだけでも、トーシロ的にはどれにしようかな状態突入じゃね(笑)ましてや、その他老舗から今でしょ(死語?)な最先端の最新商品まで、資本主義?商業主義?ってパネェ(笑)

 そんな訳で、送り手の吟味が問われているってか(笑)でも、それ受け手も審美眼が問われているんじゃね?どちらになっても己の目利きが問われている日本の贈答事情って(笑)

 アリス的に東京土産あるとしたら、婆ちゃんとことか、准教授のとこだろか?後、リアルにありそーなのは夕陽ヶ丘のマンションの管理人さんとことか?

 マレーのストロベリーケーキで、フレジエ(ASTERISQUE)、フレジエ(Lu Vieille France本店)とか、スウェーデン館他のチョコで、セレクション ド ガナッシュ(DEBAILLEUL丸の内オアゾ店)、マルコリーニ セレクション(ピエール・マルコリーニ)、マ・ボンヌ ミニ(ショコラティエ・エリカ)、フェアトレード板チョコ(ピーブル・ツリー自由が丘店)、オレンジピール チョコレート(リスト浅草店)、キャピア(ミュゼ・ドゥ・ショコラ・テオブロマ)、ボンボンチョコレート(CACAO SAMPAKA丸の内本店)、ショコラセレクション(DelReY銀座店)、ボンボンショコラ(JEAN-PAUL HEVIN伊勢丹新宿店)、ジャンヌ、サブリナシトロン、キャプシーヌ(Patisserie Jeanne Trois)、銀座ミルフィーユクランチ(ホレンディッシュ・カカオシュトゥーベ)、ロリポップチョコレート(マルシェ ド ショコラ)とか、乱鴉他のバウムクーヘンで、ヴィヨネット・ポム(洋菓子ヴィヨン)、トリオバウムクーヘン(洋菓子ヴィヨン)とか、鍵他のクッキーで、paletteきょうをいろどるジンジャークッキー(cineca)、アイシングクッキー(フィオレンティーナベストリーブティック)、マーブルクッキー(山本道子の店)、クッキー詰め合わせ(ローザー洋菓子店)とか、燈火堂のロールケーキで、南青山ロール(ヨックモック東京駅一番街店)、ロールケーキ(roll)、抹茶ロール(自由が丘ロール屋)、マロンロール(Quatre柿の木坂本店)、ミニロールケーキ(irina本店)とか…

 暗い宿の羊羹で、ドライフルーツの羊羹(wagashi asobi)、羊羹(小ざさ)とか、異形のお饅頭で、うさぎまんじゅう(うさぎや)とか…

 ダリ繭の卵焼きで、エッグベーカー(湯町窯 にほんばし島根館)とか、朱色のサラダで、サラダニソワーズ(メゾン・ド・スリジェ)とか、ダリ繭の寿司折で、穴子寿司(すし乃池)、笹巻けぬきすし(笹巻けぬきすし総本店)とか、ロシア紅茶他のトーストで、角食(ペリカン)とか、ダリ繭他のサンドウィッチで、ハムとエメンタールチーズのサンド(メゾンカイザー高輪本店)、サンドイッチ各種(カリーナ)、カツサンド(厳選洋食さくらい)、フルーツサンドイッチ(千疋屋総本店日本橋本店)、季節のフルーツサンド(代官山Bird)とか、46番目のクロワッサンで、クロワッサン・フランセ(メゾン・ランドゥメンヌ)とか…

 鍵他の紅茶で、アールグレイフレンチブルー(マリアージュフレール銀座本店)とか、乱鴉他のワインで、シャトージュン甲州2015(シャトージュン株式会社 富士の国やまなし館)、ワイン(ザ・コンランショップ)とか、ダリ繭他のビールで、エチゴビール(エチゴビール 表参道・新潟館ネスパス)、羽田スカイエール(T.Y.HARBOR BREWERY)とか…

 モロッコ水晶で、モロッコの一本手バスケット(巣巣)、白い兎で、ミッフィーこけし(東京キッチュ)、ウサギの花器(t-b-d)…

 また片桐さん御用達かもの吉祥寺のお店で、長財布(CINQ)とか、月と出たらアリスでしょで、文房具いろいろ(月光荘画材店)とか、本的にどよで、ブックカバー(Spiral Market)とか…

 コーヒー中毒の准教授に捧ぐで、名門ドリッパーセット(2人用)オリジナルブレンドコーヒー付き(AKOMEYA TOKYO)、KIYOSUMI MUG(清澄マグ)(BLUE BOTTLE COFFEE清澄白河ロースタリー&カフェ)、牛ノ戸焼き染分けコーヒーカップ&ソーサー(小林孝男 とっとり・おかやま新橋館)、オリジナル土瓶セット(イノダコーヒ大丸東京店)、三ノ輪2丁目ネルドリッパー(小泉硝子製作所)、コーヒー豆(チョコレートブレンド)(OBSCURA COFFEE ROASTERS Laboratory)、ミナ ペルホネンRemakeシリーズ コーヒーカップ(PASS THE BATON)、MATTE シリーズのポット&カップ(CLASKA Gallery&shop"DO")とか…

 他に准教授的に、にゃんこのしっぽ(やなかしっぽや)どーでしょ?猫好き的に(笑)で、モノ的には「スティック型ドーナツ」だそな…それとリトルデザインバンク ドット招き猫(フクモリ マーチエキュート神田万世橋)とかもどよ(笑)

 と、これだけでもまだ本書の一部って事でお察し下さい(笑)でもって、実際どゆ物ってゆー解説も本書をドゾ(笑)

 これだけあると目移りするしかないんですが、というより目が回りそーですけど、個人的に一つチョイスするなら富士山のティッシュケース(カタカナ)かなぁ(笑)これ東京土産というより、日本土産の方がピッタリな気がしないでもないけど、何かありそーでなかった品じゃね?こーガチでベタな感じがいかにもだし(笑)

 後、食べ物系でスイーツはもー定番、その他お惣菜系もなるほろなんですが、その中で、こゆのもありか?と思ったのが、きびなごフィレ(土佐佐賀産直出荷組合まるごと高知)とか、手作り熟成藻塩レモン(ヤマトフーズ広島ブランドショップTAU)、熟成かつおバーニャカウダ(駿河屋賀兵衛)辺りの瓶詰なると、今度は東京土産というより、その地方地方のお土産にならね?

 何かもー東京なんでもありだなと思いつつ、他にもたくさんたくさん本当にたくさん品々いぱーいですので、興味のある方は本書をドゾ。

 目次参照  目次 グッズ  目次 スイーツ  目次 食物

|

« 三分間待つのだぞ(笑) | トップページ | 諸行無常の響きあり? »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

食物」カテゴリの記事

スイーツ」カテゴリの記事

グッズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 東京のお土産(笑):

« 三分間待つのだぞ(笑) | トップページ | 諸行無常の響きあり? »