« くりっくり? | トップページ | インテリジェンス、インフォメーション、インテレクチュアル? »

2017年10月 5日 (木)

おうちイタリアン?

私のイタリアンごはん  栗原はるみ  扶桑社

 所謂一つのレシピ本でしょか?何となくイタリアンな、本書によると「ワインにも白いごはんにも合う」イタリアンとゆー事らすぃ…イタリアン、パスタとかピッツァ以外の洋食メニューになると、一目で、これが伊とか、仏とか、英とか、独とかとかとか、区別できる人ってどんだけいるんだろぉ?とふと思う?例えばステーキなんかの場合、ソースか?付け合わせで分かるんだろか?とか?済みません、料理音痴なので、さもない事、とこで日々つまづいておりまする…

 まぁそれもともかく、己の中でイタリアンときたら一番に浮かぶのはビザ、ピッツァでございますで、あの生地のとこはプロは違うといつも思ふ…ええ、カリカリのクリスピーな生地も、ふかふかのパンよりもふかふかじゃねの生地も、蕎麦とか饂飩と同じよーに伊ではビザ生地うち三年とか、十年とか修業が必要なんでしょかねぇ?

 ちなみに本書では、グリーンピース&トマトのピザ、三つ葉&生ハムのサラダピザ、チーズのピザ、トマトとルッコラのピザが掲載されておりまする…まぁピザも色々あらーなってか(笑)

 何とゆーか、伊のイメージは、マルゲリータのイメージそのままで、トマトとバジルとチーズの国って感じなんですが、実際のとこはどーなんでしょか?地方地方で全然違うとゆーのはよく聞くんですけど(笑)

 アリス的には、イタリアンというと、絶叫城の時の片桐さんとの昼食になるのだろぉか?ですけど?

 朱色のサラダで、キドニービーンズサラダ、焼きイカのサラダ、タコとトマトとパセリのサラダ、焼きエリンギとたけのこのサラダ、 プチトマトとあんずのサラダ、トマトサラダたっぷりねぎ仕立て、トマトサラダバジルソース風味、プチトマトとマッシュルームのサラダ、トマトとモッツィレラのサラダ、前菜風サラダときまして…

 マレー他のスモークサーモンで、スモークサーモンとリコッタとか、朱色のリゾットで、なすのチーズリゾット、トマトリゾット、グリーンリゾットとか、ダリ繭他のステーキで、Tボーンステーキとか、ダリ繭他のサンドウィッチで、チキンと野菜のサンドイッチもあるよと…

 絶叫城他のパスタで、スパゲッティミートソース、プチトマトのパスタ、トマトの冷製パスタ、きのこクリーミーパスタ、サーモンクリームパスタ、なすとピーマンのスパゲッティ、菜の花スパゲッティ、キャベツとアンチョビのパスタ、アサリのスパゲッティ、白身魚のトマトソースとオリーブパスタ、バジルチーズとサーモンのバスタ、ドライプチトマトのパスタとか、どよで…

 他には、准教授の好物、蟹キタコレで、マッシュポテトとカニクリームチーズのロールサラダとか、アリスの好物の、ハムでは、アーティチョークと生ハムのサラダ、アーティチョークとモッツィレラ、鳥の重ね焼きガーリックライスのせも忘れちゃいけないと(笑)

 レシピの詳細は本書をドゾですが、本書豆知識も満載で、例えばバジルペースト作りのとこでは、「金気に弱いバジルはすり鉢向き」とあったりして…そーだったのか?バジル?他には、バルサミコ酢、あれって「イタリア語で「かぐわしい」という意味」だったのか?

 他にもたくさんたくさん本当にたくさんレシピいぱーいですので、興味のある方は本書をドゾ。

 目次参照  目次 食物

|

« くりっくり? | トップページ | インテリジェンス、インフォメーション、インテレクチュアル? »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

食物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: おうちイタリアン?:

« くりっくり? | トップページ | インテリジェンス、インフォメーション、インテレクチュアル? »