« 光って候(笑) | トップページ | 旅をしつつ暮らす京都? »

2017年12月28日 (木)

美味しさいっぱい(笑)

dancyu 全部うまい店  プレジデント社

 表紙には、太鼓判の文字がデカデカと(笑)所謂一つのガイド本だと思われなんですが、食べ物屋さんがいぱーいってか(笑)

 いずこの店も皆それぞれに美味しそーなんですありますが、冬ですから、温まりたいで鍋じゃね?になって、年末年始のこの時期に鍋となれば、日本人ならすき焼きでしょーっ(笑)特にすき焼きが好きとゆー訳でもないんですが、冬休みの鍋って、どーしてもすき焼きだよなぁと思ってしまうとこは己が日本人だからだろか?もしかして、もー古い?

 お正月は、こたつにみかんに、お雑煮、おせちとすき焼きってのが我が家の定番だったんですが、世間ではどーなのだろぉ?うーん?

 まぁともかく、本書はガイド本なので、お鍋のお店も幾つか掲載されているんですが、いつもと同じすき焼きに飽きたとゆー御仁には、こちらがオススメなんだろか?で、馬肉料理専門店吉松亭(東京・大塚)、郷土料理熊吉(東京・代々木八幡)、山くじらもゝんじや(東京・両国)、万十屋(福岡)・田村)とかどよ?馬肉や猪肉やモツのすき焼き、インパクトあると思うんですけど?まっ桜鍋とも、牡丹鍋とも言うですけど、この醤油系の甘辛味で煮込むって、日本のDNAでしょかねぇ(笑)

 まっお肉も野菜もいっぺんにとれるし、あったまるし、やっぱ冬は鍋ですよ、奥さん(誰?)

 アリス的には、ダリ繭の寿司折で、鮨まつもと(京都・祇園)、末廣(京都・寺町二条)とか、雛人形他のラーメンで、中華そば(洛二神/大阪・天満とか)、朱色他の蕎麦で、芳香炉(晦庵 河道屋本店/京都・麩屋町)、盛りそば(ろあん鮎美/大阪・千代崎)、蕎麦屋じん六(京都・上賀茂)とかありまして…

 ラフレシア他のハムで、スペイン産生ハム(山利屋/東京・森下)、花巻白金豚"ジャンボンブラン"(ル ボワ/大阪・北浜)とか、201号室他のソーセージで、シャンパーニュ地方の名物ソーセージ(マルディグラ/東京・銀座)とかもあるあるで…

 暗号をの串カツで、串カツ(京極スタンド/京都・新京極)、串カツ(八重勝/大阪・新世界)とか、推理合戦の焼き鳥で、串焼き・つくね(伍味酉錦店/名古屋・錦)、モツ焼き(銀座ささもと/東京・銀座)、おまかせコース(パードランド/東京・銀座)、焼き鳥フルコース(伊勢廣銀座店/東京・銀座)、コース鳥焼(武ちゃん/東京・銀座)とかもあるんですよ、朝井さん(笑)

 偽りのポテサラで、ボテトサラダ(大甚本店/名古屋・広小路伏見)、ポテサラ(太郎屋/京都・四条新町)、ポテトサラダ(かすが/東京・銀座)とか、海奈良の焼肉で、ホルモン焼き(ホルモンやまちゃん/大阪・太融寺)、日替わりホルモン盛り合わせ(焼肉ホルモン中尾/大阪・福島)、油ミノ(カウ・ハウス/大阪・桜宮)、テール焼(焼肉まるよし/大阪・難波)、こくつら(炭火焼肉あぐら/大阪・堺筋本町)、りぼん(もつ ひぐち家/大阪・心斎橋)とかもキタコレで…

 異形のボタン鍋で、元祖ぼたん鍋(f畑かく/京都・鞍馬口)とか、蝶々の蟹で、コッペ蟹(割烹日吉野/京都・河原町三条)、カニクリームコロッケ(キッチン パンチ/東京・中目黒)とかも控えていると(笑)

 更に絶叫城他のパスタで、トマトのタリオリーニ(イル・リストランテ・ネッラ・ペルゴラ/東京・恵比須)とか、スウェーデン館のシチューで、ビーフシチュー(香味屋/東京・根岸)、ビーフスチュー(芳味亭/東京・人形町)、シチュー(銀之塔/東京・銀座)、タンシチュー(ぽん多 本家/東京・御徒町)、ビーフシチュー(洋食の店みしな/京都・二寧坂)とか、ダリ繭他のサンドウィッチで、極上和牛カツサンド(肉専科はふう本店/京都・御所南)、カツサンドウィッチ(グリル富久屋/京都・宮川町)とか、マレーのチキンライスで、チキンライス(グリル富久屋/京都・宮川町)とかあるじゃまいか(笑)

 ラフレシア他のカクテルで、タバーン シンプソン(京都・河原町御池)、京都サンボア(京都・寺町三条)、Bar K6(京都・木屋町二条)、アルファベット・アベニュー(京都・先斗町)、カモメ(大阪・福島)、日本料理&バー星宙(大阪・中乃島)、バー ブロッサム(大阪・曾根崎)、福田バー(大阪・高槻)もあるよと(笑)

 それとコーヒー中毒の准教授に捧ぐで、イノダコーヒ本店(京都・堺町三条)も来たぁーってか(笑)

 それに真打、二人のソウル・フードのカレーで、鯨カツ(カレー味の特製ソース)(よね津/東京・学芸大学)、スペシャルカツカレー(洋食とんかつフリッツ/東京・銀座)、カレー(小川軒カフェ/東京・新橋)、豚ヘレカツカレー(ぐりる樹林亭/大阪・大阪天満宮)、ビオライス(キッチン・ゴン/京都・西陣)、骨付きチキンのタンドーリ ダン ビリヤニ(インディアンロショイ シャヒ・ダワット/東京・神保町)、箕面ターリー(スパイス料理研究所c;ub-THALI/大阪・箕面)、印・グジャラート州の味(インド料理カジャナ/大阪・西中島)、ハイデラバティ・ビリヤニ(ナマステ心斎橋店/大阪・南船場)も忘れちゃいけないってか(笑)

 各店の詳細については本書をドゾ。主に大阪・京都メインにチョイスしたので、全国区でいぱーいあるんですよ、奥さん(誰?)

 綺羅星の如くお店が色々掲載されているので、正直迷うとこなんですが、いずこのお店も皆それぞれに美味しそーだし(笑)そんな中で、個人的に一軒選ぶとしたら、ル・マノアール・ダスティン(東京・銀座)かなぁ?仏料理店らすぃのですが、銀座で仏料理なんて珍しくも何ともないんですが、何が気になったかとゆーと、そのメニューにくじらのピカタなんてのがあるんですよ、奥さん(誰?)鯨と言えば欧米か(死語?)では、反対の大合唱している中で、仏料理で鯨を出す…その心意気におろろいた?その前におフランス料理で鯨料理ってあるんだろか?これもジビエの一種?実に気になるところです(笑)

 他にもたくさんたくさん本当にたくさん料理店いぱーいですので、興味のある方は本書をドゾ。

 目次参照  目次 食物

|

« 光って候(笑) | トップページ | 旅をしつつ暮らす京都? »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

食物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 美味しさいっぱい(笑):

« 光って候(笑) | トップページ | 旅をしつつ暮らす京都? »