« 丸ごといけっ(笑) | トップページ | 白いご飯に合う料理♪ »

2017年9月14日 (木)

赤い誘惑(笑)

いちごスウィーツ  いがらしろみ  祥伝社

 サブタイトルは、パティシエのとっておきレシピ55なんですが、季節は多分秋じゃねで、苺は秋のフルーツじゃないだろがぁーっとゆー声が聞こえてきそーな悪寒(笑)

 よーやく暑さが一段落してきたので、スイーツの美味しい秋キタコレって奴じゃね?さすがに真夏には、アイスやかき氷やゼリー系はあると思いますだけど、生クリームなケーキは食指が動かなかったよな?

 でも、秋ですからねぇ~食欲の秋ですからねぇ~スイーツだってどんと来いですよ、おそーさん(誰?)

 で、そんな頭でケーキと言って一番に思いつくのが苺ショートで、苺の本に飛びついてしまったとな…何か、今一番苺のない季節のよーな気がするが気にしなぁーい(笑)とはいえ、日本のケーキ屋さんの店頭から、苺のない日なんてあるんだろぉか?とふと思ふ?もしや一年中ハウス栽培でどこかで作っているのだろか?それとも今なら輸入ものなんでしょかねぇ?

 まっそれもともかく、本書は苺のスイーツのレシピ本です。主に仏菓子系のと言うべきか?仏でのスイーツにおける苺の立ち位置ってどの辺なのかも気になるところだよなぁ?いや、何か苺だけとゆーと、個人的にパッと浮かぶのがウィンブルドンなんだけど?あれ、未だにあるんだろぉか?うーん?こちらはさすが英なので苺そのまま丸ごとですが、何か(笑)

 とにかく、フルーツとスイーツ、このコラボは永遠に不滅ですっ(キパッ)

 アリス的には苺となればマレーきたこれですけど、それを言いだすと本書全部になってしまうので、まずは王道のマレーのストロベリーケーキで、いちごのショートケーキ、バタークリーム仕立てと生クリーム仕立ての二種類本書には掲載されています。

 後は、燈火堂のロールケーキで、いちごピック、いちごロールとか、ダリ繭のシャンパンで、いちごシャンパーニュとか、ラフレシア他のカクテルで、カクテル・ド・ニュイとか、マレー他のチョコで、ビズー・ボンニュイとか掲載されています。

 レシピの詳細は本書をドゾ。こちら全ページカラーでしかもデザインがシンプルで美しスなんで、見てるだけでも楽しくなる一冊かも(笑)

 それとちっちゃなミニコラム?解説?がなかなかに含蓄深いです。例えば、タルトの場合、「小さなタルトのことをタルトレットといいます。小舟の形はバルケット」とゆーとは、そーだったのか?仏語?他にも「ジュレとは果肉の入らないジャムのことをいいます」って、これまたそーだったのか?仏語?

 他にもミルクレープのとこで、「実はクレープの本場、フランスでは見たことも食べたこともないのです。日本人が作ったケーキだとすると、すごいアイディアです」とゆー事になるらすぃ…これが本当なら、これも噂の日本が得意とする魔改造って奴になるんだろか(笑)

 個人的にレシピでおろろいたのが、いちご冷凍とドライいちご…いちごってそのまま冷凍できたんだとゆーのにまず驚いたんですが、ドライの方はこれまたそのままオーブンで焼いてみますたのノリで、最近よく見かける何とかチップみたいなノリのよな?成程、苺の保存法、ジャムだけじゃないんです、なんですね、分かります(笑)

 他にもたくさんたくさん本当にたくさんレシピいぱーい、エピいぱーいですので、興味のある方は本書をドゾ。本書のレシピの中で一番実物を見てみたいものよのぉ、越後屋では、いちごのテリーヌかなぁ?所謂一つの苺のゼリー寄せみたいなノリなんですが、見た目のインパクトが半端ないんですよ、おぞーさん(誰?)多分、お一人様用でもできるはずだけど、大きい型でドンと作るとこに意義があるスイーツじゃまいかまいか(笑)いかにもハレって感じがするスイーツです(笑)

 目次参照  目次 スイーツ

|

« 丸ごといけっ(笑) | トップページ | 白いご飯に合う料理♪ »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

スイーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 赤い誘惑(笑):

« 丸ごといけっ(笑) | トップページ | 白いご飯に合う料理♪ »